スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソチはどっちだ?

いよいよブログが月イチ更新ペースになって来た。やっぱりTwitterやSNSでリアルタイムに呟けるのは便利で、特に画像抜きの文章勝負みたいなこのブログは、ある程度時間のゆとりが必要なのでチトキビしい。もはやブログ自体が過去のものになりつつあるのかもしれないが。

とは言っても、このブログを始めたキッカケがいろいろなテーマの意見交換と日誌としての記録だったので、更新頻度が減って来た事については懸念はあるものの、まあ、そんな時期もあるよね的に捉えている。もちろん止める気などさらさらない。

・・・・・・・

今年の全国研修ツアーはいつもの3月からではなく、今月の最終週からスタートする。今回は定例の研修コンテンツに加え、他領域とのコラボ製品研修や新しい営業スキルを展開して行くという背景があり、手間と時間により多くを要した。そして先週あたりからMKT部門も交えての予演会が始まり、最終合意を基にして今週はラストスパートに突入するのである。

受講者へ分かりやすいコンテンツの作成はもちろんの事、それを研修の場で伝えられるプレゼンテーションスキルと受講者が行動に移そうと思えるモチベーションを湧かせるためのファシリテーションスキルが研修トレーナーには要求される。そのために発揮すべき能力を「トレーナー・コンピテンシー」として昨年まとめ上げ、今年はそれを完全に定着させるつもりだ。

機会あるたびに言っているが、研修トレーナーは職人同様、突き詰めれば個人技の世界である。職人の世界とは、黙っていても親方やベテランが手取り足取り教えてくれるなんて事はない。自ら気付き、自ら学び、自ら盗み取らなければ置いて行かれるだけである。そこをどこまで認識出来ているか? 要はこの仕事をどれだけ好きになり真摯に向き合って行くかの勝負だと思っている。だからゴールなんてないも同然、一生精進あるのみ。

・・・・・・・

今月8日に東京で20cm超えの積雪が記録され、おかげで翌日に予定されていた親父の三回忌は参加不能者が続出し、お坊さんを呼ぶ墓前での読経も中止。我が家も電車とタクシーでやっとこさ松戸の食事会場へ直行した。親父らしい記憶に残る法事となった。

やれやれと思いきや、わずか一週間後の一昨日も今世紀最高という積雪に見舞われた。関東近県、山梨あたりでは胸まで達する積雪で孤立した地域もあり、雪害と呼ばれる状態になっているという。我が家周辺も先週よりも明らかに多い30cm近い積雪となった。もはや自然の帳尻合わせという段階を超えた異常気象と言うべきだろう。

スタッドレスのないウチは雪の日は車を出さない主義。なのでこのところの休日は引きこもりが続いている。

・・・・・・・

ソチオリンピックが始まった。

期待とは裏腹に日本選手陣はメダル取得に苦戦を強いられている。努力精進しているのは日本選手だけではないから厳しい闘いは必至である。オリンピックの大舞台というプレッシャーもハンパではないだろうし、その中で実力を出し切るのは並大抵のメンタルマネジメントではあるまい。

そんな中、スノボ・ハーフパイプで日本人初のメダルを獲得した銀メダリスト平野歩夢選手は何と15歳!

銅メダリストの平岡卓選手も18歳である。2人のインタビューを観たらプレッシャーなんてほとんど意に介さない飄々としたキャラが印象的だった。前回のバンクーバー五輪で服装や言葉遣いで批判を浴びた国母選手がアメリカで彼らをいろいろとサポートし、テクニカルアドバイザーをしていたという話も聞き、あの国母選手の意外なキャラにも感心した。

フィギュア初の金メダルをゲットしたのは羽生結弦選手、これまた弱冠19歳!

フィギュア団体にも出場し、個人ショートプログラムでは完璧な演技でトップ。だが2位のパトリック・チャン選手との差はわずか。この19歳にもプレッシャーの重圧がのしかかる。フリーではあり得ない転倒をするなど危ない場面があったものの、チャン選手もプレッシャーの餌食となり演技にミス。深夜にも関わらずついつい最後まで見入ってしまった熱戦だった。

反対に、金メダル確実と言われた女子ジャンプの高梨沙羅選手が4位と沈んだのは、追い風という不利な条件を除いてもプレッシャーの重さが表れた結果と言うべきだっただろう。だが彼女は若い、次もその次もある。今回は試し斬りオリンピックでいいじゃないか。17歳に「期待に応えられず申し訳ない」なんて言葉を言わせてはいけないだろが!

その無念をOYAJI世代のレジェンド葛西紀明選手が見事に晴らした!

41歳の超人がラージヒル個人でついに銀メダルに輝いたのである! リレハンメル五輪のリベンジとなるはずだった長野五輪では団体メンバーから外れ、その後のルール改定にも悩まされ、それでも諦めずに努力精進した末の偉業である。しかもそのコメントがまた凄い。

「金メダルを取って、本当にレジェンドと呼ばれたいと思っていたんですけど、まだまだ、目標が出来たので。その金メダルという目標に向かってまた頑張りたいと思います!」

年齢から見てもこの銀メダルで引退してもちっともおかしくないのにこのコメント! 我々OYAJI世代は全面的に応援するからな〜! もはや41歳でも45歳でも変わらんわ、やれやれ〜!

競技はまだ続く。フィギュア女子の浅田真央選手も控えている。彼女はこの五輪で引退表明をしているようだが、団体で見事な演技をしたロシアの15歳の新星ユリア・リプニツカヤ選手にかつての自分自身を見ただろう。また、現役復帰したキム・ヨナ選手にはバンクーバー五輪のリベンジを期しているに違いない。この大舞台のFINAL・DIVAで鮮やかに燃え上がって欲しい。

あ、それと、残念ながらメダルには届きそうもない女子カーリングだが、対戦相手のスキップが美女揃いというのを記録しておこう。中でもロシアチームの美女率が高く、スキップのアンナ・シドロワ選手はダントツだ。イギリスチームのスキップ、イブ・ミュアヘッド選手も光っていた。

美女アスリートは逢えていないだけで、まだまだいるはず。天は二物を与えずは真っ赤なウソだ。





関連記事

COMMENT

Re: No title

> ゆづるちゃんは 19歳ですぉ〜
あらら、訂正します。
でも羽生選手は中性的な感じなのは確かですね。女性から見たらイケてるのかも。我々男性からは何とも不思議な印象です。

No title

ゆづるちゃんは 19歳ですぉ〜
他の男子フィギュアの選手は、個人的になぁんか気持ち悪い感じがするんだが(ごめんなさいごめんなさい ^^;)ゆづるちゃんは中性的っちうか草食男子的で可愛くって大好きだわ〜〜( ̄▽ ̄)

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。