FC2ブログ

予期せぬ展開

新型コロナウイルスワクチンの接種は医療関係者から高齢者へと進み、最近は職域接種も開始されている。

一時心配されたワクチン不足も懸念に終わった。ここは、遅ればせながらもメーカー各社に渡って手配した政府を素直に評価したい。

それでもアストラゼネカ製のワクチンは血栓症の副反応情報などで敬遠され、一部台湾に寄付されてもなお余剰状態らしいけど、本日内閣不信任案を出した野党を始めとしてここを責める論調は完全に後出しジャンケン、結果論に過ぎない。

世界が混乱し、ワクチンの承認・供給も定かでなかった時点で、誰が初めから当たりくじだけを引けるというのか。これは立派なリスクマネージメントである。

・・・・・・・

さて、私の居住区では高齢者に関わらず接種券が発送され、まだ高齢者手前の私の元へも届いた。本来なら今日から区内の個別接種対応医療機関で予約が開始されるのだが、ここで突如として予期せぬ展開が‼️

実は本日、カミさんの勤めている有料老人ホームで2回目の接種があるのだが、キャンセル者が出たために急遽私が呼び出され、余剰分の接種をする事になったのである。ホームのある新宿区はたとえ1回分でも廃棄はNGと言ってるらしいので、あれこれ手を回した結果の窮余の策だとか。

ワクチン接種は、インフルエンザなども少年時代の集団接種以来していない(代わりに治療薬は常備)し、周りにワクチン接種者が増えれば自動的にバリアが張られるようなモンだから、大の注射嫌いの私としてはまあゆっくり構えていればいいやくらいに思っていたのに(^^)

・・・・・・・

夕刻、指定された時刻にホームへと接種券セットの入った封筒を手に車を走らせた。

この老人ホームの中に入るのは初めてだが、さすが高額入居金を取っているだけあってなかなか立派である。ミニホールにはドラムやギターなども置いてあった。高齢者にどれだけ訴求出来るかは知らないけど。

予診票に記入して医師の問診を受け、そのまま接種。文字通りあっという間に終わって、15分待機した後に帰宅。発熱はもちろん、今のところ接種部位の痛みも無い。

・・・・・・・

かれこれ1年半も続いているコロナ禍。やれ蔓延防止措置だの緊急事態宣言だのと国民の生活に我慢を強い、経済を低迷させてはいるが、ここで冷静に事実を見ると… 。

一昨日までのデータによれば、日本全国の累積感染者数は約77万4千人、累積死亡者数は約1万4千人である。

これは人口1億2千万人として計算すると、何と総人口の99.3%は未感染、99.9%は少なくとも新型コロナ感染症で亡くなっていないという事になる。感染者数を母数に置いても死亡率は1.8%である。

新型コロナのおかげで全く鳴りを潜めたインフルエンザでさえ、毎シーズン1000万人が感染(総人口の8%)する。また、国内では何らかの原因で毎日3千人以上が亡くなっている。それらに比べて新型コロナ感染症は桁が少な過ぎると言えないだろうか。

確かに欧米などでは桁違いの感染者数、死亡者数が出ているから、世界的な危機と捉える事は出来るものの、こと日本国内に限れば所詮この程度の規模である。

突然クローズアップされたECMOにしたって、従来から一部の重症肺炎患者には適用されてはいたが、ここまで表に出てくる事はなかったはずである。そもそも肺炎を直接の死因とした死亡者数は国内第3位である。つまり大多数の人間は最後は肺炎で亡くなるという事である。

さらに政府によれば、この秋までに大多数の国民へのワクチン接種が完了するというので、その時点で改めて一連の新型コロナ禍というものを振り返ってみる必要があるだろう。



緊急事態だけど

コロナ禍はまだまだ収まりそうもなく、大阪の新規感染者数が東京を超え全国最悪になっている。重症者受け入れ施設のベッドも足りなくなり、増床と引き換えにコロナ以外の重病患者の治療に支障を来たしている。医療逼迫と言うよりもはや医療崩壊と言ってもいい。従来型と病態も異なる変異株も猛威をふるっている。

そして先月25日、三度目の緊急事態宣言が大阪、京都、兵庫と東京都に発出された。だが去年の発出時とは異なり、このGWは東京脱出とばかりに高速道路は大渋滞という有様だ。近場の観光地も人手でびっしり、巣ごもり食材の買い出しのためか郊外のショッピングモールも大混雑で、どうやら人々は緊急事態宣言に対してワクチンよりも早く免疫を獲得してしまったみたいである。

そのワクチン接種も少ないワクチンを高齢者優先に接種が開始されているものの、肝心の接種者である医療従事者への接種も遅々として進んでいないという本末転倒。国は来月末までには高齢者への十分量を入手出来ると言っているが、それらが速やかに接種対象者へ接種出来る体制構築には疑問が残る。

そんな中で、未だに東京オリンピックを開催するか否かの本質的な議論は先送りされ、国も東京都も開催ありきの姿勢は変わっていない。確かに開催側から中止を申し入れた場合、IOCに対して多額の補償金を支払わなくてはならないから安易に口に出せないのは理解できるが、何はともあれ開催ありきでコロナ対策が左右される事態はどうなのか。

・・・・・・・

我が家では、私もカミさんも年中無休で回している仕事に就いていて、下の息子はIT関係の仕事でとっくにテレワーク。

そんな中でもまだ家族、親族、友人、知人、同僚などにコロナ感染者が出たと聞いた事はない。これは昨年から感じていたが、新型コロナ感染症が季節性の風邪やインフルエンザとは桁の違う感染者数である故なのだろう。

私もカミさんも仕事とはいえ、これほど連日不特定多数の中を移動したり接客したりしていても感染を起こしていない(少なくとも私は入院前PCR検査で陰性だった)。だから逆に感染リスクのイメージが掴めないから、コロナ以前に比べてマスク着用以外は特に変化はなく、日常生活の上で余計なストレスは感じない。

まあ今後はワクチン接種が我々世代に順番が回って来るまでこの状態をキープしていければ良いのだろう。あるいはインフルエンザのように、大多数がワクチン接種が当たり前になったり治療薬が登場したりすれば、新型コロナ感染症はそれらの感染症と同様に人間社会に溶け込んで共存の道を辿るのかもしれない。現在までの知見を見る限り、少なくともこのウイルスによって人類が生存の危機に瀕するとは思えないから。




復帰リハビリ

一昨日より職場復帰。その時はまだ術創部近辺がシクシクしていたが、いわゆる鋭い痛みではなかったのでまあ何とか乗り切れるだろうとフルタイム出勤とした。

それでも歩いたり座ったりするたびにシクシク感を覚え、夕刻ともなれば腹部にドンヨリとした痛みが強くなって来る感じだった。

思えば入院中も自宅療養中も殆ど横になって過ごしていて、筋トレまではいかなくても日常生活上の負荷もさほどかけてなく、文字通り鈍りっぱなしな状態だったと思うから、仕事での動作はリハビリには好都合だと思うようにした。

何はともあれ初日は納品作業も品出しもなく、店長が私を応援レジ要員から外してフリーにしてくれていたおかげで、まずまず勤め上げることが出来た。

・・・・・・・

2日目は納品作業もあったが、初日に比べて午前中は心持ち楽に過ごせた感じだった。昨日の動作により少し身体が慣れたのかもしれない。

だが、夕刻あたりからは初日同様に少し気になるレベルでシクシクを感じるようになり、ストッカーを整理するフリをしながら足踏み台に座ったりしてやり過ごした。

まあ、まだ本格的に動き出して2日なのでそんなに早くリハビリ効果が出るはずもなかろう。次に期待したい。

・・・・・・・

そして今日は公休日。散歩も兼ねて徒歩10分弱のお気に入りのラーメン屋にランチ。

驚いたのは、その行き帰りの歩いている間に例のシクシクをほとんど感じることがなかった事だった。もしかしたらここ2日間の仕事を通じて線維や内臓の位置が矯正されたのかな。

そうだとすれば、店内における動作に加えてただ歩き続ける動作もリハビリには有効だと言えると実感した。生物は常に動いているから、静止している状態で傷を癒しても大なり小なり歪んで固まったりしてしまうのかもしれない。それを動作によって矯正することが元に戻るためには必要なのだろう。

術後は早期から歩き始めろというのは血栓予防だけではない深い意味もあったという事だ。

・・・・・・・

こうして徐々にではあってもリハビリを通じて元の身体に回復して行くのだから、つくづく生体というのは不思議であり偉大だなと感じた次第。

術後から長い間気になっていた消化器の圧迫・膨満感というか食欲減退感もかなり治まって来た。特に術前ではあり得なかった普通の一人前で十分量となったのは入院ダイエットからの流れからは何よりである。こっちばかりは早々のリハビリではなく早々にリバウンドしたらシャレにもならないから。


【追記】
私より上の世代なら「若大将シリーズ」、下の世代なら「北の国から」をリアルタイムで観ていたりイメージするだろう超一流の個性派俳優田中邦衛さんが先月24日に老衰のため88歳で亡くなっていたと。亡父と同い年の私も大好きな俳優、いや「役者」でした。合掌

さらに今月4日、脚本家橋田壽賀子さんが急性リンパ腫のため95歳で亡くなったと。代表作の「おしん」も「渡る世間は鬼ばかり」も私はあまり観ていなかったけど、作品に対して内外から高い評価を受けていた事からも間違いなく賞賛に値する偉業でしょう。合掌




復活間近

退院2週間後のフォロー外来にて、それまで創部を繋いでいた32本のホチキスが抜去された。

抜去後は物々しい金属は無くなってスッキリはしたものの、まだ所々がくっついていないように見えて不安になり主治医に確認したら「しっかり着いてますから大丈夫ですよ」と言われ一安心(^^)

血液検査もほぼ術前の値に戻っているようで、後は私自身の体力加減で仕事復帰は可能との診断だった。大事をとって今週末まで自宅療養を続け、4月4日の日曜日から出勤すると会社側に連絡した。

これでようやく復活となる。

やはり開腹手術は多かれ少なかれ身体のあちこちに負担がかかる事には違いない。特に筋肉は、その量も質も減少したという自覚があるので、今後の仕事を通じて少しずつでも戻して行きたい。一方で肝疾患に付きものの脱力・倦怠感などはさほど感じられず、生来の強肝臓(?)に感謝した。

・・・・・・・

今回切除した組織標本の写真を見せてもらった。実測約3.5cmで、2cm以上だったからStageⅡとの事だった。他部位の発症や転移などは認められなかったから取り切れたと言って良いようだ。それでも昨年のCTでは2cm程度だったので、ここ3ヶ月の間にここまで増殖したのかもしれない。そう考えると、全く自覚症状が無いだけにもしあの時発見されていなければ将来的にどうなって行ったのか、想像するほど実に恐ろしいと思った。

特に肝がんで何らかの症状が出た時にはかなり進行して、すでにリンパ節や他臓器に転移を起こしていても不思議では無い。その時に「末期がんですね」と言われるだけである。オペ不能となれば抗がん剤か緩和ケアを選択するしかないだろう。

それからすれば、早期発見された私はまだ運が良かったと言える。膀胱がんの時もそうだったが、臓器内に腫瘍が限局している段階で発見され切除出来たから、再発は別として他臓器への転移によって生命そのものが脅かされるという事は無かった。

それもこれも面倒くさいと思いながらも続けていた人間ドックのお陰と思っている。少なくとも血液検査と画像診断は早期発見のためには絶対だと確信した。

世にはドックや検診不要論などもあると聞くが、こと早期発見から治療にかかれるタイミングを知る手段はこれを置いて他には無い。特に中年期からは見つかったら「末期」だったとか「手遅れ」だったとならないためにも定期検診は不可欠だと声を大にして言っておきたい。

・・・・・・・

これでがんを2つ経験した身となり、ダブルがんサバイバーを自認する事となったが、まだお前は何かしらの役に立てとの天の思し召しと良い方に解釈して仕事に邁進したいと思っている。




Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。遂に40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれる生活となって幸せです(^^)

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

そしてさらに10年経って取り巻く環境も変化し、4枚ドアとペーパー息子のために安全装置付きのクルマの必要性が。偶然出会った「MAZDA3 FB 20S Burg-S PMG with SIG-S」を2020年から愛車に迎えました。

現役時代は某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

とか言ってたら、2020年に肝がん発生。予防接種からのHBV感染〜暴飲暴食からの脂肪肝〜部分的な肝硬変と来ていたので特に驚きませんでした。最期は肝臓だなと覚悟も決めてたし(^^;)

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger