緑のたぬき

衆議院解散前後からこの一週間あまり、政界を取り巻く状況が日々刻々驚く程の変化を見せている。

時系列を追うと、まず9月25日、それまで若狭氏と細野氏とで取り組んでいた新党立ち上げ準備が思うように進んでいない事に業を煮やし、小池氏は会見を開いて「希望の党」という党名発表と「リセットする」という得意のセンセーショナルワードで自らが代表に就いた。

そして2日後の27日に14名の議員と共に結党会見に至るのだが、実は水面下でその前日の26日に民進党の前原代表と合流の合意をしていたのだった。かくして民進党の衆院議員は解党同然となり、立候補予定者は希望の党の公認を得て立候補すると思われた。

そして28日、臨時国会が召集されたものの、モリカケ問題も北朝鮮問題も審議されないまま冒頭解散となり、前原代表は民進党の議員総会に於いて「どんな手段を講じても安倍政権を倒す。名を捨てて実を取る」と訴え、民進党からは公認候補を出さないとした。

ところが解散から明けた29日、小池氏は「民進党から全ての人を受け入れる気はさらさらない。排除はします」と発言、民進党左派(護憲=リベラルではないので敢えてリベラルとは記さない)は無所属出馬を強いられる事になった。希望の党は議員の就活互助会ではなくなった。

だが、「遠慮いただく」ならまだしも、この「排除する」というセンセーショナルワードはいただけない。この言葉によって、それまで彼女の作って来たジャンヌ・ダルク的イメージが覆る事態にもなりかねないだろう。

返す刀で30日、今度は「三都物語」と称して松井大阪府知事、大村愛知県知事と選挙での連携を結び、大阪では希望の党から候補者は立てないとまで宣言したのだった。これって彼女が否定していたはずの「しがらみ」そのものじゃかなろうか?

小池氏による事実上の民進党左派潰しの様相を呈して来たが、事態はこれでは終わらなかった。今度は枝野代表代行による新党「立憲民主党」が立ち上がって、希望の党に排除されるであろう民進党左派の受け入れを表明した。

これにより旧民進党の立候補予定者は、希望の党の公認候補(細野氏、長島氏、松原氏、玉木氏など)、無所属候補(前原氏、野田氏、岡田氏、江田氏、安住氏など)、立憲民主党の公認候補(枝野氏、菅氏、長妻氏、赤松氏、辻元氏など)という色分けとなった。

・・・・・・・

10月10日の公示までわずか一週間のこの時期にここまでのドタバタ劇は前代未聞であろう。小池氏は過半数超えとなる233の候補者を立てて政権奪取を狙うと言っているものの、自らは頑なに出馬はしないと言っている。ならば、万一希望の党+野党連携であれ過半数の議席を獲った場合、首班指名を誰にするかという問題となる。ま、その時は辞職議員でも出してその補選に出るという手もあるし、逆に過半数に届かない負け戦の可能性がある限りは都知事のポストを投げ打って出るはずもなかろう。もちろん緑のたぬきゆえ、それもどうだか分からんが。

一方の自民党は、特に改憲こそが何よりの悲願である安倍氏は、希望の党の出現で改憲勢力の増加が望めるし、改憲議員が2/3に達するのなら自民党以外の議員でも一向に構わない。むしろ加憲だナンだと口うるさい公明党の顔色を伺わなくても済むのだから、肚ではほくそ笑んでいるに違いない。多少自民党の議席が食われても改憲勢力が増えれば良いのだから、安倍氏としては楽な選挙である。

希望の党勢力が過半数に至らなければ、機を見て小池氏は相当数の議員を引き連れて希望の党を割り、自民へ合流するかもしれない。そして改憲発議に協力した功績でポスト安倍として初の女性総理大臣となるのが彼女のゴールではなかろうか。決して荒唐無稽な展開とも思えないが。

・・・・・・・

ここからは私見。

もうすぐ希望の党の公認候補が発表されるだろうが、立憲民主党の公認候補といい、この顔ぶれが本当にこの国の舵取りを任せていける政権交代勢力と言えるだろうか?

あっさりと自民党を裏切った政治家見習いを脱せない若狭氏、安保法案反対が掌返しの路チュー細野氏、追求相手から献金を受けていた玉木氏、言わずと知れたパヨク辻元氏などなど。そして自ら船に穴をあけるような船長前原氏に任せられるだろうか?

マスコミも小池氏に乗せられてその話題ばかり。小池ブームと言ってもせいぜい東京だけで、地方ではほとんど盛り上がりもないと聞く。何より彼女のミエミエの権力欲の片棒を担ぐ有権者の一人であっていいのだろうか?

国際情勢、国内問題を鑑みるにつけ、元来、強大なものに反旗を翻して挑戦する革新勢力好みの私であるが、今は保守に一票を投じて舵取りを委ねたいと思わざるを得なくなったのが本当のところである。





ケイロウノヒ

昨日の敬老の日、17日までのシニア対象の割引デーの翌日だというのに、相変わらずお店には高齢のお客さん濃度が高かった。

ニュースでも「どの年齢から高齢者だと思うか?」なんてアンケートを取り上げていたが、回答者の5人に2人以上が「70歳から」と答えたそうである。思えば40〜50年前は「高齢者」というワードもなく、老人ホームや老人保険とか「老人」という言われ方が一般的だった。そしてその老人は概ね60歳以上をイメージしていたのを覚えている。それは自分にとって想像もつかない遥か彼方の時間そのものだった。

近年は医学の進歩だろうか、人生80数年時代である。そうなると60歳くらいではまだまだ老人というカテゴリーには含まれないだろう。いつの間にやら遥か彼方の時間の先へ辿り着いてしまい、年明けには還暦を迎えてしまう、かくいう私自身もそんなイメージはとてもじゃないけど持てない。お店のお客さんからも「おにいさん」としか呼ばれないしー。

「老人」から「高齢者」へよりソフトな呼び名に変わったにも関わらず、アンケートの集計でもそんな時代の変化を端的に表していると言えよう。

・・・・・・・

そんなワケで還暦を迎える私、何かお祝いの品をと珍しく我が家の財務省から予算執行の許可が出た。出たはいいが、記念品として色々と思い巡らしてもなかなかいい案が浮かばない。「いいあんと言えば的場の小倉あん(古ッ!)」とばかりに結局は趣味の品、すなわちアコースティックギターに行き着いたのだった。

しかし一口にアコギと言っても、我が家にはすでに40年来の憧れだったMartin D28M、エレアコとして半額セールで買ったFender CD-220CEの他、ヤフオクなどで買った有象無象の中古アコギが数本いる。そんな中で選択肢となり得るのは、気軽に取り回せるコンパクトギターしかない。もちろん予算に糸目をつけなければ欲しいフルサイズギターはいくらでもあるが、しがない高齢労働者ともなればそんなゼイタクは通らない。

限られた予算、取り回しが良く音も良いアコギ。これをキーワードに思いを巡らせれば、浮かぶのはLittle Martin、TaylorのBabyかGS miniシリーズ、国産で評価の高いK.Yairiあたり。

ネットで該当製品のラインナップやマテリアルを調べ、You Tubeで音を聴き比べる。ここまで一歩も外へも出ずに事足りる時代というモノを感じつつ。当然ながら楽器は筐体が小さくなるほど音質が軽くなり、残響も少なくなるので、いわゆるミニギターではどうにも音がチャラいのが耳についた。よって、ターゲットはミニではなくコンパクトサイズのギターに絞る事とした。

・・・・・・・

そんな紆余曲折の末に最終候補をTaylor GS miniとK.Yairi RFシリーズとし(ホントはMatonというハイグレードなコンパクトギターもあったが、いかんせん軽く20万円越えなので断念!)、実物を見に楽器店へ。

豊洲のS楽器では藤原竜也似のバイト君と色々話をし、展示されていたK.YairiのRFシリーズを試奏したところ、思ったよりも鳴りが良く、ならばスプルース単板+オヴァンコール単板のRF-K13とスプルース単板+ローズウッド合板のTaylor GS mini-eの試奏を希望し、入荷連絡を待つ事にした。

その間に訪れた新宿のY楽器はTaylorギターが一室にフルラインアップされ、かつK.Yairiも豊富に揃っているお誂え向きのお店なので、特に大きさを比べるにはもってこいだった。K.YairiはRFシリーズに加え、この店オリジナルのYF0018とより小型のYFP-01を比べたが、小型ボディの割に胴厚が厚い事に気付き、取り回しの点で疑問が出た。続いてTaylorはGS miniとBaby Taylorを比べたが、明らかに音量、音質の点でGS miniの方が上回っていた。

・・・・・・・

という事で、私の気持ちはGS miniに固まったが、問題は材質だった。

スプルース表板+ローズウッド側裏板は何度も何度もYou Tubeのデモを聴き比べてベストだと思うが、すでに持っているMartinと基本的に同じ組み合わせ。それよりもやや乾いた感じだが、ウクレレほど軽くなく心地良い音質のオールコア板と最後まで悩んだ。素晴らしく魅力的であるが、幸か不幸かY楽器にはローズウッドモデルは置いてなく、オールコアモデルしかなかったのでお買い上げはペンディングとなった。

それから数日、S楽器からの入荷連絡を受けて試奏に赴いたのが15日。この日は4回目の膀胱内視鏡によるフォロー検査だったが、今回も異常なしの診断を受け、ルンルン気分で車を走らせたのだった。

ローズウッドは環境保護の観点から新たに規制を受ける材料となったため、GS mini-e Rosewoodは2016年で生産終了となっていて、市場在庫が決して豊富にあるわけじゃない。S楽器の総力を挙げて(?)入荷された2本も他店で展示販売されていたものらしく、一本目はボディ底の1ヶ所にわずかなキズがあったが気になるほどではなかった。もう一本は表板とネックの2ヶ所にキズがあり、これは少し目立っていたので、選択肢は必然的に決まっていた。

・・・・・・・

Taylorギターに張られている弦は、煌びやかな音と長持ちコーティングで高評価のElixir(エリクサー)なので、帰宅して弾き込むと眠っていた音がさらに魅力的に蘇った。さすがに手元のMartinやFenderのフルサイズギターには及ばないものの、目を瞑って聞く限りはコンパクトギターの音にはちょっと聞こえない。こりゃいい買い物だったと言える。

さっそく弦高を下げるためのTUSQのサドルとドットインレイシールなどを発注。手軽にカスタマイズに踏み切れる気軽さもイイね。

来月、1年ぶりに参加する前社旧部署のキャンプにFenderに代わって持って行こうと思っているが、その頃には今月解散が予定されている衆議院選挙の結果も出、次の日本の政治事情のカタチも決まっている事だろう。

そこには他人にキツく自分に甘い「不倫ガソリーヌ志桜里」、「一線越え絵里子」、「このハゲ真由子」の面々が消えている事を期待する。

あ、そうそう、消えて欲しい税金ドロボーはまだいたわ。「不倫重婚キング俊直」と「暴言クイーン小百合」&「失言クイーン朋美」もね。




インターン薬学生

先日の日曜日、一人の薬学生(4年生)がインターンとしてウチの店にやって来た。

先月、その旨を伝える業務メールが一本あったので取り敢えずその認識はあったが、インターンの研修内容はおろか、それは彼女の大学が企画したものか、それとも企業側が企画したものかも知らされず、ましてや私の公休日の代替薬剤師の派遣などの手当ても不明瞭という、いかにもウチの人事部らしいいい加減さのままその日を迎える事となったのだった。

彼女にその辺りを訊いたら、今後、病院実習や調剤薬局実習は必修科目として予定されているが、ドラッグストア(OTC薬剤師業務)の実習は必修科目ではなく、彼女の研究室からの任意参加だったようだ。そして、医薬品のみならずドラッグストア業務全般を経験するという趣旨だという事も明らかになった。

というワケで、初日の日曜日はちょうど納品日だったので、薬剤師の役割や業務の概要の説明をした後、品出しを手伝ってもらった。この日は発注品目が200弱と多めで、加えて本部からの送り込み品もあったので、終わるまでに数時間を要した。もちろんその間にお客さん対応をする私の傍らでその様子を観察してもらった。夕刻には私がメモしておいた発注品の入力を手伝ってもらったりもした。

何せ、彼女の立場は薬学生であって薬剤師ではないし、さりとて登録販売者でもない中途半端な立場なので、お客さんの治療相談に対して答える資格は持っていない。許されるのは、せいぜい尋ねられた商品の場所を案内する程度なのだが、そんなものは初日から頭に入っているワケもなく。なまじ持参した白衣を着用しているモンだから、お客さんからすれば立派なスタッフに見えて遠慮なく尋ねて来るし、その都度私がバトンタッチするから二度手間となって効率が悪いが、これは仕方ない。

・・・・・・・

彼女が毎日書く一枚のレポート(日誌)にコメントを書くのも私の仕事。お客さんが途絶えた時間などに、問われるまま進路の話などをしたり、薬剤の違いや選択の基準などを答えたり。それらを踏まえて数行のコメントを書く。

卒業後に薬剤師の進む道は、私の時代は公務員は別として、せいぜい製薬企業か病院薬剤部の二択だったが、近年の調剤薬局を含めたドラッグストアチェーンの拡大に伴ない、3つ目の道も出て来たと思われる。

いくら薬学部が6年制になろうとも、こと医学の知識に関しては卒業後に学ぶ事が遥かに多いし、医療従事者の一人としてその必要性は言うまでもない。その環境が最も整っているのは製薬会社だろう。特に営業職であるMRは、様々な社内研修に加え医療現場で直接医師などの医療関係者から教わる機会に恵まれている。しかしながらMRは直接患者とのアクセスはご法度で、医療関係者を通して情報を得るしかないので、ある意味の隔靴掻痒感は拭えない。近年、MR数の削減が検討されている現状で、就職先としてどこまで開かれた門戸かは不透明となって来つつある。

病院薬剤師は今や調剤室に留まらず、病棟などへ積極的に参画している。何より直接患者との接触機会が豊富なので即戦的でリアルな学習機会が得られるのは大きい。但し、病院薬剤師として修得すべき専門資格も多岐に渡り、一旦別の進路に進んでから途中参入するのは難しいと聞く。ましてやこのご時世からか退職者も出難くく、いきおい狭き門戸となっている病院も多いという。学会や講演会などを通じて最新の医薬情報や調剤技術に接する機会も他の業種に比べて多いと言えるだろう。

さてドラッグストアはどうか。この進路に進んだ場合、最もツブシが効くのは調剤薬局である。調剤薬局の薬剤師は看護師同様に人手が不足していて全国レベルで求人が多いので、より良い条件での転職もしやすい。但し、会社からジェネリック薬の推進やかかりつけ薬剤師指名などの各種加算取得のためのノルマを求められる事も多く、これが少なからぬストレスとなっているという話も聞く。保険調剤の知識とスキルを習得してしまえば独立開局する事も可能だろうが、これまた近年の医薬分業の停滞から簡単ではなくなっている。

こうして見ると、初めは製薬企業や病院などで医学知識を学びつつ経験を重ね、いずれ調剤薬剤師かOTC薬剤師としてその土地の患者に接し感謝される存在になれたら幸せなのかもしれない。何れにしても人が人に関わる仕事ゆえ、専門知識と共にコミュニケーションスキルが重要と考える。この仕事を選ぶ限り、人に興味を持ち、人と関わる事に抵抗があってはならない。特に最近の薬学生は、先輩と関わらざるを得ないクラブ活動もせずに帰宅部に徹する者が増え、加えて基本的にしゃべりが苦手な薬剤師が多いと言われるが、そこは是非改めて欲しいと思う。

・・・・・・・

昨日で現場研修も終わり、今日は仕上げに親会社の本部に集まって半日研修を受けているようだ。彼女の日誌へのコメントには、現場で見えた事、聞けた事、知り得た事(すなわち見聞と知見)を整理・理解して、実りある人生のための進路を選んでくださいと書いた。

ウチの店の近くに自宅があると言う彼女、あと2年したらどんな道を選んでいる事だろうか。機会があればその答えを聞いてみたいなと思っている。





反安倍の彼方

森友問題に続いて加計問題は、ついに国会終了後の閉会中審査にまでもつれ込んだ。これは他ならぬ、今月初旬に実施された都議会議員選挙における自民党の大敗に象徴される支持率の急降下によるものである。

・・・・・・・

実に2/3以上という、公明党を含む与党の圧倒的議席数を獲得した安倍政権は、野党の弱体も相俟って正に一強状態となり、安保法制可決に始まりこのまま改憲発議まで一直線に突き進む様相を呈していた。

そこへ降って湧いた森友問題を端緒に、強者の奢りとしか思えない務台「長靴業界儲かった」政務官、今村「東北で良かった」復興相、稲田「違法選挙応援」防衛相、山本「学芸員はがん」地方創生相など閣僚達の失言、そして加計問題。それらに対する安倍首相や菅官房長官の強気の上から目線対応などに対する国民の反発がその原因であったと言えよう。

もともと質の高い人材とは思えないような閣僚の面々ゆえ、遠からず安倍内閣の足を引っ張る事態を招く事は想像に難くなかったとは言え、まさかここまでワキが甘いとは思わなんだ。

特に稲田防衛相の都議選候補者への応援演説でのたまった「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としても(一票を)お願いしたい」のセリフは道義的にはもちろん、法的に見てアウトだ。自ら法律のスペシャリストである弁護士であり、言葉のスペシャリストである政治家とは思えないアフォさ加減である。しかも「誤解を招きかねない」と撤回したが、どこが誤解を招くというのか? 誤解の余地すらないド真ん中直球の発言ではないか。

・・・・・・・

さて、私から見た加計問題の本質はこうである。

獣医学部新設の悲願のため、構造改革特区の頃から手を挙げては門前払いされて来た申請自治体の愛媛県今治市と事業主体の加計学園。国家戦略特区になっても申請するのは言わずもがな。そんな歴史があるから計画内容はハナから他者よりも具体的で、自治体共々加計ありきで進むのは自然な成り行き。

その加計に対して、政府の開学時期を含めた特区の早期実施という命題の下に、行政側が事前相談を受けたり認可条件に対する不備を助言しながら認可に持って行くのも当然の推移。にわか仕立ての京産大が辞退したのも当然の結果と思われる。

そもそもアベノミクスの経済成長戦略の下の事案である限り、首相をはじめとする政府の意向が反映されるのは当たり前で、だからこそ、そこにさまざまな解釈が出来るような場面も生まれやすくなる。組織における人と人の間には「忖度」も生じるだろうし、長い友人関係の中で思わぬ「利害関係」が生じることもあり得る。それらをネガティブに受け取れば「疑惑」にも映る。

これら一連の疑惑に対して、さまざまな関係者が語っているが、彼らも人間である以上、記憶の曖昧さ、思い込み、恣意的な解釈などが言動や文書で飛び交うのも当然だろう。要は難癖をつけようと思えば、それなりのネタは出て来るだろうし解釈も可能だ。だが、「無い」の証明が不可能な限り、最後は水掛け論に行き着くしかない。

・・・・・・・

それでもここまで疑惑を犯罪として裏付ける決定的な証拠が出てこない以上、もはや明確にクロとは言えない。にも関わらず、野党や反安倍世論が安倍おろしに躍起になる背景には、支持率低下による政権不安定を通じて、安倍政権の目指す最大目的である憲法改正を阻止しようとの思惑が透けて見えるのである。

誰が言ったか「もり(森友)、かけ(加計)、(安倍)おろし」

蕎麦屋じゃあるまいし。






Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-