気温差30℃!

今月5日から今年初の全国研修ツアーが始まった。いつものように準備期間は極めてタイトで、前日まで予演会でカンカンガクガクの調整が続けられたのだった。

今回の私の担当会場だが、第1週は両国を皮切りに水道橋、立川、上野とたまたま全て都内の会場だったので研修ツアーという感じがしない。宿泊の必要がないとはいえ、プレゼンに使うPCと演習に使うiPadにそれぞれの周辺機器などを詰めた、本来なら1泊用の大きなショルダーバッグを抱えて通勤ラッシュ時間の都内を毎朝移動するのは、それはそれで地方出張の前泊移動よりもしんどい部分がある。

ともあれ、今回は数ある担当製品のうち3製品に絞り込んで実施するので、受講者にとっても研修に集中しやすいプログラムだろうと思う。

その研修ツアーも2週目に入った今週、いよいよ地方出張がやって来た。日曜移動で向かったのは札幌。実はこの日、東京では観測史上最短となる夏日が記録され少なくとも日中は半袖のTシャツで十分過ごせるバカ陽気だった。一方の札幌は前日から暴風雪が吹き荒れるわ、月曜日の最高気温は-4℃だわと、まるで赤道を挟んだ真逆の国のような世界と来たモンだ~! 

しょうがないから、もう使わないだろうと思っていたダウンコートを引っ張り出してキャリーバッグに括り付けた。さすがに夏日にこれを着て都内を歩く勇気は無いモンね。

・・・・・・・

目指す新千歳空港は積雪に対する対策は十分だろうが、強風に対しては如何ともし難く、最悪羽田に引き返す事態にもなりかねない。事実、秋田便や庄内便などではそんなアナウンスがラウンジ内にも流れていた。その頃、私よりも早い便で札幌入りした同僚KWのFBに、札幌までのJRに遅れが生じているとのつぶやきが!

う~ん、こりゃあ夜に向かって暴風雪が収まるだろうと読んだ私の判断ミスかもしれない。だが、こういう時の私のヒキは結構強い。案の定、大きな遅れもなく無事に新千歳に到着、JRにも遅れはなさそうだった。ただし気温は-3℃! もちろん一面の銀世界。

半年ぶりの札幌へ無事に到着しホテルまでの地下街を歩く。敢えてここは観光客の気分に浸ってやろうと950円也の特製札幌みそラーメンを食らう。麺もスープも美味しかったが、具のジャガイモやアスパラやワカメまではいらなかったな。それにモヤシやコーンやチャーシューまで乗って、まさに観光客用のムダな盛りだった。

・・・・・・・

今週からパートナーとなったW子は、受講者アンケートにわざわざ「次回もW子さんにお願いしたい」と書かれるほど、ここ札幌の受講者に大人気である。ホームグラウンドと言ってもいいだろう。そういうわけで研修のオープニング&オリエンテーションのセッションを彼女に振った。より早く会場の雰囲気和ませるために。

受講者の知識レベルと研修への参加意識の向上のために毎回行なっている朝のテスト。今回は設問の事前開示方式ではなく、関連書籍の範囲を指定して事前学習してもらうやり方にしたが、これがいけなかったのかもしれない。

穴埋め記述式の問題にスラスラと答えを書けていた受講者は半分以下なのはいつもの光景だとしても、驚いたのはすでにテストの解答を表にしたものを手にしている不届き者がいた事だった。あらかたどこかの会場の同期の受講者あたりから入手したと見られるが、今回はどの会場も同じ設問としていたので、これでは知識レベル向上の意味を成さない。

もっと驚かされたのは、誰かの解答用紙を写メしたものをプリントアウトして持っていたバカスケがいた事である! いずれこの営業部隊にマスター制度を導入し、知識・スキル・パフォーマンスなどに卓越した人材を育成したいと思っているのだが、この体たらくではとてもおぼつくまい。驚きを通り越して情けない思いに浸らされるのにさほど時間は掛からなかった。

・・・・・・・

札幌を訪れた時には必ずと言っていいほど食べに行くお店がある。

そのお店は札幌中心街から少し外れたエリアにあって、中で鮨や魚介類を出すお店と中華料理店が合体している世にも珍しいお店である。だがこれがいい。新鮮でボリューム満点の刺身や魚介類をまずはビール、お次は氷結酒(通称シャーベット)、そして焼酎ボトルかぬる燗と続く。途中で中華風のウニの卵とじを経由する事もあるが、最後は本物のカニがタップリのカニライス(炒飯)と本マグロのネギトロ巻きで締めるのが定番。ほぼ地元の人だけで約100席は予約で連日満杯という、知る人ぞ知る大人気店である。

ところがそのお店は日曜定休なため、日曜移動した夜には行く事が出来ない。それでもぜひここで食べたいという気持ちが抑えられない時には、予約を入れて研修終了後に行くのである。もちろん帰京は最終便に設定、家に着く頃にはとっくに日付変更線を超えているが、それでも食べたいと思わせるお店である。

この無茶っぽい強行軍を我々は「90分一本勝負」と呼んでいる。昨夜もそうだった。

大将、女将もそんな事情を良く知っていて、黙っていても美味しいものをジャンジャン出してくれる。この夜もいつものようにてんこ盛りの刺身から始まった。さらに今回は大きな器に盛られた生牡蠣と白子と生ワカメのポン酢和え。まるで昼食時に牡蠣が食べたいねと言っていた我々の気持ちが通じたようで嬉しかった~!

・・・・・・・

これでいつものように羽田に到着すれば、最終にリムジンバスに乗れるのだが、この夜は出発が15分も遅れたためアウト。京急と山手線の最終を乗り継いで1時半頃にやっと帰る事ができた。23区内に住んでいるW子はともかく、遥か郊外に住んでいる同僚のMは帰宅もままならずビジネスホテルに泊まる事になってしまったのだった。

でも一同大満足! これで今週を乗り切るエナジー注入完了~!





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ