FC2ブログ

ラブストーリーは突然に? 〜その1

「せめて一度は深紅の本革シートのクルマに乗ってみたい」

なーんて呟きながら幾星霜。その間、自分のクルマとしてミラージュ、セフィーロ、ギャラン-VR4、プジョー206XS、BMW120i Coupeと乗り継いだが、遥か昔、19歳で免許を取ってこのかた、出会ったクルマの仕様や経済的理由などもあって叶わないままに来た。

現愛車のBMW120i Coupeで、もう一つの望みだった「2ドアのクルマに乗りたい」は叶った。とはいえ、つい先日足掛け10年でようやく走行距離7万Kmに達した程度だが…。この相棒は2L直4NAで170PSのFR、バッテリーをトランク内に置くほど50:50の重量バランスに拘ったクルマである。

170PSというパワーは一見非力にも見えるが、そこに不足を感じる場面はほとんど無かった。国産車と違ってキチンと数字通りの力を示すエンジンに「ああ、BMWはエンジンを買うクルマなんだな」とつくづく納得させられたものだった。

アーシング、スプリントブースター、フロントタワーバー、トランクスポイラー、ホイールインチアップ&ランフラからラジアル換装、最新ドラレコ装着などなど、私にしては結構手を入れたものだが、それほどこの相棒が気に入った証でもあった。

おかげで特にトラブルもなく、往復軽く1500Kmオーバーの岡山県まで走破した事もあったが、全く疲れも感じずに楽しく駆け抜けた。近年は体調の影響もあって長距離ドライブはあまり出来ていなかったが、気が付けばこのサイズのFR車がますます稀有な存在となっていたし、何より10年経っても箱替えを意識させるクルマは見当らなかった。

・・・・・・・

しかし我が家を取り巻く環境は確実に変化していた。

昭和ヒトケタ生まれの母の実家へ行っては亡父のお墓参りに妹共々乗せたり、ペーパードライバーの息子にもそろそろ運転させてみようと思ったり、一台に3人以上を乗せる機会そのものが増えて来た。

同時に、10年も経てばさすがの当たり車でもどこかしら不具合が生じるだろうし、もしも息子がアクシデントでも起こした時の修理費もそれなりに掛かるリスクもある。

「これも潮時かな」と脳裏をかすめた。

普段は「今のクルマで終わるのもいい」なんて言っていた私も、我が家の財務大臣にそんな心境の変化を話し始めた。すると「なら今度の休日にDを見て廻ったら?」なんて言うではないか‼️

でもどのクルマを見に行けばいいと言うのか?

従前より、これはぜひ乗り替えたいと思えるクルマが無いのは同じ。箱替えの条件があるとすれば、まずは後部座席を有効に使える4ドア。事故る確率を下げるためにある程度の安全装置付き。そして念願の深紅の本革シート‼️ …このあたりだな。

とその時、ネットで某プロモーションツイートが目に止まった。まあまあ条件に合いそうな車種のようだ。どうせ「見るだけ〜」なんだから近場のDでいいと財務大臣を連れて出掛けた。そのDの近くにはもう一つ、条件に合うクルマを扱っているDもあったし、手軽に2ヶ所廻れるから好都合だった。

・・・・・・・

そして昨日の公休日。

案の定、最初に訪れたDには深紅の本革シートのデモカーが鎮座していた。乗ってみると内装は想像通りの世界観でカミさんも満足顔。だが、さらに必要なオプションなどを付けると乗り出し価格で400万円近くになる。「そりゃチト高いな。ならばいっその事、このデモカー売らない?」と担当のH君に訊いてみた。

「売るなら300くらいですかね」とH君は言う。え? このデモカーはベース車に約60万のオプション付きで、それが諸費用込みで乗り出し300万なら超お買い得じゃあーりませんか‼️

残念ながらこのデモカーはまだ売りには出せないそうだが、別のDで同じ車種のデモカーが売りに出されていると言う。なんと車輌価格はさらにお安く、それにドラレコとかETCなどの必要オプションを付けて諸費用込みでも乗り出し200万後半と来たモンだ‼️ ざっと新車価格の100万引きである。

ウヒョー‼️

思えば今の愛車BMW120iCoupeも、プジョー206XSのミッショントラブルで乗り替えを余儀なくされたもののこれだと言える候補も無いまま、ある激しい雨の日、それこそ見るだけ見ようと訪れたDで、デモカーを100万引いた上に30万のナビを付けてどうでしょうと言われたのが出会いだった。最終的に乗り出し300万チョイで購入出来て今に至った経緯とほぼ同じ展開じゃないか‼️

ラブストーリーは突然に、じゃないけど、クルマとの出会いって予想外のタイミングで訪れるんだなとしみじみ思う。

ただし今の相棒とさほど変わらないサイズなのは良いとしてもエンジンパワーは低い。でも財務大臣の「もう飛ばさなくていい(ピシャリ‼️)」の声を聞くまでもなく、もはやそこは多くを望まないでおくべき年代かもしれない。ちなみにもう一台は今の相棒よりハイパワーだが、モデル末期だし信頼性はもう一つの感。燃費も同程度にあまりよろしくない。

・・・・・・・

という訳で、次回は別のDから運ばれて来た実車を見て、さらにネチッこく商談した上で決定するかもという話になった。

前車同様に走り出した話はトントン拍子に進む。突然の出会いだが、果たしてオマエがオレには最後のオンナ〜、もとい相棒となるのだろうか。 

続く(^^)



残念な二番手

先月下旬に親会社から出向して来た社員(登販)のC。高校3年の息子もいる、実に27年の親会社勤務経験を誇るアラフィフ。先般の二番手社員Hの転勤により、店長以外に社員がいなくなったウチの店にその後釜としてやって来たから助かった。

はたから見る限りはその姿形から基本的にマジメなのは十分伺えたし、人柄が良さげな印象も受けた。

それが… 。

Cがウチの店で初めて一人で開店から閉店までを担当したある日。私はいつものように開店20数分前に出勤したのだが、なぜか店前には何の什器も出ていなかった。

通常は、商品を載せた10数台の大小のジャンブル什器がとっくに表に並んでいていい時間帯。よもやアクシデントでもあったのかなと思ったが、中の事務室にはCが座っていて何やらPCを覗き込んでいた。

結局ジャンブルが出切ったのは開店寸前だったので、朝礼もなくすぐに開店し、お客さんもゾロゾロと入って来た。

後日、その旨を店長に話すと「それはあり得ない。彼は親会社の店舗で何をしてたのか❓」と訝しげ。おまけにCはドリンク類の前日発注もしておらず、欠品寸前の事態にも。

それを知ってか知らずかCは、先日もお客さんに「私はこの店に入ってまだ3日目ですから〜」なんて笑っていたが、彼はホントにこの業界27年のベテランなのだろうか❓

・・・・・・・

そんなドタバタもあった4月もあっという間に終わり、相変わらず緊急事態宣言中の5月も10日を数えた。この日も私はいつもの通り開店20数分前に出勤したが、またも店前には何も出てなく、おまけに入口のドアもピッタリ閉まっていた。

仕方なくドアをこじ開けて入ったが、そこには10数台のジャンブルどころか大量の空段ボールを載せたカゴ車や冷蔵食品用のカゴ車までが、前日の閉店時のままズラリと並んでいるではないか‼️

嫌な予感はしていたが、果たして事務室には親会社のポータルサイトをノンビリと眺めているCの姿が‼️

またかという思いと前回のチョンボを忘れたかのような余裕に頭に来たので私は何も言わず手伝わず、粛々と医薬品エリアのメンテナンスをしていた。

やがてバイトスタッフも一人二人と出勤して来たが、まだジャンブルは不動のまま。もう開店まで15分を切っていた。

ようやくCが開店10分前にフロアに現れ、ジャンブルを出し始めたが、そんな時に限って警備会社が売上金を回収に来たりして作業も進まず、今回も朝礼すら出来ずに開店時間に。すぐにお客さんがゾロゾロ入って来ているのに、それでもジャンブルは出し切れず、結局開店15分後になってようやく店外に並べられたのだった。

呆れるやら何やらで、翌日に出勤して来た店長に報告したが、二度目という事もあって彼の理解の範疇も超えたらしく、ただただ私同様に呆れるばかりだった。

まあ、きっとCは「オレは一時的にここへ来ているだけで、本来は親会社の社員だ。どうせここには長くはないし」なんて事を思いながら、我々ではまず見ないような親会社のポータルサイトを日に何度も覗いたり、親会社の名前入りの冬用作業ジャンパーをこの気候にも関わらずこれ見よがしに着ているんだろうな。

これらは意に反して出向させられた人間によく見られる「蜘蛛の糸症候群」なのだろうが、そもそも出向が期間限定なのかをよく考えた方が良いかもしれないぞ。

・・・・・・・

さらに今日。

今度はQRコード絡みの返品返金処理で動くはずのない現金がレジに足りなくなり、本部の経理から店長宛に疑惑のツッコミが入るという事件が起こった。

その当事者はもちろんC。店長はまさか商品と共に現金までお客さんに渡してはいないだろうなとCに確認したが、口を濁すばかりで要領を得なかったため、レジ上の防犯カメラの録画映像をチェックしたら、見事にCが現金を渡していたシーンが写っていた。

店長がCに自分で本部の経理に対応をしろと指示したのは言うまでもない。

続いてマスクコーナー。昨日の入荷分を2つに分けてそれぞれ別の日に出そうという話をCとして、彼もそれを承知していた。なのに今朝、予め私が位置を決めて付けていた価格表示のPOPが勝手に就寝用加湿マスク用に変えられて、そのマスクが一面に吊るしてあったではないか‼️

昼前に出勤して来たCに無断で変えた理由を訊くと、スペースが空いていたので埋めよう思ったが、その時私はもう退店していていなかったし、マスクとしては同じなので出したと。

マスクの無くなったマスクコーナーを敢えて他の商品で埋めずにガラガラのままにしているのは、お客さんにマスクの入荷の有無を瞬時に判断してもらうためにわざと空けているんだとアンタに最初に言ったよな❓

そもそも就寝用加湿マスクはお客さんが欲しているマスクじゃないだろが‼️

変えたPOPはどうした❓と訊けば、裏に置いてあるから取って来ますと。だがしばらく経っても戻って来ない。ようやく戻って来たCの手にはPOPが握られていたが、それが慌てて印刷し直した物だとすぐに分かった。枚数も種類も違っていたし。

漫才じゃないけど「もういいわ‼️」てな気にさせられガックリ。今度から必ず私に事前相談するか、金輪際医薬品エリアはアンタッチャブルにしてくれと言うのが精一杯だった。

・・・・・・・

高校生の息子を持つアラフィフOYAJIで、根はマジメで人柄も良さげなのはよく分かる。だがそれなら、いい歳こいて基本的な業務も満足に出来ていない上に、思慮を欠いた思い付きの行動やらその場しのぎの言い訳やらをするのは何としてもいただけない。

人が良いというのは一つの武器だが、それだけで受け入れられるのはせいぜい30歳まで。それ以降は「人が良いだけじゃね」と言われるのがこの世の常。人柄に加えて仕事に対する能力を磨き続けて行かなければ、やがて頼りの蜘蛛の糸も切られてしまうだろう。

私が赴任して今日まで、店にはSとHという40代後半の社員とこのCと、歴代3人の二番手社員がいた事になるが、その誰もが年齢・経験的にはとっくに店長職になっていても不思議でないはずなのに、なぜか昇進出来ずに一社員に留まっている。やはりそれにはそれなりのワケがあるモンだなとしみじみ思わざるを得ない。残念な連中である。

特にC。独身のSやHと違ってアンタには妻子もいる。いくら親会社の給与基準とは言えど、このまま一社員の収入のままでは子供の大学の学費すらキツいだろうに。

店長はアンタの息子とそれほど歳が離れてはいないのだから、息子と同世代の上司にあれこれ言われているようじゃ情けなくはないか❓

ここは親会社への未練なぞは引き摺らず、いっそ出向先に骨を埋めるつもりになって真剣に向き合ってみたらどうか。私にはアンタに対してあれこれアドバイスするつもりも、ましてや指導育成するつもりなんてサラサラないし、アンタもされる歳でもなかろうよ。私ゃせいぜい生暖かい目で淡々と見守るだけだよ。




新型コロナな日々

新型コロナウイルスによる非常事態宣言の緩和も当初の予定だったGW明けには叶わなかった。残念ながら引き続き今月末を目処に延長された。とはいえ私などは家と職場の往復の日々だから、コロナ禍以前と日常生活は何も変わっていない。職場で息苦しいマスクを強いられる以外は。

最近の私の公休日はカミさんの公休日と重なる事が何回かあったので、遂に今週火曜日はどうしても美味しい寿司が食べたくなって、ドライブがてら出掛ける事にした。目指すは回転寿司クオリティの遥か上を行く木更津のやまと寿司。かねてからアウトレットとセットでよく訪れているお店である。

外出自粛と県外への移動のどちらも破る事にはなってしまうが、自宅と寿司屋のドア・ツー・ドアだし、移動は車という不特定多数との接触リスクのない手段なので、ここはひとつご勘弁願う事にした。

いつもは渋滞必至の首都高山手トンネルもまるで貸切り状態で通過、湾岸もスムーズ、そしてアクアラインもノンストレスで駆け抜けられた。平時からこんななら大歓迎なんだけどね。

寿司屋ではテーブル席に座り、2人で好きなだけたらふく食べて@3000円ほど。皿数で20数皿か。いつもながら驚くべきコスパだから、昼過ぎともなれば駐車場もほぼ埋まるほどの人気なのもうなづける。

帰りに寄った海ほたるも店舗は全て休業中で人もそれほど多くは無かったが、最上階のテラスは格好の日向ぼっこのスペースだった。いつも家と職場の中にしかいないので、熱いくらいのお日様が嬉しかった。

・・・・・・・

私のワークスケジュールは原則として3日勤務して1日公休、2日勤務して1日公休の繰り返しである。だから1週間の経つのがやたらに速い。思えばOTC薬剤師となってもう足掛け5年になる。

そんな昨日、お世話になっている本部所属の薬剤師のS先生が来店。ちょうど休憩時間の終わり頃だったのでそのまま休憩室にて最近の体調などを報告した。

S先生の本題は、年と共に少なくなる常勤薬剤師の問題とそれ故に手の回らなくなった店舗にいる若手(と言ってもせいぜい30〜40代か)薬剤師へのサポートの提案だった。

そんな人手不足の現状から、親会社から登販社員や薬剤師が出向して来てくれているこの間に、手の回らないお店と薬剤師業務を手伝って持ち直させたいという狙いだ。それにはまだ動ける60代前半あたりまでの薬剤師がそのお店に2〜3ヶ月程度入って、そこの店長の協力を得ながら薬剤師と一緒に医薬品の状態全般を立て直す。

目処がついたらまた別の店舗へ行くという遊軍システムである。それほど中途採用の薬剤師は現場でとっ散らかっていて、ましてや週2〜3日勤務のパート薬剤師複数で回している店舗ならなおの事だそうだ。

そんな事言ったって、私だってまだたかが5年目だし、入社時の半日研修&1ヶ月の店舗研修で一人薬剤師として現場に出された人間である。ベテランなのは歳だけで、ドラッグストアでの経験値も知れているのにとS先生の話に笑ったが、そんな人間でももう少数派になっているとの事。

30代以降の薬剤師をせっかく中途採用しても、ともすれば初めてのOTCの接客に対して馴染めず短期間で退職したり、親の介護などで退職せざるを得ないケースも生じているそうだ。また昨今は現場に出るプレッシャーに加えて新型コロナ感染リスクも負いたくないから中途入社辞退を申し出て来るケースもあるというから驚きだ。

さりとて70代前後の超ベテラン薬剤師では常勤から週2〜3日のパートへ勤務を減らしたい人ばかり。なので身体も動かないし改善意欲も乏しい。でも会社は要指導・1類医薬品販売許可維持のためにその人達を切るわけにもいかないと。高齢化はここにも確実に来ていたのだった。

S先生が現場の薬剤師にこの話をするのは私が最初との事だが、環境が整えばこの夏から実施に移したいらしい。

私からは一つだけ条件を付けさせてもらった。それは通勤時間。身体の状態もそうだが、通勤時間で徒らに体力を消耗したくはない。体力は現場で使いたいから通勤時間はせいぜい40分前後までの店舗にして欲しいと。

・・・・・・・

そんな私も二度に渡る尿細胞診でclassⅤが出てしまった。だが造影CTでも全く異常が認められない。次回は膀胱内視鏡で中を見る予定だが、主治医のT先生も、細胞診でがん細胞を認めるも組織的な異常は認められないという患者はそれなりにいると言っているから、何らかの異常が出るまではこのまま観察し続けるしかないだろう。それががん細胞との共存共栄というものかも知れない。





Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger