FC2ブログ

最終兵器「坐薬」

相変わらず続く膀胱痛。立っても座っても歩いてもツーンと来る鋭い痛みが断続的に起こった2年前よりはまだマシだが、それでもその日その時になってみないと分からない痛みの程度と頻度が仕事を邪魔しに来る。

もはや期待されたロキソニン+イブプロフェンなんて組み合わせもほぼ通用しない状態で、こうなったら最後の武器を手に入れるしかないと思い至った。

それはボルタレンの坐薬。それも術後に麻酔が切れた後の疼痛を緩和してもらった50mgのヤツ。これを外来受診時に主治医に所望。取り敢えず頓用という事で10個ほど処方してもらった。

で、早速翌朝の出勤前に本日の先発投手として投入。坐薬は滑りを良くするために基材にグリセリン脂肪酸エステルという油脂成分が含まれているため、投入後しばらくすると投入口付近がヌルヌルした感じがして来る。便通も良くなるので、必ず排便を済ませてから投入しないとオジャンになるし。(^^;)

だが、さすが麻薬を除いて最強部類の鎮痛薬ジクロフェナク、坐薬という投与経路も手伝って投入後15分〜20分で痛みの感触が薄まって来る。これなら少なくとも午前中は凌げる。実際には8:30に投入した坐薬は概ね12:30過ぎまで鎮痛効果を発揮した後、徐々に痛みの輪郭がハッキリし出すので、ここら辺りが中継ぎ投手のタイミングとなる。

ただし最初は坐薬の連投は避け、例のロキソニン120mgに中継ぎをスイッチした。坐薬連用は肛門や直腸を痛める恐れがあるからね。

すると、やはり鎮痛効果は弱くなった事が自覚される。だが耐えられないという程でもない。まあ、それも結局はその日の痛みの程度に左右されるのだろうが。

やがて夕刻。これまた概ね17:00過ぎともなると股間がツンツン疼いて来るのを感じる。鎮痛効果の強弱はともかく、その持続時間自体は坐薬も経口薬もさほど変わらないようだ。

で、ここからクローザーとして再び坐薬投入。このまま終業時間を迎え帰宅に至る。この間、もはや身体が痛みに慣れたのかどうか、特に問題なく行動出来た。

帰宅さえしてしまえば、ソファに横になっている限り重力も膀胱出口にかからず、鎮痛薬無しでも比較的平穏に過ごせる。強い排尿開始痛の方は相変わらずだが。

そんな坐薬に味をしめた私は外来受診時に主治医に増量をお願いするものの、保険の関係とかで頓用として1回に10個しか処方して貰えない。これまで2回(20個)手に入れたが、痛みのキツイ日などは先発・中継ぎ・クローザーと坐薬3連投の日もあるゆえ、当然足りなくなる。

そこでカミさんの有料ホームの訪問医のクリニックを受診して相談。腰痛(痛みを堪えて変な姿勢で立ち回ると腰に負荷が掛かり軽いギックリ腰みたいになっているのも事実)の緩和という事で2個/日×30日処方で60個の坐薬を手に入れた。これで闘いのコマは揃った。嗚呼、ありがたや! ありがたや!

そうこうしているうちに、ここ2、3日は痛みの程度、すなわち膀胱の炎症の程度が弱くなって来ているのを自覚するようになった。強い痛みがあまり出ず、シクシクとした鈍痛モドキだけになったので何とか先発投手のみで乗り切れた日もあった。ただ、2年前もそんな一時期があり、その後またぶり返したという苦い経験があるから、ぬか喜びになるのを警戒はしているが。

何にせよ、鋭く強い針刺し痛が間断なく押し寄せていた地獄の日々に比べれば、今は天国なのは違いない。涙が出ちゃう、だってビビリなんだもん。

加えて、鎮痛薬の種類、剤型による効果や作用時間の差異を身をもって経験出来たのは小さからぬ財産だろう。今後、痛みの相談のお客さんが来た時の言葉に自信が持て、治療提案の説得力が増すこと請け合いだから。

これからも検査結果や症状によってさらなるBCG膀注療法は続くだろう。1クール8回のうち今回はまだ3回。そして投与の都度、このような副作用に見舞われる事は想像に難くない。

CIS(上皮内がん)ともなれば、もはやTUR-Bt(膀胱内視鏡手術)も効果薄、何せ境界線が不明瞭なので削り切れないのだ。だから当面は薬物の膀胱内投与を続けていくしかない。その過程でがん細胞が無くなればこちらの勝ちとなる。負ければ膀胱全摘が待っているだろう。

不安げな私にカミさんは、「重症のがん患者を大勢診て来たT先生からすれば、あなたなんか全然軽い患者なのよ。全摘や転移がん治療の必要もない今は、多少の辛さ不自由さを抱えても生活していけるのだから、むしろ幸運と思えばいいのよ。痛みはガマンしないでどんどん鎮痛薬を使えばいいんだし、そもそも健常人のように何も支障がないなんて事は無いんだし、病気を飼い慣らすってのはそういう事でしょ」

さすがナース、おそれ入谷の鬼子母神!




明日から休養明け

ロシアW杯は、3位決定戦でベルギーがイングランドを2-0で破り、決勝戦はフランスがクロアチアを4-2で破り、ジダン以来20年ぶりの世界一に輝いた。

今大会はカウンター攻撃といい、個人のドリブル突破といい、驚異の反撃スピードがモノを言った大会だった。ベルギーのアザールしかり、フランスのエムバペしかり。

今後、この攻撃システムが世界の本流となるかもしれない。

・・・・・・・

そんなニュースを尻目に膀胱の針刺し痛が勃発した私は、先週の水曜日の早退から休養に入り、ようやく症状がやや緩和したため明日から職場復帰する事となった。休養の間はほぼ終日、横になって安静を通した。

正直、2年前のBCG膀注療法後の同じ症状に苛まれた時は症状消失まで5ヶ月を要したので、わずか9日間の休養ではさほど改善は望めないだろうと思う半面、それでも今回はひと月間隔で3回終了しただけだから前回よりまだ軽い状態だろうとの望みもあった。

結果として完全ではないものの、最も辛い針刺し痛は、思い余って編み出したロキソプロフェン+イブプロフェンの鎮痛薬ミックスで何とか耐えられるようにまでなったので、恐る恐るではあるけれど復帰に至ったというワケである。頻尿と排尿痛は相変わらずなので、かなり心もとないけど。

とはいえ、突然の欠勤続きとなり、お店のスタッフには多大な迷惑をお掛けした事を陳謝すると共に、暖かい目で休養を取らせてくれたH店長には改めて感謝したい。

・・・・・・・

それにしても横になってテレビを見たりスマホをいじったりして過ごす一日の何と儚くつまらん事よ。

休養以前から午前0時以前に寝る事はまずない。夜間頻尿のため3時から7時頃の間に2度ほど起こされる。

迎えた朝は、いつもの起床時間とほぼ同じで午前8時少し前から始まる。テレビでは朝のワイドショーが始まる時間。ネスプレッソを入れ、朝食のパンを食べた後、1回目の鎮痛剤ミックスを飲む。

やがて朝のワイドショーも終わり、昼にかけての時間帯のワイドショーにバトンタッチする。その頃になるとFBやTwitterなどのSNSチェックにも飽きて来て、ソファに横になりながら少しうたた寝などをしたりする。

午後2時あたりからは早目のニュースショーやら再放送ドラマやらの時間になるから、適当にそれらをBGM代わりにして本を読んだり軽くギターを弾いたり。遅い昼食もこのあたり。もちろん2度目の服薬も。

夕方からはニュース番組も本格的になって来る。この時間帯は結構目が冴えて、再びスマホをいじったり読書を続けたり。ネット通販をついポチったりしてしまうのもこの時間帯だった。あら恐ろしや。

そして夜。調子のいい時はカミさんや息子が帰って来る前に風呂を入れておいて、観たい番組の前に入浴を済ませる。我が家の夕飯は午後8時前後なので、食後に3回目の服薬。

さらにテレビ番組を観つつ時間が過ぎていく。就寝前には今日一日の痛みの推移や状態を振り返る。

排尿は概ね1時間半くらいの間隔でやって来るから、起きている間に10回〜12回はある計算。その都度強い排尿痛に襲われ、炎症による尿道狭窄のため尿線が細いので気持ちよく出るわけでもない。戦慄のトイレタイムである。

ああ、今日も症状寛解には至らなかったかと凹む。たまたま痛みが少ない日があろうものなら大喜び。でも翌日にヌカ喜びだったと思わされる事も。毎日、ほぼその繰り返しだから我が身ながらイヤになる。

まあ、日がな一日エアコンの効いた部屋にいるので、連日の猛暑に晒されないだけが休養の役得みたいなモンかな。

さてさて、明日から職場でのコンディションはどうなるだろうか?

痛み勃発の恐怖を抱えながらなので動きもスローモーにもなろう。シクシクした鈍痛なら持続してても耐えられるが、鋭い針刺し痛だけはカンベンして欲しい。果たしてどうなるかは運を天に任せるしかないけれど。さあ、行くぞ!




戦慄のトイレタイム

都合4回目の膀胱がん手術(TUR-Bt)を受けたのは1月23日の事だった。術後に待っている再発予防のためのBCG膀注療法は3年前のTUR-Btの時の週1×8回コースではなく、症状を見ながら術後3ヶ月後からスタート、その後ほぼ月イチ間隔で実施し、先月で3回目が終了した。

副作用として頻尿、排尿痛、膀胱痛などはその強弱の差こそあれ、ほぼ必発なので覚悟はしていた。特に3回目直後は15分に一回の極端な頻尿から始まって、長くても1〜2時間に1回と推移して来た。排尿開始時の痛みもそれ相応に感じていたが、以前のような強いものではなかった。もちろん膀胱痛も同様に強いものではなかった。

だが今月5日になってそれは突然やって来た。まさに急変!

まず、BCGによる炎症が膀胱内に留まらず尿道の途中にも勃発したせいか、排尿時の尿が通過する際の痛みの強さが増強した。それを堪えて排尿に至っても尿線が細いのであわや尿閉かと思うくらい出が悪い。おそらく尿道の炎症による尿道狭窄の影響なのだろう。だから膀胱に溜まった尿が全て排泄されない可能性もあり、残尿による刺激がまた膀胱痛や頻尿につながっているのかもしれない。‪

これで戦慄のトイレタイムとなったのは間違いない。さて、今回はいつまで続くのだろうか。

加えて、断続的に股間がツーンと来る膀胱の針刺し痛が出始めたのである。

これが出るとかなり厄介なのは2年半前のBCG療法の時に思い知らされた。あの時は歩いても立っても座っても痛みが走るから、痛みが出るたびに10数秒間、緩和するまで脂汗をかきながら耐えるしかなかった。それがおよそ5ヶ月もの間続いたのだった。今回はまだその時ほど酷くはないものの、仕事中に出ると思わずウッと唸り、集中力が切れてしまう。そのせいで、7日は遂に仕事を休まざるを得なくなってしまった。

半面、こういう副作用が出るという事は結構な事であるとは言える。すなわち、それはBCGによる炎症が惹起されたためであり、炎症によって我が身の白血球ががん細胞の残党を駆逐するという事に他ならない。したがってBCG治療が功を奏している証とも取れるが、この強い針刺し痛にはロキソニンを始めとする鎮痛薬はほぼ無力なのが恨めしい。‬また、なぜ実施後3週間も経って出現したのかもよく分からない。冗談抜きで西日本の広大なエリアに豪雨をもたらした低気圧のせいなのかもしれない。

ともあれ、こうなってしまっては本日予定されているBCG4回目は見送るしかない。それどころか、今回はここまでで一旦終了し、継続する必要があるなら完全に無症状になってから再開するよう主治医に提案しようと思っている。

こんな経験を強いられると、よく言われる「病(がん)は闘うのではなく飼い慣らすべし」の真の意味が分かって来た気がする。

飼い慣らすというのは、必ずしも健常人と同様の「無症状で過ごす日々」ではない。それは何かしらの不都合を背負いながらも己の病状をしっかり管理し、適宜先手を取って対処していくという事であり、背負う不都合の中には健常人にはない辛さも含まれている。それ故に決して無症状の日々ではないが、それでもそうしながらでも生きて行く事が「飼い慣らす」という意味なのだろう。

初めてのTUR-Btから来月で5年が経過する。私の場合は臓器内側の限局性の膀胱がんとはいえ、いわゆる5年生存率クリアは目前である。さてこの先、どこまで「飼い慣らす」事が出来るかな。





夢をありがとう!!!

7月3日午前5時。
W杯日本代表の試合が終わって、今猛烈に感動している。

「さぁーて、いよいよ奇跡が起きるかボロ負けか?
相手は世界最高レベルのベルギー軍団。
勝てば歴史に残るジャイアントキリングで大目標のベスト8進出だ!
ワクワクだけど、キックオフにゃまだ早い。
目覚ましかけて先ずは寝よ。(^ ^) 」

そして午前3時。いよいよキックオフ!

「立ち上がり、日本はベルギーに互角以上に渡り合っている。
ベルギーのディフェンス陣は早い連携で十分に崩せる。
しかしベルギーのオフェンス陣はボールを持たせると怖いな」

「ベルギーのコーナーキックが連続している。彼らのセットプレーも怖い」

「乾のヘッド〜!!
キーパー正面で惜しい〜!」

「大迫のツメにボールはGKクルトワの手をすり抜けてコロコロ。あと少しでゴールへ! これまた惜しい〜!!」

「ここまで0対0で前半終了。
さすがにベルギーの攻撃が激しいものの、ここまで無失点で切り抜けたのはプラン通りだろう」

「原口〜! やった〜!!!!
ゴーーーール!!!!
日本先制〜〜〜!!!!!
凄い展開だ〜〜〜!!!!
起きてて良かった〜!!!!」

「乾〜〜!!!! ゴーーーール!!!!
すごいぞ日本代表ーー!!!!
ベルギー相手に何と何と何と2点目〜!!!!!
夢じゃない!!!!!
今、確かに奇跡が起ころうとしているーーーー!!!!!」

「日本国民よ、全員起きろーーー!!!!
我らの代表が奇跡を起こしているぞーー!!!!」

「あの最強ベルギーに2点もリード!!
この至福の時間帯を全国民で味わおう!!
後は前半同様にしっかり守り、30分過ぎからはボールを回せば勝ちが見える!!」

「あ〜!!
ベルトンゲンのヘッドが「たまたま」ゴールの隅へ〜!!
なんのなんの、1点くらい想定内ですよ!
ここからここから!
さあ、取られたら取り返しましょう!!」

「あれーーー!!
アザールからフェライニのヘッドでベルギーに追いつかれちゃった〜!!
いやいやいやいや、これでリスタートだよ。
まだ負けちゃいない!!」

「そろそろ選手交代で空気を変えようか。
よし、本田と蛍を投入。
もう1点狙っていこう!!」

「クゥー! シビれるー!! 川島〜!!!
シャドリのヘッドにルカクのヘッドをスーパーセーブ連発でガード〜〜!!!」

「本田のFKは得意の無回転シュートだ〜!!
見事に枠に行ったもののGKクルトワがセーブ。
後半アディショナルタイムは4分、さあ、ホントの正念場はここからだぞ!!」

「ベルギー、絵に描いたようなカウンター。
デブライネからムニエのクロス、シャドリに逆転ゴールを許してしまった〜!
万事休すか〜! ああ、虚しくホイッスル〜!

歴史は、変えるには重かったかもしれない。

でも最強の相手にこれは大健闘だろ?
彼らに思い切り拍手を送ろうじゃないか! 涙」

驚いた。笑った。泣いた。

日本代表、心からありがとう!!



Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-