今度はCISかよ!

先月の膀胱内視鏡手術(TUR-Bt)で削った切片の病理診断は予想に反して上皮内がん(CIS)だった。

振り返れば、4年半前に初めて受けたTUR-Btの時は表在性乳頭がん。いわば膀胱がんの初期型だった。

その2年後に受けたTUR-Btは同じ表在性だったものの、粘膜下層まで浸潤の疑いありで2ヶ月後に2nd TUR-Btを受けた。浸潤は否定されたものの、その後に受けたBCG膀注療法の副作用による重度の慢性膀胱痛に数ヶ月間悩まされた。

さらに2年半後、フォロー検査で引っかかり、都合4度目のTUR-Btを受けたのが先月、還暦の誕生日の2日後だった。

疑わせるような自覚症状はまるで無かった。もしこれが初発だったらまだまだ受診すらしていないだろうから、今回はフォロー検査を受けていたからこその超早期発見だったと言える。ならばそれこそオデキのようなモンだと勝手知ったる入院手術を軽く受け入れただけに、このCISという病理診断には困惑した。

CISは乳頭状の腫瘍を作らず、膀胱上皮内に広がって増殖するタイプで悪性度は高い傾向にあると言われる。膀胱がん治療ガイドライン(GL)でも、治療法としてはBCGもしくは抗がん剤の膀注療法、あるいは膀胱全摘とある。CISを放っておけば、いずれ浸潤がんから他臓器転移を起こし、生命に関わるとも。

それゆえ、痛みに長く苦しんだBCG膀注療法のようにQOLをかなり侵害される治療を繰り返すくらいなら、多少の不便さは生じるが、いっそ全ての根源である膀胱を取っ払ってしまうのもアリかな、などとも考える。ストーマに集尿袋を付けてさえいれば、再発にも膀胱痛にも悩まされない日々が送れるのである。

そんな思いも交えながらカミさんと家族会議モドキをした。

結果、確かにTUR-Btを受けるたびに悪性度が高くなる傾向があるのは不安材料だ。だが、それについては主治医のT先生が「教科書的にはそうかもしれないが現実はさまざま。これまで良くコントロール出来ていると思う」と言っていたし、現時点ではまだ全摘に踏み切る段階ではないので、もう一度BCG膀注療法にトライすれば良い。ただし副作用がキツければ即リタイアして、十分な時間を空けて再開するならすれば良いとなった。

その旨を2週間後の外来でT先生に告げ、現在発症している術後の排尿時膀胱痛が治まってからBCG膀注療法を始めようという事になった。スタートは来月以降になるだろう。

そう決めると人間というのはゲンキンなモンで、ならば人生二度目の東京オリンピックを観てやろうとか、人生最後のクルマは何にしようかとか、孫が物心つくまでは生きてやろうとか、まさに世俗の欲が頭の中を巡ってくる。

そういえば、かねてからボンヤリとイメージしていた我が身の68歳往生説も徐々に現実味を帯びて来ているかも。だとしたら、まだここ数年では死なない運命なのかもしれない。なんてね。




新しいスタートが近づいて来た

さて、4年5ヶ月余りの間に通算4回目となった膀胱内視鏡手術(TUR-Bt)も23日に終わった。

今回はさすがに軽かったのだろう、術後の出血も目立たず尿色も良く、3日後に尿カテ抜去、その翌日には当初の予定より3日早く退院と相成った。それだけ自宅療養の日数が増えたのはラッキーだった。

自宅でも以前の時と同様にソファに寝そべって過ごしているが、今回は頻尿もなく、わずかに排尿後の膀胱収縮時にキズが疼く感じはあるものの痛むというほどのものではない。

この分なら31日の現店舗への最終出勤、2月1日の新店舗への初出勤も問題なく出来そうである。

・・・・・・・

その新店舗だが、先日の20日にお忍びで行ってみた。大通りの真下に地下鉄が通らなければ主要駅から離れた公団の団地などが立ち並ぶ住宅地という、地図で感じた印象そのままの風景だったが、それがドラッグストア市場的に見れば比較的分かりやすいエリアと言えそうだ。

この大通りの向こう側エリアには歩いて数分の場所に大型スーパーがあり、その中には別のチェーンドラッグストアがあった。即ち、このスーパーの商圏の住人の買い物はこのスーパーでほぼ事足り、わざわざ大通りを超えてまでウチの店には来ないだろうからターゲットからは外れるという事になる。

逆に大通りからこちら側の住人は、大通りを超えてさらにその先のスーパーまでは行きにくいから、大通りに面している別のスーパーで買い物をするだろう。そのスーパーにはドラッグストアが無いのでウチの客層となる。加えてウチの店は駅近の立地なので、一部の通勤客もターゲットとなるだろう。

ドラッグストアはコンビニを巻き込んで群雄割拠の戦国時代に突入したこのご時世、全てが自分たちに有利な環境なんてのはあり得ない。強い競合店の存在は当然である。勝負はその店の独自性を顧客のニーズとどう結びつけるかだろう。

・・・・・・・

今度の店も駐車場はない。だが珍しくも件のスーパーの駐車場は無料だった。もっけの幸いとばかりにそこへ車を停めて歩いて5〜6分の店へと向かった。ま、この近辺のコインパーキングは一日中停めても1000円前後なのでリーズナブルだけど。

メーカーのラウンダーからは綺麗な店舗とは聞いていたが、医薬品売場のゴンドラなどは型の古いものだった。店の総売場面積は今の店舗とさほど変わらないものの、医薬品売り場は入口横の出っ張ったエリアにあり、通路も狭く、今の店舗よりも狭い感じだった。医薬品用のレジもアイランドスタイルで、全体的にこじんまりとした落ち着かないレイアウトである。

レジの横には薬剤師の勤務スケジュールカレンダーが掲示されてあり、それを見ると土曜日のマスに斜線が。店長からは常勤とパートの二人体制と聞き、パートの出勤日に私の公休日を合わせて欲しいと言われて承諾したが、土曜日はどちらも出ていないとなっているのは意味不明。もしかして私の着任を機に変更するつもりなのかもしれないが。

そんな医薬品売場には、なぜかウチの店舗では扱っていない商品がいくつもあったし、その逆もあった。これまた以前に見に行った他店舗同様、店舗によって扱い品目が微妙に異なっているのは面白い。本部指示もさることながら顧客ニーズなど、その時の薬剤師の判断の積み重ねだったのかもしれない。

そんなこんなしているうちに、店長らしきユニフォームを着たスタッフが売場に現れたので、そそくさと別の売場に移動したが、全体的に前出しなどの陳列棚の整理は出来ている印象を受けた。店長の顧客目線による指導が徹底しているためか、単に細かい事にうるさいタイプなのかはこれから分かるだろう。

結論として、医薬品売場は通路なども狭いため、品出しや棚替えなども今より余裕を持っては出来ない。ポツンとした位置の医薬品レジに立っているのもナンだし、さりとて巡回するのも狭いゆえやりにくいし、結果的に店舗全体をウロウロしている事になるかもしれない。

この時点で医薬品倉庫の位置や大きさは分からないが、全体的に大きな問題はなさそうだ。そうであって欲しいが。スタッフの人達とはおいおい馴染んで行けるだろう。

このお店で新たなスタートを切って、このエリアで生活している人達のお役に立てたらまた嬉しいという気持ちが盛り上がって来たのをひしひしと感じた次第である。





続・何て日だ〜!

退院し自宅療養していたカミさんも職場復帰し、さて今度は私が無事に父の七回忌法要を務め上げて入院加療へ集中しようと気を引き締めていた矢先、それは突如としてもたらされた。

・・・・・・・

今週初め、開店直後の慌ただしさがひと段落したあたりにエリア責任者が来店。サシで話があるという。

「実は、かねてからの薬剤師不足のため、薬剤師の配置を再検討する必要が出ました。その結果、ここのお店は要指導・1類医薬品の販売を止めて、先生には異動をお願いしたいと思いまして」

つまり、ここよりも売りの大きな店舗ですら薬剤師が足りない状態なので、止む無くここを薬剤師不在店として薬剤師をそこに回すという話である。その状況がすでに複数店舗で起きているため、薬剤師の大幅な再配置をせざるを得ないという。具体的な異動先については明日の会議で正式決定されるとの事。

この店はロキソニンやガスター10、リアップなどを求める常連客も多く、売りも悪くないというのに薬剤師不在店にするのは適当ではないかもしれないが、優先すべき店が他にあり過ぎるため苦渋の決断だとも。

それがトップの経営判断とあっては私個人が抗っても仕方ない。異動を内示されれば受け入れるのも勤め人のあるべき姿ではあろう。

さて、そうと決まったらお次の問題はどこの店舗に移るのか、である。

今年に入ってからの要指導・1類医薬品の販売推移を見ると、前年比半分程度に落ちている店舗がいくつかあった。多分そこは昨年末までに薬剤師が退職した店舗であろう事は察しが付く。異動先はそこのどれかの店舗だろう。

ただ、私にはこの業種に転職した時の譲れない条件があった。

それは、その店舗の主要な客層である。私が相手にしたいのは、あくまでそこに居住しその店を生活の一部としている客層がメインの店舗であって、通勤客や観光客といった客層をメインとした立地の店舗ではない。決して通りすがりのコンビニ・ドラッグストアではない、地道に地元に根ざした店舗なのだ。

ひたすら薬を売るという事に尽力するのではなく、困って相談に来るお客さんのお役に立ちたいのだ。

その意味では現在の勤務店はドンピシャだった。私の生まれ育った下町気質の感じられるお客さんとも相性が良かった。だからたくさんのお客さんから感謝もされた。おまけに大型売り上げ店ではなかったゆえ、適度に暇な時間があったのも肉体的に嬉しかった。

異動先は、果たしてそんな環境に近い店となるのかどうか?

・・・・・・・

話の2日後に再びエリア責任者が店に来た。

そして私に告げた異動先は同じ区内の店舗だった。だだ、ここは横の移動がしづらいエリアなのでその店への通勤時間は今よりも10分強長くなるようだ。ま、それくらいなら大きな問題ではない。

医薬品の売りはざっくり今の倍。週2回勤務のパート薬剤師がいるという。その薬剤師の勤務日が私の公休日となるため、今の公休日と変わるがそれも大した問題ではない。

店舗の立地は駅近だが、その駅が出来て本格的に住宅地が広がったようなエリアなので、オフィス街ではなく、むしろ都区内のベッドタウンっぽい。客層もそこの住人がメインなので、それも問題なし。

というわけで、私はその異動を受け入れた。相変わらずこんな時のヒキはまだまだ強そうだわ。

正直、この仕事に就いて2年半、還暦という歳になって、まさか転勤という事態が来ようとはさすがに想像すらしていなかったけど。

懇意にしていた何人かのメーカーのラウンダーに転勤ご挨拶のメールを送信し、売り場にそのメーカーの製品のフェイスを増やし、あるいはそのメーカーの発注を可能な限り増やしたりして、せめてもの感謝の形を残したりもした。

・・・・・・・

異動が決まってふと振り返ると、今度は今の勤務店の状況が非常に気掛かりとなった。

私がいなくなれば社員は店長とスタッフの2人きり。あとはパートとバイトスタッフでそれも足りてはいない。開店および閉店業務、私の担当だった売り場の1/4を占める医薬品、健康食品、衛生用品などの発注、品出し、売場管理などの業務はパートやバイトスタッフは担当できないとなると、残った2人には地獄の日々となる。想像するたびに店長共々ひたすらドヨ〜ンとするのみだった。

ところが、世の中なかなか捨てたモンじゃございませんでしたよ!

私が異動先を聞いたその晩、何気に店内を巡回していると背後から聞き覚えのある声が。

「先生、お久しぶりです。私、またここで働こうかと思って」

見れば、かつてこの店で働いていた登録販売者で、ある時、大型家電店のドラッグコーナーへと転職して行った女性だった。

そこから店長の下に連れて行き、彼女の経歴を紹介し、開店および閉店業務もやっていた事、社員並みの時間で働きたいという希望を聞くに至って、店長から「先生、捨てる神ありゃ拾う神もあるんですね〜!」と嬉しい悲鳴が飛び出すまでさほど時間は掛からなかった。

訊けば彼女、より大きなステージを経験したくて大型家電店へ移り、事実、そこのメンバーカード獲得コンクールで本店内一位を獲得するほど頑張ったらしい。その後、私生活の変化によって少し落ち着いた環境に戻ろうと考え、勝手知ったるこの店が求人をかけている事を知って来たという。

ウチの業務を一から教える手間もなく、登録販売者で開店閉店業務もこなせ、医薬品を担当してみたいという人材を見送る人間などいない。即刻エリア責任者へ電話し、私が出るからと二つ返事で許可も得られた。良かった良かった、これで安心して異動出来るわ。

そんなこんなでまたまたこんなジェットコースターのような日を過ごしたのだった。

やっぱ何て日だ〜! だよね?





何て日だ〜!

何とか新年が明け、9日にはカミさんも無事に退院した。
とか何とか言ってるうちに、今年ももう10日が過ぎた。

ほーら、時の流れは速いって言った通りでしょ。

・・・・・・・

お店の方もとっくに平常営業の雰囲気に満ちている。

そんな今朝、まずやって来たのは今日帰国するという韓国人母娘。

たどたどしい日本語で「太田胃散はありますか?」と訊いてきたので案内する。しばらくすると太田胃散とキャベジンコーワを持って来て「どっちの方が効きますか?」と。

慌てて症状を尋ねると、どうやら胃ではなく腸にガスが張って便秘もあると言う。ならば胃薬ではなく、腸のバクテリアバランスを整えてガスも抑えるザ・ガードの方が適していると提案、彼女は納得してそれを買って行った。

最初から相談してくれりゃ良いのに。

・・・・・・・

続いて、対面の調剤薬局の女性薬剤師が訪ねて来た。

バリ島から来たインドネシア人が頭痛、咳、喉の痛みを訴えて来たのでOTC薬を出した。ところが対象患者は13歳と判明。薬を見るとパブロンAX。主成分がイブプロフェンなので15歳以上でないと飲めない。他に代替薬を置いてないので、こちらへ連れて来て良いかという依頼だった。

英語しか話せない女性2人組。ならばこちらも得意(?)のブロッキング・イングリッシュでその旨を伝え、喉痛緩和のためのキキョウエキスが入ったエスタックGLを勧めて一件落着。

・・・・・・・

昼下がり。やって来たのは某メーカーのかなりオバさんラウンダー。

一通りの売り場点検が終わったら、実は今月の22日から他社のラウンダーへ転職するとのご挨拶。

「22日だったら私の入院と同じ日ですね」と言ったら、
「先生、どうされたんですか?」と訊くから、これまでの経緯を説明。

すると何を思ったか彼女、持って来たカバンに走り寄って新聞記事のコピーを出して「決して勧誘じゃないですけど、富士山方向に向かって祈れば奇跡が起るんです!」と言い出した。新聞はその宗教の刊行物だった。

来たぁ〜〜〜!

なんでも、その顕●会とやらは日蓮大聖人の本物の宗派だから多数の奇跡が起きている。がんや難病も次々に治っているので、最近では医者がそんな患者に「あなたも顕●会ですか?」と訊くほどで、いろいろな医学会で発表されているとか。そんな発表は今まで見た事ないけどね。

奇跡の患者だか信者だかが既に200万人ほどいるが、これが600万人になれば国が動いて専用の施設が建立されるんだと。そんな話もついぞ聞いた事ないけどね。

「仏教なら日本にはおたくだけじゃなく多々あるじゃない?」と振ると、「他の宗派は宗祖が中途半端に仏教を持ち帰ったので奇跡は起こらないんです」

「ならば世界的に見れば信者数一番のキリスト教はどうなの?」と突っ込めば、「キリスト教は最後に磔になった宗教なのでダメなんです」

「南無妙法蓮華経と祈れば奇跡が起こるのなら、まさに現代科学を超越した超常現象だろうから、世界が注目してとっくにノーベル賞でも何でも貰えるだろうに」という意識的な茶化しには、「まだまだそれに気がつかない人の方が多いんです」

「先生、私にも奇跡は起こりました! 前に自転車事故を起こしても大きなケガは無かったし、子供が家で火事を起こしても火が途中で消えたんですよ!」 おいおい。

前々からこのラウンダー、何となく常人離れした感性の持ち主、有り体に言えば人と会話の波長が合わないタイプだと思っていたが、やっぱりな〜だった。

今日でお別れで良かった良かった。

・・・・・・・

さて、夕方5時も回った頃、プロモーション用の棚替えのために来てもらった別のメーカーのラウンダーが資材を持って現れた。ようやく待ち人来たりである。

彼女と二人掛かりで90cm幅の棚を対象製品や空箱などで陳列し、体裁を整える。これを急いだ理由は、本部指示の展示コンクールとやらで15日までに写真を撮って報告しなければならないからだった。ハナから入賞など目指しもしていないが、やらないと何かと面倒なだけである。

この彼女も、本来は来月から担当店が変わる事になったけど、このお店は先生が面白いから引き続き担当しますと言ったらしい。

それ、「面白い」じゃなくて「カッコいい」じゃないの? と言いかけたが、まあ、どっちでもいい。人と人との仕事をしていると、思わぬ部分で気に入られるケースもある。もちろんその逆もあるが。

ともあれ、これにて本日やるべき仕事は完了。最後でちょっといい気持ちにさせてもらったが、やっぱり朝からなんて日だ〜!





Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-