また一つ山を越え

あっという間に10月が過ぎ去り、暦は早や11月。今年も後2ヶ月を残すのみとなり、ますます月日の経つ速さを感じている。季節ももう晩秋かとしんみりしていたら今日は雨。最高気温は13℃、何と12月の気温である。とは言ってもここは病院なので空調管理は万全、外の寒さを感じる事もなくベッドの上でウダウダ中。

TVでは先月末のハロウィーンの渋谷での巨大な群衆を何度も伝えている。ハロウィーンを仮装大会と捉え、その宗教的意味を飛び越えて祭り化してしまうところが日本人のアレンジDNAの顕われだな、などと観ていたが、よく考えたらこれは関連業界やマスコミによる喧伝の成果に他ならない事に気付いた。参加者は乗せられているに過ぎない。なのにTVのコメンテーター達は口を揃えてここ数年でなぜか盛り上がったなどとのたまう。お前らもリッパに片棒担いでいるじゃないか。

かつて自分の国を属国化しようとした中国に未だにへつらい、片や軍事同盟のアメリカへもいい顔をしたい韓国で、日中韓首脳会議が開かれた。時まさに、南シナ海の暗礁を勝手に埋め立てて領土化するという中国の暴挙にアメリカがイージス艦を航行させて牽制するという緊張状況の中で、いち早く同盟国アメリカに賛意を示した日本に比べ、どっちつかずという信じられない態度を取る韓国。日本に対しても市場と経済力をアテにしているのに、片方で慰安婦問題などで国民に反日を植え込む。こんな相手にいくら日韓首脳会議をやったところで、山積みの課題問題をキチンと解決出来るとも思えないけどね。

・・・・・・・

そして先程、先週火曜日の夜に装着した尿カテが抜去された。今回のカテーテルはかつてK病院で地獄を見た3ウェイの太いヤツ、あの時は抜去の苦痛に悶絶した忌まわしい思い出がある。外来に呼ばれ、T先生が何度か膀胱洗浄をして、いよいよ抜去の時を迎えた。バルーンの生食をシリンジで抜き、「じゃ、1、2、3」の掛け声と共にカテーテルが上方へ引っ張られた。ここで激痛が走るはずが、あにはからんやニュルニュルとした感触はあったものの、ほとんど痛みを感じる事なく抜けて行ったではないか!

ああ、やっぱり我が身はカテーテル慣れしてしまっていたのだった。こんなモンに慣れたくもないのだが。

この後は排尿状況などの経過観察をし、問題が無ければ明後日退院となるそうだ。一時は再発も含めて人生の限界線も垣間見たが、今回もどうにか一つ山を越えられそうである。でも、手術こそしていないがこの段階に至って初めて術後のカテーテル抜去時にプロセス上で合致した事になる。ものの本によれば、削られた術創部が粘膜まで再生するのは血尿や排尿痛などの症状解消も含めて7~8週間以上を要するという。私の場合は今日で術後4週間だから、自宅療養後も症状が続く事が予想される。

思えば、一昨年8月に受けた初TUR-Btの時は退院後の血尿と排尿痛に1ヶ月以上苦しめられた。再発による今年8月のTUR-Bt後もその症状を引きずって来たが、病理検査の結果によるセカンドTUR-Btを受けたのがおよそ8週間後、さらに今回の処置入院はそこから3週間しか経っていなかった。回復までに消化しなければならない時間はまだまだ残っている。

恐るべき尿閉の再発も含めて、ここはまだ慎重を期すべき時期であるのは間違いないが、いずれ時間さえ経過すれば元通りになる事を信じて一日一日を過ごして行く事にしよう。ああ、温泉までひとっ走りしたーい!






関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ