お嬢さんたちがやって来た!

この日が来るのを彼女たちはきっと首を長くして待っていたに違いない。たぶん、親たちから夏休みの宿題を片付けるための鼻先ニンジンにされながら・・・。

そして今日の日が来たのだった。

今朝早く、ANAキッズらくのりサービスではるばる鹿児島の地から、義弟夫婦の小学生の姉妹は羽田空港に到着した。費用と時間の都合で親同伴ではないので、今回は我々が全面ホスト役で迎えに行ったが、空港駐車場は待ち時間1〜2時間の大混雑! 単なる平日なのに、これは予想外だった。

仕方がないので、カミさんを迎えに行かせ、私は循環道路で第一ターミナルと第二ターミナルを巡回すること30分、ようやく到着出口で3人を拾ってディズニーランドホテルへ。

荷物を預けて早速ランドへ出陣! まずはワールドバザールのお店に寄ってネコミミやミニーのカチューシャ、濡らして首に巻くクールタオル、汗拭き用のドナルドのフェイスタオルなどで装備を固めてシンデレラ城へ向かう。こりゃまるでドラクエである。

夏休みだがせめて一番混まないであろうゴトー日近辺を狙ったのは正解で、園内の人出はこの時期としては普通以下だった。その代わり本日は34℃の真夏の陽射しに晒された。暑い!

小学生という事で、あまりハードなアトラクションは求めなくていいので、とりあえずトゥーンタウンへ向かう。さすがにアトラクションは長蛇の列のところばかりだったが、それでも30分弱で乗れるというゴーコースターをチョイス。実はこれ、スケールこそ小さいもののTDLで一番スピードの出るアトラクションなのだ。それが本日の口開けというのもいささか刺激的だったが、お嬢さんたちは耐えた。代わりにカミさんが悲鳴を上げた。

ランチはミッキー型のピザをパクつき、続いてロジャーラビットのカートゥーンスピン。これは暗いところをクルマがクルクル回って行くだけなので何事もなく終了。

舞台をファンタジーランドへ移し、ここでお子さま定番のイッツ・ア・スモールワールド。このアトラクションは20人乗りの大型船なので回転が早く、わずか10分程度で乗れた。列に並びながら帰ってくる船を上から見ていたら、そのうちの一隻にイスラム系、プエルトリコ系、チャイニーズ、ジャパニーズが呉越同舟? だった。これこそリアル・スモールワールドじゃないの! その後、船に揺られるうちについ居眠りこいたのは何を隠そう私だった。これこそリアル・白河夜船!

アリスのティーパーティーでは無理矢理ハンドルを回してスピンの限界に挑戦したかったが、女三人のパワーの前にあえなくその手を塞がれた。そして少しハード系のアトラクションである白雪姫へ。ここも30分かからず順番が回って来た。

前の座席に並んで乗ったお嬢さん二人、ホラーチックな音と風景に妹が姉に身を寄せる。やっぱりチビには怖かったのかと後ろから見ていたのだが、終わって降りたら泣いていたのは何と姉の方だった! 訊けばガイコツがぶら下がっていたのが怖かったとの事。妹の方は終わればケロリとしていたのは下克上の前兆か?

夕方のパレードを見ながら、綺麗どころのダンサーをツイッター用に撮影し、すかさずサービスショットとしてアップ。ここでひとまずホテルへチェックイン。夕食はホテルのブッフェで摂り、その足で今度はエレクトリカル・パレード! 見慣れてしまえば毎度変わらぬ電飾の山車なのだが、これで本日の我々の営業は無事終了。

それにしても強い陽射しの中の半日行脚、大人でも相当くたびれた。そんな状態で家に帰るのではなく、目の前のホテルに帰ればいいというのがこんなに楽だったとは! こりゃお金にゃ代えられんわな。

さてさて、今日はランドで明日はシー。ああ、シーンドイ。






関連記事

COMMENT

唯一の心配? は、ハタから我々がどう見えてるかです。まさかジジババとは見られないと思うものの、ずいぶん晩婚で子供の遅かった夫婦? かなぁ。

にゃはは ^o^ お疲れさまでした〜〜 ^o^
でも、ちっこい子の相手ってもうできないから、こういう状況になったらアタシも楽しめそう。。懐かしさ、っちう意味で。。(体力的にチョー キツそうだからアレだケド〜〜〜 8-p)

子供が小さい頃って、何だかんだ言いながら子供をダシにして自分も楽しんでたトコロってあるなぁ。。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ