ユーザーニーズの具現化

代車プリウス、今だ我が家に滞在中。イコール、まだまだ修理に時間がかかっているという事である。

試運転と食料品の買いだめを兼ねて一度乗ってみたが、何せこのクルマ、タイヤを介した路面情報がまるで伝わってこない。カミさん曰く「まるで氷の上を滑ってるみたい」

で、モーター走行時はもちろんだが、エンジン走行中でも極めて静かだ。だからドライビングと言うよりも静かな箱に座って滑って行く感じなのだ。そして実家のフィットにも共通する過剰なほどソフトな乗り心地。これが日本人のユーザーが求める「上質さ」の形とでも言うのだろうか?

確かに国産大型車は、まるでそれが高級車の証しであるかのように限りなく滑らかな乗り心地が求められた時期があった。もしかしたらそれは今も続いているのかもしれないが、いつしか小型車などにも波及させて行った結果、とことんソフトで軽いドライビングフィールがスタンダードとなってしまったのかもしれない。

全幅こそ120iCoupeと25㎜しか違わないものの、全長は75㎜長く、全高は105㎜も高い。なので120iCoupeよりも一回り以上大きく見える。だが、近所の狭い路地などでの取り回しはそれほど悪くないようだが、運転席からノーズが確認できないのと、リアウンドーが真ん中で二分されているためにミラーに映る後方視界がすこぶる悪い。

これは間違ってもユニバーサルデザインなどであるはずがなく、むしろ見かけを優先するあまりデメリットが生じてしまったデザイン的欠陥であると確信した。デザインを変にいじくるより、ユーザーフレンドリーを優先する事こそがこのクラスの車に求められるんじゃないのかい、トヨタさん。

私は環境に貢献する事を喜びと感じるエコヲタにはなりたくない。そもそも自家用車に乗っていながら環境に貢献するとのたまうなんて根本的にズレてるんじゃないの? 本当に貢献したければ車を持たなきゃいいのである。車に乗るのが好きな人間なら、その分もっと他の事で貢献すればいいのであって、ムリくり理屈をくっつける必要はなかろう。

いずれにせよ、これがユーザーニーズの最大公約数とは思いたくないし、かつてトヨタが標榜した「Fun to Drive」では断じてない。ああ、真の「Fun to Drive」に早く帰りたいわ。

・・・・・・・

iPhoneデビューしてほぼ1ヶ月が経った。

この間、ダウンロードしたアプリは優に100を超えた。そのほとんどが無料アプリで、あってもなくても良さそうなものもあるが、中にはニーズにマッチした満足度の高いアプリもある。

PCでも使っていた英辞郎などの辞書アプリや商売柄、医薬品添付文書集アプリや臨床検査アプリなどは、たとえ有料であってもダウンロード必須である。駅すぱあとや交通情報アプリも日々活用している。

そしてSNSとTwitter。

POOBやBMWメタボ会などのメンバーはmixi、主に仕事・会社関係はFacebook、そしてCB1メンバーと著名人のフォローにはTwitterと棲み分けられている。毎日、そこをチェックしたりツイートしたりしているのだが、ある時、それぞれ別々にツイートする事が面倒になり、3つまとめて投稿できるアプリがあれば便利だなと思った。

同じ思いを感じているヒトはいるモンである。複数投稿を可能にする「ぽすとん」というアプリがちゃんと存在していたのだった。これは嬉しかったな。

その他、時間つぶしのための単純なゲーム。特にスマホの特性を生かしたフリックゲームや昔懐かしいSAMEGAME系が良い。歌詞が表示されるミュージックプレイヤーアプリも重宝している。あ、プレイヤーにスリープタイマーが連動するアプリもグー。

こうしてみると、「こんなに便利なスマホになぜもっと早く換えなかったのか」という数多くのユーザーのコメントにも素直に頷けるというモンだ。これほどユーザーのニーズを満たしてくれるツールも貴重だろう。どっちみち来月以降、韓国製スマホがiPad2と共に会社から貸与されるんだけどね。

ま、せいぜいスマホ・スレイヴにならないように気を付けよう。





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Time Goes By ・・・
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Wise Remarks
Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-
Game Corner

おまけ Space Invaders
developed by 遊ぶブログ