スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤貝にリベンジ!

3月の下田温泉に続いて我が家の温泉浸かりたい病が再発したので、今回は先月のTV番組で温泉の巨匠の宿と紹介された西那須温泉「大鷹の湯」。無加水、無加温、循環なしの100%源泉掛け流し。さらにの美肌(お肌スベスベ)の湯と言われる炭酸水素塩泉なので、いやが上にも期待は膨らむ。

さて、最終目的地は決まったが、そこへたどり着く前にやっておかなければならない事がある。そう、去年の7月に東北復興支援の旅に出た際、楽しみにしていた閖上の日本一の赤貝を使った赤貝丼が禁漁期(7~8月)に入ったため食べられないという憂き目にあった。今年はそのリベンジを果たさなければならないのである!

世間の人々がゴールデンウイークで金も時間も使い果たした後を狙って、毎日が日曜日=ゴールデンマンスの私はカミさんの休みに合わせて日曜~月曜というスケジュールにした。これなら閖上への移動もさほど時間を要しないだろうし、帰りも平日なので楽だろう。閖上さいかい市場「浜や」へは座席と一日5食限定の赤貝丼を予約しておくという念の入れよう。万が一にも食べ損ねたらショックだモンね。

・・・・・・・

雨男なんかではない私を証明するかのような快晴の空の下、午前7時に出発。ルートは開通したばかりの常磐道ルートをチョイス。これなら仙台空港ICまで一直線である。予想通り、日曜の朝なのに車の量はそれほどでもない。例によってチンタラプリウスのパイロン(プリパイと命名)が目立つものの、さすが常磐道、他の高速よりは空いている。途中でトイレ休憩を挟みつつ快調なペースを維持してひたすら北上する。茨城県は日立市、高萩市、北茨城市を通過し、いよいよ福島県いわき市へ。ここから先が新規開通した部分である。

それまでは聞いた事もなくほとんど無名だったのに、大震災を境に全国的に有名になってしまった町の名前が案内板を通して次々と目に入って来る。広野町、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町。そして南相馬から亘理町へ。この高速ルートがなければなかなか行けなかった町。なのに名前だけは記憶に刻み込まれた町。

目に飛び込んでくる家々。中には建て直されていたり洗濯物が干されていたりと人が住んでいると思われる家もあるが、ほとんどは屋根瓦が崩れ落ち、雑草に覆い尽くされている廃屋に近い状態の家。いまだに居住制限されている地域もあったり、帰りたくても帰れない事情を抱えた家もあるに違いない。あれから4年以上も経ったというのにまだまだなんだな。

ふと道路の端に目をやると、そこには線量電光掲示板が。それがところどころに出現するのでその数字を追えば、ほぼ0.2~2mSV/hの範囲だったが、1ヶ所だけ5.4mSV/hを示していた場所もあった。これもまだまだである。

そういう現実に触れられただけでも常磐道ルートをチョイスした意味があったが、逆に困った面もあった。新たに開通した部分は片側一車線だったのだ。つまり、たった一台でもバスやトラック、チンタラ車がいるとそれがペースカーとなり、後ろに長い行列が出来てしまうのである。2~3km毎に追い越し区間の設定はあるものの、それが短か過ぎて先頭までは抜け切れない。おまけにイライラするのは皆同じなので、追い越し区間に来るとミニバンだろうがプリウスだろうが右車線に出て来るから始末に負えない。オマエらは出て来んなぁぁぁ! おかげで出口の仙台空港ICに着いた時にはすでに11時を回っていた。

・・・・・・・

さて、1年振りの名取市閖上。

なんとか予約時間までに滑り込み、念願の赤貝丼にご対面~! 丼一杯に敷き詰められたオレンジ色のニクいヤツ。その味は数年前に仙台の高級居酒屋で味わったあの味と同じだった。赤貝によくある特有のクセは全くなく、上品な磯の香りと共にほんのりとした甘みを感じる。うん、このためだけにバビューンして来る価値アリと断言出来るわ!

お店の人に去年赤貝にフラレた事や今年の意気込みなどを話し、わざわざ東京から駆けつけたと言うと大層喜んでくれた。これでリベンジ大成功である。

思いを果たしたらいよいよ東北道から源泉かけ流しへGOである。

・・・・・・

15時のチェックイン開始時間にジャスト・オン・タイムで到着。何せ今回も露天風呂付き客室をゲットしたので早く着けばそれだけ長く楽しめる。しかし、客室露天風呂は一度知ったらホント止められないわ。もっとも我々の室料への許容範囲はかなり低めだから、決して豪華な部屋ではないのだが。

さてさてその露天風呂やいかに。

TV番組では宿の全浴槽を毎日洗浄し、源泉温度(約60℃)から適度な温度へ冷ましつつ供給されているという。だから衛生面や品質に問題はない。さっそく入ってみると、お湯の温度は私好みの40℃あたりではないか! 江戸っ子は熱湯好きと言うが、たぶんそれはウソで単なるヤセ我慢だろう。江戸っ子の私が言うのだから間違いない。ましてやこの温度なら自分のペースでゆっくり浸かっていられるので前立腺炎の温熱療法にも好都合なのである。一人占めの部屋風呂は誰に気を遣う事もなく。

そしてそのお湯の肌触りたるや、これまた絶品なのである! 炭酸水素塩泉類は美肌の湯と言われるが、その名に偽りなし! とろみを感じるそのお湯はたちまち肌に吸い付いてスベスベにして来る。これほど印象に残るお湯も久々だわ。今までに行った美肌の湯と言われる温泉の中では、義弟夫婦がいる鹿児島の日当山温泉、昨年の東北ドライブで訪れた宮城の松島温泉と並ぶ大絶賛の湯質と言える。これからは鹿児島や松島まで遠出しなくてもこんな近場で入れると思うと嬉しくなって来る。さすが温泉の巨匠の宿!

・・・・・・・

大満足の食と温泉、これだけで言うことなしの780km余りのドライブだった。最近は前立腺炎のケアのために毎日往復5kmのウォーキングを日課としているので車を運転する機会も減っていた。そうは言っても来月は5年目の車検も控えていて、何だかんだで4万kmを優に超えたため、いよいよタイヤを始めとしてブレーキパッドやバッテリーなどの交換も必要になって来る。さてどうやって乗り切るとしようか。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。