FC2ブログ

往く道さまざま

本日は、我々の部署トップのHさん(キャンプ幹事のHさんではない)の最終出社日。今回の組織再編で解体同然となったこの学術研修部門、気が付けば24名の管理職のうち15名が去る事になった。その先陣を切って最も早く去って行くのがHさんで、さっそく明日から次の会社へ赴くそうである。そこは社員が150名というから、今の20分の一の規模の会社となるそうだ。でも彼は英語が堪能だから、オーファン領域の外資系製薬会社でも苦にはならないだろう。

彼とは今から10数年前、名古屋勤務時代に訪れた二度目の合併時に一瞬だけ上司部下の関係になってからのつきあいだ。すぐに彼の本社異動があり、彼と私の環境や仕事に対する指向性は異なってはいたものの、私の本社異動以来10年以上同じ学術研修部門で過ごして来たから、上司と言うよりもむしろ同僚に近い存在だった。

このご時世において50代後半にもなる人間が転職できただけでもラッキーなのだろうが、敢えてこの部署を沈みゆく一隻の船に例えるとすれば、彼はその船長である。それが真っ先に去るというのもナンだかなぁ、と思わずツイートしてしまったけど。

・・・・・・・

さて夕刻、フロアでHさんのメッセージを聞いて花束贈呈。集合写真を撮り、これで一つの歴史にピリオドが打たれたと思いきや、別の部署から駆けつけたかつての部下でもあったK子(例のグータラKではない)が私のところへやって来て、「実は私も辞めるんです」と囁くではないか!

彼女はこの部署から新たなプロジェクトのために本社内異動をし、それを見事に立ち上げマネジャーとなった優秀な人材。そんな彼女の所によそからマネジャーを持って来たから別の部署へ行けと言わんばかりの内示では、モチベーションは消滅し気力も萎えるのも無理はない。幸い、転職先も決まったようで何よりではあるけれど、ここでもまた遺恨を残しつつ優秀な人材が流出してしまった形だ。つくづくウチの会社は愚かと言わざるを得ない。

余談だが、彼女にどこの会社へ行くのかを尋ねたら、何とそこは私が同じ職種で応募していた会社だった。もっとも私の場合は、少々怪しげな外資系エージェントに委託していたので、本当に応募されたのか、あるいは応募はされたがまたも年齢がネックとなり書類選考で漏れたのかはウンともスンとも言って来ないので分からない。でも彼女だったらプロフェッショナルな研修スキルも身に付けているし、何より私より一回りも若いのだから適任に違いない。ぜひ頑張って欲しい。

・・・・・・・

それにしても、どうやら私には現職と同じ職種では縁が生まれなかったようである。これも天啓だろうか。ま、いずれにせよここらでぼちぼち薬剤師免許そのものを活かす道へ舵を切って行こうかと思い始めている。実際に今日もその方向でエージェントを増やしてみた。

正直、今までのようにヒッチャキになって企業の中で立ち回る必要もないのかなとも思っている。収入は二の次として、今度は地域に根ざしつつエンドユーザーとゆったり関わってお役に立って行くのも悪くないかなと。

そう、あの寅さんのように「よう、おばちゃん、今日はどうした? どっか調子でも悪いのかい?」てな毎日を。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger