いろいろ凹むけどね

この一週間は、まあいろいろあった。

何と言っても熊本を襲った大震災。熊本県益城町で14日21時に発生した内陸直下型の地震はマグニチュード6.5で震度7を記録した。その後も震度6規模の余震が相次ぎ、さらに余震のひとつと思われた16日1時には南阿蘇村でマグニチュード7.3、震度は再び7を記録した。最初の地震で耐えた建物も続けざまの揺れで崩壊、名城熊本城も見る影もない姿となってしまった。5年前に親戚の子供の結婚式で熊本を訪れた時に観た姿が最後になってしまった形となった。

南阿蘇村では東海大学寮のアパートが潰れて学生の死者も出た。阿蘇大橋の崩落では、たまたまそこを走っていた車もろとも行方不明となった人もいる。死者は40名を超え、避難者も10万人を数えるほどになった。直下型ゆえ東日本大震災の時のような津波こそないものの、すでに数百回も発生している大小の余震は極めて異例の事で、その恐怖から避難所暮らしもままならず車中泊をしている人の静脈血栓症からの肺血栓塞栓症による死者も出ている。さぞや無念の事だろう。ご冥福をお祈りしたい。

地震の発生という観点からは、確かに九州はそれほど俎上に上がっては来なかった。だが、益城町は地形学上は2つの断層の合わさる極めて危険な地域のひとつだったそうだ。だからと言って、この時期に大地震が発生するなんて予測は到底出来ないし、逆に日本に住んでいる限り大地震はいつでもどこにでも起こり得ると認識しておくべきだ。決して対岸の火事では済まされない、明日は我が身なのだ。

1995年の阪神淡路大震災から約10年後の2004年に新潟県中越地震、その7年後の2011年に東日本大震災が発生し、その5年後に今回の平成28年熊本地震が発生した。つまり、今の日本では5年~10年に一度は大型の地震に襲われる事を想定しておかなくてはならないと言えよう。ここは是非想像力を働かせて我が町我が身に大地震に襲われた場合をしっかりとシミュレートしておく事が重要だ。心身ともに覚悟を決めておく事も必要だろう。

・・・・・・・

相変わらず1時間に一度の頻尿とその排尿前後の痛みに加え、インターバルにも痛みに襲われ、それがその日になってみないと程度が分からないという日々が続いている。思えば最後のBCG療法からもう2ヶ月以上経過しているのに、その副作用は営々と続いている事に日々凹んでいる。

15日夜に前の会社の所属部署の解散一周年の顔合わせ宴会が新宿の居酒屋で開かれた。発起人兼幹事はグータラK。会社に残っている彼が幹事役になるのはまあ必然なのだが、それでも当時所属していたメンバーの半数以上にあたる28名が集まった。もちろん、部署トップでありながら最も早く転職して行った、まるでセウォール号の船長みたいなHセンター長殿も駆けつけて来た。

集まった28名中、現在も前社に在籍しているメンバーはたった10名だという事でもこの組織の被ったストーリーが窺い知れるというものだろう。

それにしても明日は恒例のキャンプだそうだが、主催者のHさんは一年経った今でも次の仕事に就いていないと言う。あくまで研修トレーナーに拘っているようだが、長いブランクは採用に関して決してプラスには働かないから心配である。

私は私で、この日までには余裕で副作用も終わっていると思っていたが、さにあらず。立ったり座ったりも辛く、何とか片尻座りをして痛みをやり過ごすのが精一杯だった。宴会好きのクセに二次会に行く気も起こらず、帰り際にM子に誘われてY子、もう一人のM子の4人でコムサのティールームに寄ったのがせいぜい。こんな身体にも凹みますわ。

・・・・・・・

仕事の方は、今はシーズン変わりの棚替え真っ最中。ビタミン剤の5段組のゴンドラ(陳列棚の一単位)にメーカーから取り寄せたボードや空箱などの販促資材を駆使してデコレートする作業を終えたのが一昨日。昨日からはシーズン毎に変わる3つのゴンドラを、それまでのマスク花粉症関連薬から水虫と虫刺され薬へと本部からの棚替え図を基に入れ替えるのだが、これがまたタイヘンなのだ。

それまで陳列してある商品を全て下げる。そのうち定番陳列棚で吸収出来ないものは余剰品となるが、今回は大量に送り込まれたマスクや目薬、点鼻薬、さらに鼻炎用薬などが折畳みコンテナ7個分になった。

それが終わると今度は事前に送り込まれた水虫薬や虫除け、虫刺され薬などを予め作成した棚札を並べて位置決めをする。それに従って商品をコンテナや段ボールから出しては置いていく。中には吊り下げ什器にセットされたものもあるからバラして置く。

最後にそれぞれの商品のPOPを切り抜いて差し込んでいっちょ上がり。意外に肉体労働だ。それを健常時ならいざ知らず、今の私は痛みと戦いながら行なうので動きがスローモーになり時間が掛かる。3つ全てが終わったのは今日の就業時間ちょっと過ぎの事だった。

さらに前社でも書いていたパフォーマンスシート、いわゆる自己評価シートの記入を店長から求められた。昨年10月から今年3月までの期間が対象なので正社員である私も書かなくてはならないのだそうだ。前社時代ならいざ知らず、今となっては社内の評価などは、後ろ指さえ指されなけりゃハッキリ言ってどーでも良い。この仕事に就いたメインテーマは社内でどうこうではなく、あくまで相談客のお役に立つ事と定めているから。

ただ、昨年の三度に渡る入院加療による薬剤師不在期間が売上げの前同割れに少なからぬ影響を与えてしまった事は痛感している。それでも店長と「こんなシートだけはいっちょまえの会社ですね」などと笑いながら、前社時代に培った作文力で仕上げておいた。こういう作文は時間を掛けずにこなせるから楽である。ま、今年は実績でリベンジだな。

・・・・・・・

つくづく、痛みに苛まれる事さえ無ければ充実した日々を過ごせているに違いないだろうこの身が恨めしい。時間が解決するはずが、今となってはその兆候すらおぼろげだ。だからと言ってこの痛みに慣れる事もない。断じて気のせいでもない。痛いものは痛い。慢性の苦痛によって精神的に異常を来す人の気持ちが分かる気もする。さりとてどんなに理不尽だろうが、納得出来なかろうが、それも含めてただ耐え忍ぶ日々しか私には無い。





関連記事

COMMENT

No title

>おたけんこさん
ホント、相変わらずには困ったモンです。いつになったら終わるのか。
もう少しマシになったらCB1のオフミにも出られると思います。
お互い頑張りましょう!

たまには

変わらず痛みと戦っておりますね。
私MRIを撮ったところ重度の椎間板ヘルニアで、ロキソニンを常備薬にリハビリに励んでいます。
たまには、息抜きにCB1に顔だして下さいね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ