スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一難去って・・・

K病院で行われた胸部粉瘤除去手術の経過は順調だ。あれほど圧迫痛を感じていたケロイド状の患部は、5cmくらいの縫合跡を残してきれいに無くなった。術後の痛みを感じる事もなく、先週土曜日に抜糸して今週土曜日に最終確認のための外来受診を経てフィナーレを迎える。

さあ、次は前立腺炎に終止符を打つ番だ。そういえば植物製剤のCにα1ブロッカーのFを加えて飲み始めたのがひと月前からだった。そのおかげか、あれほど悩まされていた股間のツーンという痛みが失せ、頻尿や排尿痛も姿を消し、今や非常に快適な毎日となっていた。やっぱオレ名医?

もっとも、治療には長いスパンが必要な前立腺炎だけに、治療開始から2ヶ月以上も経過したあたりで、そろそろ寛解期に入ったというだけかもしれない。ちょうど薬も飲み終えたので、昨日、処方箋を貰うために1ヶ月ぶりにKクリニックを受診した。

このところの快調さを告げ、あとは処方箋を書いてもらうばかりと思っていたら、先生から意外なコメントが告げられた。

「そういえば前回の尿細胞疹の結果が来ましてね。それによるとちょっとヘンな細胞があるみたいです」

「前立腺炎のせいで尿に血液が混じっているくらいですから、少しはイレギュラーな細胞もあるでしょうね」

そう答えた私だったが、瞬間的に一抹の不安も抱いていた。

「これは膀胱内視鏡検査で中を視てみる必要があるかな?」

泌尿器科の内視鏡検査や手術って、内視鏡をどこから挿入するか? そう、答えは一つしかない。男性なら想像だにしたくない場所から入れられるのである! 胃カメラすら飲んだ事のない私には、アソコからモノを入れる検査なんて到底受け入れられるはずがない!

「大丈夫ですよ。痛みもないし5分くらいで済みますから」

ウジウジしている私に、先生から悪魔の判決が下される。

「別の日というのもナンだし・・・ よし! 今やっちゃいましょう!」

下半身スッポンポンで外来の診察台に寝かされる。それも産婦人科の内診をするような格好で。今さら恥ずかしさなんてモノはないものの、これから始まる処置を考えると自然と身体が強張って来る。何せアソコにナニを入れられるのだから!

麻酔を塗られて痛みこそ感じないが、内視鏡が入ってくるおぞましい感触は伝わって来る。続いて膀胱を膨らませるために生理食塩水が注入。カーテンで仕切られてその場面は見えないが、想像は簡単につく。

内視鏡で一通り覗き終わったのだろう、今度は注入した生理食塩水が排水される。力を入れていないのに勝手に排尿していく感覚がまたヤバい。先生の言った通り、5分程度で検査は終了した。

その後、再び外来診療室。先生はおもむろに言った。

「膀胱の中に腫瘍が見つかりました」

「がんですか?」

「視たところ早期で悪性度も高くないようですから、病院で内視鏡手術をすれば除去できます」

という事で、家からも近く駐車場も広いので通院に便利なK病院への紹介状を書いてもらった。またもK病院、形成外科から今度は泌尿器科のおかかり患者さま一丁上がり~!

後で分かったが、この膀胱内視鏡検査、膀胱内に結構空気が入るようだ。麻酔が切れるあたりから頻繁に尿意が襲い、あわててトイレに駆け込む。まともに尿が出ているうちはいいが、やがて先っちょから「プッ、プッ」と空気が漏れて来るのだ。その違和感ったらない。血尿こそ出ないが、排尿痛も感じる。まるであの前立腺炎をぶり返したかのように。

CMで、男性は8の倍数の年齢で身体に変調を来たすと言ってるけど、それに近い年齢の私は今まさに変調のド真ん中にいるみたいである。CMの通りに養命酒を飲んでなかったのがいけなかったのかな?

ともあれ、一難去ってまた一難、なかなか憂いの数は減ってはくれないようだ。





関連記事

COMMENT

No title

腫瘍自体は多分大事には至らないとは思いますが、待ち受ける検査&手術の内視鏡挿入だけが苦痛です。先日の検査の後遺症でしょうか、まだ疼いてますから。

No title

歳には勝てないようで…私も、たまたま撮ったMRIで、腫瘍が3個見つかり、ガンセンターに紹介状書かれて、覚悟決めて受診!神経に出来る良性の腫瘍らしく…経過観察中(・・;)
しかし、体は、いたって元気なのに…
解らないものですね!

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。