FC2ブログ

万全の体調で行けそうだ

2回目のBCG膀注療法後の極端な頻尿、排尿開始時の痛み、その後の膀胱収縮による痛みは、まるで2年ほど前の全8回終了後をなぞるかのように出現した。

だが今回はやはりオペ自体が軽目だったせいか、思わず唸ってしまうようなキツいレベルではなく、仕事にも深刻な影響を及ぼすまでには至らず、その期間も2週間経過した昨日にはほぼ収まった。前回の副作用が5ヶ月余り続いたのとは雲泥の差である。

で、本日の外来で主治医のT先生も、前回のように短期間でやり切るよりも適宜インターバルを取りつつやれば良いとのコメントで、来月上旬の大学のクラブ関連のお泊まりイベント後まで空ける事になった。

これでほぼ無症状の快適な日々が続くのだと思うと、束の間の嬉しさがこみ上げて来る。

・・・・・・・

さて、その大学のクラブ関連のお泊まりイベントである。

昨年の2月、Facebookから約40年ぶりに再会した3名の先輩達。私が入部した時は4年生が男性1人、3年生が男女4名、2年生が男女7名ほどのこじんまりしたクラブだった。名前は「生化学研究部」、通称「生研」だった。ちなみに我々1年生が男女12名も入部したのは驚きだったろう。

名前からするとお堅い学術系クラブに見えるが、その実は飲んで歌って打つ娯楽系の雰囲気にあふれていた。それでも毎週2回行われた部内ゼミで先取り学習した生化学という学問に出会った事が、物理・数学が大嫌いで文化系を自認していた私を留年や卒延から救ってくれたのだから分からない。

そんな先輩のうち、当時の3年生の男性2名と2年生の男性1名と学生時代よろしくランチを食べて麻雀になだれ込んだのが昨年2月だった。

そして新潟県で薬局をしている当時たった一人の4年生の男性先輩(下宿によく泊めてもらった)と2泊3日でお泊まりするイベントが数年に一度行われていたらしく、今回私も参加を許されたという流れである。ただし私は3連休は難しいので、やむなく1泊2日コースで参加する。

全メンバーは既に還暦も過ぎて、とっくに人生の折り返し点を超えてしまったにも関わらず、会えばあの時にタイムマシーンのごとく瞬時にワープ出来るのはどの学生時代の同窓会も同じだ。

そのお楽しみのためにまずは持参予定のギターの選択。所有アコギの中からMartin D28Mは今のところ門外不出中なので除外、Fender CD-220CE ALL ZEBRANOかTaylor GSmini RWが有力だが、ポータビリティの面から後者のTaylorになるだろうな。

全体の汚れを落とし弦を張り替え、あの頃部室で聞いたLPレコードやギターを弾いたりして歌ったシンガーの楽譜(拓郎、かぐや姫、風は必須!)を詰め込んで、あの頃の空気を感じながら荷作りをする。

旅立つ前のこの辺りが実は一番ワクワクする時間でもある。

それにしても還暦過ぎたOYAJIが集まってドライブし、温泉に浸かり、酒飲んで麻雀(多分やるはず)、ギターで70年代の歌を歌うなんて機会は、ここまで時が流れて来るとなかなか難しいのではと思う。今回はそれだけ貴重な時間、思い切り楽しみたい。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger