FC2ブログ

反安倍の彼方

森友問題に続いて加計問題は、ついに国会終了後の閉会中審査にまでもつれ込んだ。これは他ならぬ、今月初旬に実施された都議会議員選挙における自民党の大敗に象徴される支持率の急降下によるものである。

・・・・・・・

実に2/3以上という、公明党を含む与党の圧倒的議席数を獲得した安倍政権は、野党の弱体も相俟って正に一強状態となり、安保法制可決に始まりこのまま改憲発議まで一直線に突き進む様相を呈していた。

そこへ降って湧いた森友問題を端緒に、強者の奢りとしか思えない務台「長靴業界儲かった」政務官、今村「東北で良かった」復興相、稲田「違法選挙応援」防衛相、山本「学芸員はがん」地方創生相など閣僚達の失言、そして加計問題。それらに対する安倍首相や菅官房長官の強気の上から目線対応などに対する国民の反発がその原因であったと言えよう。

もともと質の高い人材とは思えないような閣僚の面々ゆえ、遠からず安倍内閣の足を引っ張る事態を招く事は想像に難くなかったとは言え、まさかここまでワキが甘いとは思わなんだ。

特に稲田防衛相の都議選候補者への応援演説でのたまった「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としても(一票を)お願いしたい」のセリフは道義的にはもちろん、法的に見てアウトだ。自ら法律のスペシャリストである弁護士であり、言葉のスペシャリストである政治家とは思えないアフォさ加減である。しかも「誤解を招きかねない」と撤回したが、どこが誤解を招くというのか? 誤解の余地すらないド真ん中直球の発言ではないか。

・・・・・・・

さて、私から見た加計問題の本質はこうである。

獣医学部新設の悲願のため、構造改革特区の頃から手を挙げては門前払いされて来た申請自治体の愛媛県今治市と事業主体の加計学園。国家戦略特区になっても申請するのは言わずもがな。そんな歴史があるから計画内容はハナから他者よりも具体的で、自治体共々加計ありきで進むのは自然な成り行き。

その加計に対して、政府の開学時期を含めた特区の早期実施という命題の下に、行政側が事前相談を受けたり認可条件に対する不備を助言しながら認可に持って行くのも当然の推移。にわか仕立ての京産大が辞退したのも当然の結果と思われる。

そもそもアベノミクスの経済成長戦略の下の事案である限り、首相をはじめとする政府の意向が反映されるのは当たり前で、だからこそ、そこにさまざまな解釈が出来るような場面も生まれやすくなる。組織における人と人の間には「忖度」も生じるだろうし、長い友人関係の中で思わぬ「利害関係」が生じることもあり得る。それらをネガティブに受け取れば「疑惑」にも映る。

これら一連の疑惑に対して、さまざまな関係者が語っているが、彼らも人間である以上、記憶の曖昧さ、思い込み、恣意的な解釈などが言動や文書で飛び交うのも当然だろう。要は難癖をつけようと思えば、それなりのネタは出て来るだろうし解釈も可能だ。だが、「無い」の証明が不可能な限り、最後は水掛け論に行き着くしかない。

・・・・・・・

それでもここまで疑惑を犯罪として裏付ける決定的な証拠が出てこない以上、もはや明確にクロとは言えない。にも関わらず、野党や反安倍世論が安倍おろしに躍起になる背景には、支持率低下による政権不安定を通じて、安倍政権の目指す最大目的である憲法改正を阻止しようとの思惑が透けて見えるのである。

誰が言ったか「もり(森友)、かけ(加計)、(安倍)おろし」

蕎麦屋じゃあるまいし。






関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger