ある知らせ

10を超える関連部署で上市プロジェクトを組織して取り組んでいた、とある新製品があった。

私も学術研修サポートとして昨年のプロジェクト発足時から参画し、学術資材の作成や研修などを行なって来た。私自身、新製品の立ち上げに参画したのは抗糖尿病薬、抗血栓症薬に続いて3つ目で、事実上これが最後に担当する新製品だろうと思っていた。

今年になって組織再編による早期退職制度がいきなり実施された。そのために新発売を見届けることなく4月末の最終出社となったのは、私にとって後ろ髪を引かれる思いだった。こうなったら離れた場所から新発売を祝ってあげようと。

先月、その新製品の薬価収載があり、通常なら収載即発売のはずが、なぜか発売延期という知らせがあった。

こういう場合の予想される理由としては、初期在庫数量が不足したため発売に至れば欠品の恐れがある、あるいは何らかの不都合が見出されたため急遽修正の必要が生じた、などだろう。

とはいえ、ただでさえ競合品が一足先に発売されている状況下、一刻も早い上市が望まれているはずなのに一体何をやっているのかと忸怩たる思いでその知らせを聞いたのだった。

ところが今朝になって、この新製品が他社へ売却されるのではないかというショッキングな情報を耳にした!

現在のところ真偽のほどは定かではないが、発売を遅らせた理由としてそれならアリというところである。これまで少なくとも自社発売のために上市準備を進めて来たのだから、もしこの決定が為されたのだとすれば、それはごく最近の話だろうと思われる。

・・・・・・・

この新製品プロジェクトの中心メンバーはマーケ部門のG子とTの二人である。特にG子は若手女性プロジェクトリーダーとして、プレッシャーに苛まれつつも持ち前のポジティブ思考で積極的にプロジェクトを牽引していた。彼女にとって新製品はまさに我が子同然の愛着を持っていたに違いない(彼女は独身だが)。もちろんそれはTにしても私にしても、あるいはプロジェクトメンバー全員同じだったはずだ。

それがこういう事態になって、彼女はどんな気持ちでいるだろうか。また、発売からできるだけ速やかに採用に持って行こうと頑張っていた現場の営業部隊にとっても。組織再編とのダブルパンチでモチベーションの激減は避けられまい。

実は売却が取り沙汰されている相手は、偶然にも学術研修業務を募集している転職先として私がピックアップしていた企業の一つだった。

ところが、かなり早い時期にエージェントを通じて応募書類を出していたものの、相手都合で採用選考を2ヶ月、3ヶ月と一方的に延期されてしまった。最初は余裕で待っていたが、退職日も迫って来る中、もはやこの企業とは縁がなかったと見切りをつけ進路変更をしたという経緯があった。

もしも私がその会社へ行っていたら、この新製品をこともあろうに古巣から受け取るという事になっていたのである。G子を始めとした担当メンバーの気持ちを考えるとそれはあまりに切ないではないか。甘いと言われようがビジネスという言葉では到底割り切れない。

結果論とはいえ、そんな辛い巡り合わせを回避できただけでも私のヒキはまだ強かったと思いたい。

・・・・・・・

かつて担当した新製品の一つは製造承認直前で当局から無理難題を課せられ消えざるを得なかった。もう一つは製品の有用性に時代が追いつく速度が遅すぎて伸び悩んだという苦い経験があり、今度こそ大きな花を咲かせたいと思っていた。

多くの人の思いが詰まっているこの新製品、誤報であって欲しいと願うばかりである。



(追記)
その後の情報によれば、社内への通達および社外への通知文書も作成されているとの事で、これは事実だったと確認した。

仮にも力を入れると言っていた領域に関する新製品を発売前から他社へ導出(売却)するのは明らかに尋常ではない。

去年から上市成功のために準備して来た事も全て水泡に帰した。合掌




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ