こりゃ目からウロコだ!

「目からウロコ」とはこういう事なんだと知った。いや、目からウロコの意味を知ったという事ではない。

それはある雑学クイズ番組だった。出題される問題のほとんどは既に知っていたものばかりで、それを間違える知識人やお笑い芸人などを若干上から目線で見たりしていた。そして番組も佳境に入り、いよいよ決勝ラウンドに突入した。

その時、こんな問題が出された。

普段使っている「ください」という言葉は、ひらがなで書く「ください」と漢字で書く「下さい」に明確な違いがあるが、それはどういう違いか? というものだった。

もちろん、単にひらがなか漢字かの書き方の違いではないのは明らかなので、しばし考えた。

その結果、そうだ! ものが欲しい時は「〜をください」で、相手に何かをして欲しい時は「〜して下さい」となるのだと思い至った。つまり、単独の動詞の場合と助動詞の場合で異なるのだろうと。

正解は、その使い分けこそ合っていたが、何と何と! ひらがなと漢字の使い方が全く逆だったのである!

ものを買ったりもらったりの場合は「〜を下さい」、してもらう場合は「〜してください」が正しい表記という事だった。なぜこれにビックリしたかと言うと、私は公文書などで丁寧に表記する場合は「〜して下さい」が正式だと信じて疑わなかったからである。そう書く事で謙譲の意を表すとも思っていた。恥ずかし〜!

これからは助動詞の時の「ください」は、すべてひらがなで書かなくてはならない。でも既に書いてしまったものはどうしようもないし、例えばこのブログのエントリの中にもそんな誤表記はたくさんあるが、これを今さら書き直すのも面倒だから放置する事にした。

ここまで半世紀以上生きて来て、こんな言葉の基本で改めさせられる事がまだまだあったんだなぁと「目からウロコ」なのだった。

・・・・・・・

最近の雑学クイズブームのおかげで、普段使っている言葉の意味を取り違えていたことに気付かされる事は多い。

例えば「役不足」。「プロジェクトリーダーなんて私には役不足で自信がありませんが、皆さんのご協力をお願いします」などと挨拶しようモンなら噴飯モノである。役不足とは、自分の実力よりも役が軽すぎて力が発揮出来ないという意味。それを言うなら「力不足」が正しい。

議論や会議でよく「煮詰まる」という言葉が使われるが、これも誤用の代表格だろう。言ってる本人は、結論が出ずに物事が進展しなくなるという事を言いたいのだろうが、煮詰まるや煮詰まって来たは「十分な議論などを経て、もうじき結論が出る状態」である。にっちもさっちも行かなくなった状態は「行き詰まる」と言う。

「逝去」という言葉は、それだけで死去という言葉の尊敬語である。だから「逝去されました」というのは正しいが、「ご逝去されました」は正しくないという事になる。

人からの連絡事項などに応答する言葉に「了解しました」というのがあるが、これは目上が目下に対して使う言葉で、目下が使う場合は「承知しました」となる。「ご苦労さま」と「お疲れさま」も同様である。

事ほど左様に日本語は言っても書いても難しい。それでもいい大人が堂々と言い間違えたり書き間違えたりしたら、それこそ穴があったら入りたくなる。今からでも、少しずつでも知るようにしよう。

こんなWebsiteがあったので紹介しておく。その名も「言葉の誤用」。ぜひ参考に「してください」。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ