FC2ブログ

最終出社、そしてGM!

いよいよ迎えた最終出社日。

別に遠足の日の子供というワケじゃないけど、いつもより早く目覚めた朝。たまたま休みだったカミさんが「長い間お疲れ様でした。いってらっしゃいませ」と三つ指ついて送り出すなんてのはドラマの世界だけ。現実の世界ではしっかり寝こいてる。ま、そんな扱いは慣れてるから、そそくさと準備を終えて家を出たのだった。

・・・・・・・

で、会社のビルやら玄関などをスマホカメラに収め、デスクのPCや思い出深いアイテムなども撮った後、SNS用にフォトフレームに並べてみた。そうこうしているうちにPCが立ち上がり、いつものようにメールチェックをしたら、何とそこには数十通ものレスメールが! そう、昨日送信した退職ご挨拶メールに全国からこれほどのレスが寄せられていたのだった。驚いたのなんの!

そこには、「とても分かりやすい研修でした」「あなたの研修が楽しみでした」「現場に即した話が役に立ちました」などなど、嬉しい言葉の数々が寄せられていた。その一つ一つのメールに返信しながらしみじみ思った。ああ、私の仕事は受講者の役に立っていたんだな、そういう言葉に励まされ支えられてこそ、どうにかここまで歩いて来られたんだなと。ただただ感謝あるのみ。

その後、現場から新たに研修メンバーになった旧知のMを始め、かつて同じ部署で一緒に仕事をしていたSや新製品のマーケ部門のG子やTがわざわざ挨拶に来てくれた。新組織スタートでバタバタしている他部署の人達には、敢えてこちらから挨拶に行くのを遠慮したのだが、こういう事はとても嬉しいモンである。最後に担当した新製品の発売に立ち会えなかったのは残念至極だけど。

・・・・・・・

今回の退職者の人数は多かったので、いつものようにフロアでの挨拶セレモニーは出来なかった。なぜなら退職者と異動者の人数の方が残った人数よりも多いから、景色としてかなりの違和感が漂う事になってしまうのだ。また、なぜかこの日が新組織スタートの日にもなってしまっていたため、午後からはそれぞれの新組織でミーティングが招集されていて時間的余裕も無いからである。どこまでもチグハグな会社だよな。

さてランチタイム。いつもの早飯メンバーとの最後の晩餐ならぬ最後のランチは、あれこれ悩んだ挙句、一番のお気に入りだった会社前にある満腹イタリアンに決めた。そこにグータラK、H親方、金メダルA子、賑やかしのN子、そして来月で退職の決まっているY子の6人が集合した。するとしばらくして今回のリストラ、もとい組織再編の首謀者である人事部のY子女史が入店して来たから思わず叫んでやった。「世も末だわっ!」

午後は、我々退職者宛てにbccで届いていた変テコな招集メールのセッションがあった。そのセッション名が問題で、よりにもよって「新組織Day1営業会議」と来たモンだ。おいおい、辞めていく人間に今さら営業会議ってナンだよ? 実は退職者に対する組織トップの面々からのメッセージという趣旨だったらしいのだが、いかんせん表題があらぬ誤解を生んで出席を敬遠される始末。実際、40数名の対象者のうち参加したのはわずか3名、予定時間30分のところが実質10分足らずで終わったそうな。それならそうと、最初からちゃんと明示すりゃいいものを、これじゃ意味不明な上にデリカシーもないわな。

ま、こんな会社だったんだよな。

・・・・・・・

やがて本物の新組織ミーティングの時間になり、該当者が三々五々フロアを去って行く。退職者も午前中の早い時間帯から帰って行った者もいて、それでなくても歯抜けのような寂しさのフロアがますます閑散として来た。

会社貸与のノートPC、iPad、iPhoneを返却するにも面倒なWeb手続きをさせられ、ヤレヤレこれで帰れるかと思いきや、一番肝心の退職金の受取方法など退職関係の書類一式がまだ手元に届いていない事に気が付いた。あわてて訊いてみたところ、メール便で自宅に送られる寸前のパックごと渡されたのだった。今日最終出社の人間に重要な書類を事前に渡せない会社って何なのよ!

午後3時過ぎ、いよいよ帰ろうかと数人で連れ立ってフロアを出た。その時送り出してくれたのは昔の会社が一緒だったY子や最後のマネジャーとなったK達だった。来月退職するY子からはひまわりの花束を頂いた。昨日一足先に赴任地へ趣いたYやOなどは大勢の賑やかな拍手の中で送られて行ったから、よっぽど目立ってたよな。

・・・・・・・

これで24年に渡るこの会社の日々が終わった。うん、本当に終わったのだ。

You're King of Kings! 
帰れるんだ~、これでただの男に~、帰れるんだ、これで、帰れるんだ~! 
ライラ・ライラ・ライラ・ライ、ライラ・ライラ・ライラ・ライ、ライラ・ライラ・ライラ・ライララ~イ!

で、待っているのはゴールデンウイーク(GW)なんかではな~い! 毎日が日曜日のゴールデンマンス(GM)なのであ~る!

まずはオーバーホールを兼ねてじっくりとスローダウンする、これまで買いためた雑誌や本を読破する、名画DVDも全部観る、閖上の赤貝に去年のリベンジをしに行く、ついでに福島の温泉ドライブに行く、次の仕事のためにOTC製品の知識を習得する、カウンセリングスキルを学ぶ、立ち仕事の覚悟を決める、とやるべき事も目白押し。そうそう、愚息の結婚式も控えていたんだっけ。





関連記事

COMMENT

セツナイ

ヨモスエですね本当に。人もクスリも切り売りするんですね。そして人もクスリも買い手がいないんですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger