病理診断が下ったぞ

偶然にも終戦記念日の15日に退院して半月が過ぎたというのに、肉眼的な血尿は収まったものの、排尿終盤から直後にかけての痛みとの闘いは続いている。相変わらずトイレがイヤだの毎日なのである。

一方で、来月3日からスタートする9月度全国研修ツアーのコンテンツ作成&予演会も大詰めを迎えてなお議論沸騰、侃々諤々の毎日。それでもここに至ってようやく神が降りて来たようで、瀬戸際の魔術師よろしく何とか良い方向にまとまって来た。

というワケで、文字通り公私に渡ってドタバタしているのだが、今日はいよいよオペで切除した膀胱組織の病理診断の判明する日という事で、K病院を受診した。並行して胸部粉瘤切除後のフォローで形成外科を受診しているが、この診療科の外来患者数は少ないので、ほぼ予約時間通りに完了した。

ところが泌尿器科は違う。土曜日という事もあるのだろうが、外来待機席に溢れんばかりの患者がいて、結局私の予約時間から1時間半近く遅れてようやく診察室に呼ばれたのだった。

・・・・・・・

最悪も含めた悪い結果が知らされた場合の受け答えのシミュレーションも済ませ、いよいよ結果発表の時は来た。

担当医から日本語と英語で記された病理診断結果を示され、それを見ると「低異型度」の文字と「非浸潤性」という文字が見て取れた。要するに悪性度の低い腫瘍だったという診断。まずは一安心。

だがこのケースであっても30%程度は再発を見るという。そのチェックのため、今は想像すらしたくもない膀胱内視鏡検査を3ヶ月に一度程度は続ける必要があるとのこと。同時に、この日までペンディングにしていた再発予防のための低用量抗がん剤の服用はせず、肝機能の回復を優先する事をこの診断結果を受けて決定した次第。

ま、これでひとまず膀胱がんによる余命宣告は回避された。少なくともいずれ訪れるであろう自分の死因の選択肢が広がったというワケである。

・・・・・・・

夏休みで帰って来た二男が、今週から本格的に自動車教習所(MTコース)に通い始めた。我が家には過去、免許取得の意欲の低かった長男が、教習所を卒業しながらも試験場の○×テストで勝手にリタイアし、その後、結局自費で一から教習所に通って取り直したという苦い歴史がある。

今度は大丈夫だなんていう保証はどこにもない。なんせ彼の免許取得の目的は身分証明書だとのたまったくらいだから。今の若者にとって車の運転なんて所詮その程度のモンなのかね。


関連記事

COMMENT

No title

「いずれ訪れるであろう自分の死因の選択肢が広がった」。。。よかった!! よかったぁ!!!⌒o⌒

ってか、、なかなか おもろい表現ですね(不謹慎ですが ^^;)
何かあったら使わせてもらいます 8-p


しっかし、変に知識がある患者だと、医者もやりにくいだろな〜。と ずっと思ってた ^o^

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-