事実に相対する気持ち

オバマ大統領が伊勢志摩サミット終了後の今日、被爆地ヒロシマを訪れた。

先月のG7外相会合後のケリー国務長官に続き、原爆を使用した国の現職大統領として初の訪問であるだけではなく、2009年の就任直後にプラハで演説した核兵器廃絶宣言によってノーベル平和賞を受賞した彼の政治活動の締めくくりとしても、歴史的にも意味のある訪問だろう。

言うまでもないが、現在の大統領に当時の原爆投下に対する罪や責任があるわけでもない。だがその立場上、謝罪をする事は叶わない。それでもその所作や表情で哀悼の意を表する事は十分出来るし、それは本人も意識しているに違いない。大多数の被爆者もそこを望んでいるだろう。それぞれが抱く複雑な思いの先へ、前へ進むためには許すという事も大切な事だ、と。

岩国基地を経由して17時に広島入りしたオバマ大統領は平和公園へ。出迎えた安倍首相と平和記念資料館(原爆資料館)を見学し、被爆者らが出席している広場の慰霊碑に献花した。その厳粛な表情から、わずか10分前後の資料館見学でも原爆被害に対する自身の意識に少なからぬ変化を生じさせたと思われた。

そして注目されたスピーチが始まった。

「人類にはさまざまな地において争いと血の歴史がある。初めてヒロシマに落とされた原爆のキノコ雲の中に真理がある。それにより奪われた多くの人命と苦しみ続ける人々に思いを馳せ、記憶されるべきである。世界はヒロシマによって一変した。そしてこれからの人類の目覚めをヒロシマ、ナガサキが教えている」という、どちらか言えば観念的な言葉が述べられたのは、やや期待外れの感があった。やはり一国の大統領という立場ではここまでが限度だったのだろう。

現役大統領が被爆者の人達と固い握手をしたり抱擁したりして言葉を交わす光景を見て、唯一の核兵器使用国の大統領と唯一の核兵器被爆国の首相が世界初の被爆地に共に立つという機会が得られた事に意義があったのだと信じたい。

・・・・・・・

対して、連日カンカンガクガクの話題を提供している都知事の舛添要一氏。自著の書籍を始め、選挙期間や就任時にあれほど政治とカネについて厳しく言及していたにも関わらず、就任後にはまるでそれが悪い冗談でもあったかのような体たらくを晒したのだから、見事なブーメランとしか言いようがない。

事の発端は昨年10月のロンドン・パリ出張。取り巻き20名を引き連れた大名旅行は7日間で何と5000万円! 飛行機はファーストクラス、ホテルは超一流のスイートルーム。甘利大臣のUR入札に関わる口利き疑惑や育休取得で注目された宮崎議員やゲス川谷とベッキーの不倫騒動、ショーン川上氏経歴詐称などのスクープで今年に入って鼻息の荒い週刊文春が、これが余りに過剰ではないかと指摘した。

1回目の定例会見では、トップリーダーがビジネスホテルに泊まったらサマにならんでしょとのたまい、時差による疲労を残さないためフルフラットになるファーストクラスが必要だとか、相手国の要人との面会のためのスイートルームだとか終始上から目線の答弁をした。だが識者からは、ビジネスクラスでも十分寛げるし、相手国の要人が訪問者のホテルに来る事はなく、こちらから足を運ぶのが常識だと論破される始末。

これを発端として、彼の政治資金報告書の記載事項に対するマスコミの指摘が、よくもまあこんなにあるなと言うほど次から次へと出るわ出るわ、、、。

曰く、一年のほとんどの週末に公用車で湯河原の別荘通い。その際、別荘の湯船は広いから治療した足が伸ばせるだの、公用車は動く知事室で公務の電話もしているだの、公務地からの発着には公用車使用が認められるからルールには反しないと強弁するも、実は世田谷の自宅を経由していた事が後からバレた。

また、別荘近くの回転寿し店など数軒の食事代を政治活動したと公費扱い。雑貨屋で下着やパジャマを購入したのも公費扱い。店主のコメントに依らずともどう見たって家族の個人的な支出だろうに。これを世間では公私混同という。

正月の家族旅行で宿泊したホテル代数十万円をミーティングもしたという理由で公費扱いに。自身のブログには窓から見える景色の写真をこれ見よがしにアップしている。でもミーティング相手の事務所関係者の氏名はおろか人数さえも言わない。そもそも正月から地方のホテルでミーティングなんてやっちゃいないと疑われる始末。ホテルは木更津、下関、日光などに及び、いずれも盆や正月の時期の宿泊だった。

挙げられ出せばキリがない。世田谷の自宅の一部を自身の資金管理団体の事務所にし、何と相場の倍以上の月額44万円という高額家賃を徴収し続けている。これではまるで自分から自分への公金マネーロンダリングである。その団体の所有車を資産となる100万円にギリギリ届かない99万円で購入したと計上。数百万円に及ぶ政党交付金の移動もしかり。

ある時は、自身の似顔絵の書かれた饅頭を10万円分購入。もしもこれを有権者へ配っていたらリッパな公職選挙法違反となるが、それをどこへどう使ったのかは記憶にないらしい。さらに趣味という絵画などをネットオークションや古書店などで購入し、領収書に資料代と記載させて公費計上。その中には裸婦の油彩やキース・へリングの落書きのような手紙もあり、使用目的どころかその総数すら知れない。

これを江戸っ子は「セコい」と言い、ひとたび「セコい奴」と呼ばれたら回復不能とすらされる最低の男の代名詞である。ましてや朝まで生テレビで舌鋒鋭い批判を口にし、政治とカネの健全化を訴えて知事になった男のこの変貌ぶりには開いた口が塞がらない。彼の昔を知る連中も、ケチでカネには細かかったと異口同音に語っていた。

2度目の定例会見ではそれらを精査するの一点張り。そして迎えた3度目の定例会見でいよいよ説明責任や謝罪が果たされると思いきや、今度は第三者による厳しい目に委ねたいと、記者の質問に壊れたテープレコーダーのように数十回繰り返すだけ。大方、弁護士あたりを自分で雇って、最終的に法には反していなかったという報告をさせて幕引きを図ろうという魂胆だろうが、都民が怒っているのは法的問題なんかではなく、トップリーダーの倫理観や道義的責任なのだという事が彼には分かっていない。要は人間性を疑われているのであって、セコイ男のみっともない言動に情けない思いをさせられている都民の心情が、彼にはまるで見えていないのである。

今日の4度目の定例会見でも、第三者に委ねるとの発言と今後の議会の指示にも従うという発言があったが、記者からの個々の質問には答えないという姿勢は変えなかった。第三者があれもこれも細かい調査や判断ができるとも思えない。やはり自身の言葉ですべき説明から完全に逃げている。言葉が命の政治家のはずなのに。

あの時の都知事選で彼には票を投じなかった事だけをせめてもの自分への慰みにするよ、セコ添不要一さん。






関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ