ああ春なのに・・・

東京の桜も開花し、世の中がパッと桜色の春に染まりつつある。本当なら気分も華やいで嬉し楽しの毎日になるところだが、今年ばかりはそうもいかない。

結局、私の部署の20数名の管理職のうち、これまで新組織でのポジションを得られた者はわずか数名に留まり、ほとんどは早期退職を申請したという。未だ保留の者も申請の締め切りが今月末なので決断を迫られている状況だ。私のように定年までの残り期間が少ない者はまだ良いのかもしれないが、10年以上残している者にとってはいくら割増退職金をもらってもペイしないだろうし、50歳台ともなると転職さえ容易ではない。

来月にはこれが一般職にまで拡大されるようだが、すでに業界各社でも同じようなリストラをしているため、巷には人材が溢れ大幅な買い手市場となっているので、そうそう簡単に手を挙げるというワケにもいかないだろう。果たして会社の描いた絵の通りに推移するかは予断を許さない状況である。

・・・・・・・

それはともかくとして。

すでに意思表示を済ませて承認も降りている私なのだが、いささか困った状況にある。実は先週から持病とも言うべき前立腺炎が再発し、排尿痛を伴う頻尿と立っても座っても痛む排尿筋痛に悩まされ、抗菌薬と鎮痛薬を飲みながらほとんど自宅療養を強いられているのである。幸か不幸か、早めに消化しないといけないと思っていた5日間の四季休暇はおかげでさっさと使い切れたけど。

それでも症状が治まると喜び出社してみるのだが、仕事中に再び症状が出て来て、やがてそれが耐えられなくなって退社を余儀なくされる。折しも最後の担当となった新製品が昨日承認され、営業部隊の活動も全国でスタートしているというのに。それなのに今朝になって、またも排尿筋痛に苛まれ、ほうほうの体でようやく主治医の元へ辿り着いたのだが、その行動自体がいけなかったのか、尿検査で赤血球、白血球が出まくりとなってしまった。

あれこれ主治医に症状を訴え、自分で考えられる治療薬の提案を試みたものの、結局別の抗菌薬の処方を受け、今日も自宅療養を指示された。こんな事では製品担当者であるにも関わらず、現場からの質疑応答もできない。同僚にも大迷惑な戦力外人間となってしまった。ホント、申し訳ございません。この通り、アタマと上半身は至って健康なんですが。

私は1年7ヶ月前に膀胱腫瘍の切除手術を受けている。主治医からも、定期的な膀胱内視鏡検査を受けたほうが良いと言われているものの、あの時の尿カテ地獄のトラウマからアソコにモノを入れる事をどうしても避けてしまうのだ。それでも昨年11月、非侵襲的検査である膀胱のMRIとエコー検査だけは受けて、特に異常が認められないと聞いて安心していた。

今回の前立腺炎再発は昨年12月下旬以来だが、前回はそれほど長引かなかったのに、今回は1週間以上続いている。ここを主治医に指摘され、症状寛解後の膀胱内視鏡検査を勧められている。最悪、膀胱腫瘍の再発も覚悟しなくてはならないかもしれない。

・・・・・・・

少々物騒な話のような展開になって来たが、このブログを始めた理由の一つが日記兼用の記録書だった。元々そういう側面を持っているので、私自身に関する重要な出来事は敢えて記録しておく必要がある。

幸い、今のところ応募した企業各社から面接の打診はない。すでに年齢や年収の面から書類選考で落とされた先はあったが、いずれも現職と同様な学術研修職に絞って応募しているので、天命がなければ縁も生じないだろうと比較的ノンビリ構えている。

同僚達、特に薬剤師免許を持っている連中が、失業保険を貰いながらしばらくゆっくりしてから探そうかなどと言っているのを聞くと 、私だけが現役年齢に拘ってあくせくするのもナンだかなぁという感じがしている。彼ら同様、しばらく経ってから薬局勤務でも探せばいいのかもしれないな、と。

今後の病状推移と検査結果によっては、文字通り腰を据えて掛からなくてはならなくなるかもしれない。このまま転職先が決まらなければ、5月から最終在籍日となる6月末までの2ヶ月間は有給休暇の消化で過ごすので、その期間をじっくり治療に充てればいい。6月上旬に予定されている息子の結婚式にも支障は出ないだろう。

問題は4月! こんな状態になるとは思わずに部署の解散パーティー、恒例のキャンプ、研修ツアーでお世話になったお店への行脚などなど、自ら企画したお楽しみテンコ盛りなのだ。だからこの期間だけは何とか症状を抑え続けておきたいと切に願っている。これが誰かの呪いや祟りでないのなら、あとは例によって私自身のヒキの強さの勝負だ。

だから今はひたすら臥薪嘗胆の日々、鮮やかな復活を期すことにしよう。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-