OPINION and JUDGEMENT

Euro-CarとA-Guitarを愛するOYAJIの屁理屈日記






|

悪魔は突然やって来る
(2017.02.24/16:55) CM:0 | TB:0

定石からすれば遅いくらいなのだが、そろそろ我が家の外壁修繕の時期だなと思ったのは去年の事だった。同時期に建った両隣りのご主人も同じ思いで、それなら三軒いっぺんに済ませてしまえば足場の共有などでコストダウンになるメリットが生じる。

ではその線で行こうとなったのも去年の事だったが、年が明けても相見積もりはおろか、施工業者の候補すら出て来るでなし、事実上ほとんど進展がなかった。三軒とも結構のんびり路線だから、案の定、お任せで放っておいても物事が進むはずもなかった。

という事で、私の方で複数社に見積もりを依頼できるWebsiteに申し込み、先月下旬に一社、今月上旬にもう一社に実地調査に来てもらって見積もりを依頼した。二社の見積もりが出揃ったら叩き台として両隣りに提示する予定でいる。

二社目が実地調査に来た10日、その日も寒い日だったが、一社目と違い、先方が一人だったので屋上や周囲の検分に小一時間も付き合った。身体もかなり冷えたに違いないが、ま、それでもこれで修繕計画は大きく前進するだろう。

・・・・・・・

いやいや、それがいけなかったのか、その2日後から突如として膀胱炎様症状が勃発した。以前から尿道炎の症状である排尿時の痛みはあったが、膀胱自体に痛みはなかったので平和に過ごしていた。それが、排尿後を中心として膀胱の不随意収縮時に針で刺される様な鋭い痛みが発生する様になってしまったのである! 例の「ツーン」の極期の痛みだから堪らない。

思い起こせば去年のちょうど同じ頃、BCG膀注療法の最終回直後に勃発し、その後約半年間も苛まれたあの症状である。日にちもほとんど同じと来たモンだ!

BCGも終わって一年も経ったというのに、なぜ今これが?

冷静に考えた。一つは、元々くすぶっていた炎症が、寒さによって何らかの感染を引き起こして再燃した。もう一つは悪魔の腫瘍の再発である。どちらにしても悩ましい。

偶然か幸運か、去年の9月以来の膀胱内視鏡検査の予定が本日入っていた。継続受診している主治医のT先生から、尿検査だけでなく、もういい加減に中を見ないと心配だと言われ、泣く泣く入れた予定だった。でもこの際、痛みの正体を見極めてやるためにもシロクロはっきりさせてやろうじゃないかと覚悟を決めて行って来た。

前回同様に、リアルタイムにモニターを見ながらT先生から説明を受ける。膀胱内部のほとんどは綺麗だったが、やはり片側の出口部が赤くなっていて炎症を起こしている。あの針刺し痛の元凶がここだ。T先生見立てでも、ここは炎症止まりで腫瘍の再発は認められないとの事だった。

一応ホッとはしたものの、ならばこの痛みはどうする?

痛み止めを貰いたくて予定外受診をした先週、尿検査で大腸菌が確認されて抗生剤も処方された。治療はそれをもう一週間続ける事くらいしかなさそうで、痛みとの闘いは去年同様に当分続くのかねぇ。起炎菌に大腸菌が絡んでいるという事は、大腸菌が経尿道的に侵入し、尿道と膀胱で増殖し炎症を起こしているという図式だ。

だからまずは抗生剤で菌を叩き、炎症を沈静化させるしかないから仕方ないのだろうが、ソファに寝転んでいる時は比較的平和だが、店で立ち仕事をしている時は、頻尿と排尿痛と膀胱の不随意収縮による針刺し痛が、日々、程度の差こそあれ文字通り不随意に襲って来るのである。今回はBCGによる炎症が加わっていないだけマシとも言えるかもしれないが、この強烈な針刺し痛にはロキソニンが効かないのは去年も経験済みで、それがまた悲しく悩ましい。

もしもこれが悪魔の復活である腫瘍再発が原因だったとしたら、手術療法でこの症状は改善するだろう。しかし悪魔の復活こそなかったものの、それゆえ薬物療法のみしか手立てのない以上、痛みに苛まれる日々はまだまだ続くのだから、これもやはり悪魔だ。とすれば、何がラッキーで何がアンラッキーなのかも正直分からなくなって来る。







コメントを書く
TOP

|




ログイン
友達に教える
i-mobile



Design&Material By Umi.

Powered By FC2ブログ