FC2ブログ

郷のお客さん

ドラッグストアは店舗によって大なり小なりローカルルールがあり、得てして店舗が違えば別会社的な側面がある。前回、郷に入っては郷に従えと書いたが、それは必ずしもドラッグストアの店舗に限った事ではない。その土地独特の感性を持ったお客さんもいるモンだとしみじみ思った出来事があった。

事例1)
応援レジに呼ばれてレジに向かおうとした時、アラフィフと思しきオバさんが、
「ちょっと〜、清涼飲料水が欲しいんだけど〜」
清涼飲料水なら店奥のストッカーなので一緒に歩いて案内したら、
「アリナミンVがいいのよね」
と唐突に言い出した。
「えっ? アリナミンVは医薬品ですのでストッカーは入口の横です」
と再度案内すると、途中に数人のお客さんが並んだレジをチラ見して立ち止まり、
「あらぁ、レジ混んでるわねぇ」
「…時間帯によりますけどね」
「ほら、一人しかレジやってないから混んでるんじゃないの〜?」
と、モロに批判的な目で睨まれた。

そのレジ応援にさっきから私が呼ばれているんですがねぇ。

事例2)
「すいませーん、オモテの洗剤なんですけど〜」
呼ばれて行くと、なぜか電卓片手のアラフォーと思しき女性。
「この洗剤の本体と詰替でどっちが得か計算したいんだけど、どうやったらいいか分からないのよ〜」
はあ? それって小学校の算数だろよと思いつつ、価格÷容量を本体と詰替でそれぞれ計算させ、容量単価を比較すると何と本体の方がわずかに安い。
「今のセール価格ですと少しばかり本体の方が安いですが、わずかな価格の差よりも環境問題や捨てる手間が生じるのでどうでしょうか?」
「本体はもう持ってるんだけど、安いから本体を2つ買うわ」

彼女の関心はひたすら価格だけだった。

・・・・・・・

新しい勤務店舗周辺の住民は、前店に来ていたお客さん達よりも総じてキャラが濃い印象だ。ハッキリ言えば粗雑な言動が目立ち「お客様は神様」な感覚が旺盛なお客さんが多い。毎日がまるでシニア割引デーに増殖する「構ってチャン」全開のお客さんみたいである。

毎日のように買い物に来ているだろうお客さんなのに、目的の品物を自分で探す事なくスタッフと見るや声を掛けて来る。それが他のお客さんと話をしていてもお構いなしに。

「少々お待ち下さい」と言って、先客と話をしていると再度声を掛けて来て「電車の時間があるので急いでいるんですけど〜」だったらまず自分で探しなさいよ。

さらにやたら居丈高な物言いをして来る中年のお客さんも目立つ。やっぱり自分は神様だと勘違いしているお客さんの割合は他地区よりもいくぶん高いと思われる。

それを同僚の社員に話したら、彼も着任当初、常連と思しきお客さん達からシビアに接せられてビックリしたと言う。どうやら一部のお客さんは新顔と見るとワザと強目に当たる傾向があるらしい。

近年、地下鉄が通るまではここから最寄りの駅まではそこそこ距離があるものの、古くからの住民も多かったこの町。良くも悪くも村社会気質を引きずっているのかもしれない。私の生まれ育った古き良き下町とはちょっとばかり違う匂いがした。

それでもその地に生活しているお客さんのお役に立ちたいという、この仕事を選んだ初志に変わりはない。少しでもお店にとって優良な顧客創造のために頑張ってコミュニケートして行きたいと思っている。




これが私のパートナー

新店舗に赴任して1週間が過ぎた。この間、ワースケの関係で公休日が3日もあったので勤務日数はわずか4日だったけど。

その最初の公休日に挨拶を兼ねてパート薬剤師のU先生に会いに行った。

私より4つ年上のU先生は、私と同じに製薬企業出身で、あるOTC製品の開発に携わった経験があるという。その企業にいた大学の同級生の話をしたら、果たして彼をご存知だった。それもまた奇遇だろう。

U先生の趣味は剣道で、その関係で出身企業にも通っているという。前任の常勤薬剤師M先生が無趣味だった事を盛んに嘆いていた。

・・・・・・・

そのU先生からM先生の仕事ぶりについてコメントがあった。

曰く「彼は穏やかで物腰も柔らかく」「休憩時間も取らずに」「休日出勤もたびたび」「メーカーの発注お願いも受け」「在庫管理と整理が苦手」な先生だったと。

M先生と引き継ぎした時に、M先生はこれまで10店舗以上転勤して来たと言っていた。このお店にもわずか1年の勤務だったと。ひょっとしたら本部から見たら何かと使い勝手の良い薬剤師と映っていたのかもしれない。

管理と整理が苦手というのは売り場とバックヤードを見ればすぐに分かった。棚上棚下のストックスペースは製品分野お構いなしに雑然と突っ込まれ、ほとんど満杯で余裕のない有様。ストックスペースもバックヤードも前店以上に狭いこの店でこれでは、送り込みなどの在庫を置く事すらままならない。

初日に売り場の前出しと棚のメンテを済ませた私の次の仕事は、このストックスペースの後始末となった。

・・・・・・・

このお店のローカルルールには、薬剤師であっても優先レジ応援の時間帯というものがあり、その時はコールが鳴れば真っ先にレジに駆けつけなければならない。また、私の担当は今までの医薬品、衛生用品、健康食品に加えて介護オムツ類とカロリーメイトやゼリーなどの機能性表示食品類であり、納品日にはそれらの品出しもしなくてはならないので想像以上に振り回されてしまう。

勤務初日はいきなり納品日だったので、あれやこれやの慣れない仕事に気が付くとすでに夕刻になっていたりして、接客に関する薬剤師業務がほとんど出来なかった。これでは本末転倒なので、追って店長に相談しようとは思っている。

・・・・・・・

さて、在庫の整理は棚上棚下に突っ込まれていた製品を出来るだけ売り場にストックダウンし、製品分野毎にそれぞれの棚下ストッカーの中身を入れ直し、同時に可能な限り棚上の在庫スペースも空けるようにした。もちろん途中に接客やレジ応援もあったので、何とかサマになった頃には早くも勤務時間の前半終了。

在庫整理やストックダウンなどの業務に関してはパートのU先生もまるでノータッチ。前出しすらしている様子もない。週3日ある納品日はいずれも公休日。なので出勤すれば終日接客だけしていれば良いワケだから、そりゃ顔なじみのお客さんも出来るだろうし楽だろうよ。前店のパート薬剤師のT先生は勤務日の1日は納品日にしてくれていたのとは大違い。

この先、大掛かりなPOP差し替えや棚替え、棚卸しが控えているが、たぶんU先生はそれらに対してもノータッチの構えだろう。せめてどこかでサポートはお願いしたいと思っているが。

他の社員スタッフに訊いても、U先生は話し好きだけど、前社で今も販売中の製品を開発をしたというプライドがあるようで、OTCの経験年数の割に接客以外の細かな業務はタッチして来なかっただろうと言う。もしかしたら棚替えどころかPOP一つ印刷出来ないのかもしれない。

プライドなんて仕事が変われば過去の遺物に過ぎない。私だってこれまでの製薬企業人生を通じてプライドのカケラ位は持ってはいるが、そんなものは今の仕事には全く無用の長物でしかないので、とっくに封印している。

そもそも地味な仕事の多い小売業に企業サラリーマンのプライドなんて持ち込んでちゃイカンでしょ。

・・・・・・・

ともあれそんなU先生が私の新しい薬剤師パートナーである事は確かである。お互いの人間関係を良好に保ちながらやって行くつもりでいる。

郷に入っては郷に従えとは言うが、新たな環境は心身共に何かと負担が大きい。まあ、ここしばらくは敢えてこの仕事内容、仕事量の流れに乗ってみて、そこからジワジワ変えて行こうかと画策している毎日である。

そうそう、帰宅して気が付いたけど、5年ぶりに向こう脛からアキレス腱あたりが痛くなってたわwww




数十年ぶりの再会だわ‼️

本部のS先生から先日の異動話の時、私の後任薬剤師の名前が出た。

瞬間、まあまあ珍しい苗字だったので、私の過去の記憶の中からある一人の人物の名がぼんやりと思い浮かんだものの、まさかそんな事はそうそうあるもんじゃないし、世の中は広いからそんな苗字の薬剤師なんてゴマンといるだろうと思い直して流していた。

そもそもその名前にしたって、社会人デビューした最初の会社で、新人本社スタッフとして営業研修管理をしていた時に全国の営業部員の名前を覚えていたから頭に残っていた名前だったに過ぎないし。

・・・・・・・

その彼が本日私の店に引き継ぎを兼ねた挨拶に来た。

短髪の白髪頭、もともとそれほど密な関係でもなかったので実際に顔を見てもピンと来なかったが、白衣に着替えた彼の名札を見たら、そこに書かれていたフルネームが記憶のものと見事一致した‼️

紛れもなく彼は、私が社会人デビューした会社の後輩だった‼️

やはり彼も私のように製薬会社数社を渡り歩いて営業職を続けて来たという。訊けば彼の方も、私の名前を知った時はもしかしたら? なんて思ったそうだ。

実に40年近いブランクの末の再会。やはり世の中は狭かった。

・・・・・・・

そこからは積もる話の合間に情報提供と仕事の流れを説明し、他店で2ヶ月OJTをして来たと言う彼からの疑問に答えるという時間が流れて行った。

おそらく彼は、きれいに前出しが為された医薬品エリアの光景に驚いたのだろう。自らのスマホでビデオ撮影までしていたから相当感じ入るものがあったと思われた。

だが、それは医薬品エリアを任された薬剤師としても商売人としても基本のキで当たり前の作業だ。棚に薬が整然と並んでいれば、より効果があるように見えるし、購買意欲も湧くだろう。管理面でも万引きなど異常な変化があればすぐに分かるし、何より自分で見ていて気持ちがいい。

それなのに各社ラウンダーや本部のメンバーあたりが、ウチの店に来ると異口同音にきれいだと感心する。そんな当たり前の事にいちいち感心するなと言いたいが、半面それすら満足に出来ていない店が多いという現状の裏返しなのだろう。

それぞれに忙しいだの人が足りないだのと理由はあるだろうが、そんな基本のキすら疎かにしていたとあっては医薬品エリアを預かる薬剤師として恥ずかしい事には違いない。

・・・・・・・

さて今度は、月末に私が異動先の店長や薬剤師を訪ねて引き継ぎをしてもらう番だ。ウチの約2倍の規模のある店だというから、医薬品棚のメンテナンスもかなり大変だろうと予想されるが、せいぜい恥ずかしくない仕事はして行きたいと思っている。



勤務先は近場に大型店舗に

振り返ると、本部のS先生が来店し店舗の薬剤師業務の立て直しのために短期間に店舗を渡り歩く遊軍システムの話をされたのは5月の事だった。早ければ7月から実施のはずがそれ以降音沙汰はなく、暦は早や8月となっていた。

で、そのS先生が久しぶりに来店したと思ったら、遊軍システムは結局実施に至らず、代わりに高齢薬剤師の引退に伴う玉突き人事による異動の話を振って来たのだった。

異動先店舗の候補は2つ挙げられたものの、私が自宅から20分位で通える店舗の方を希望したのは当然だった。但し、その店舗は営業時間が今の店舗より1時間長く、医薬品エリア面積も店舗の総売上げもおよそ2倍となるから、それなりにハードとなるのは想像に難くない。

・・・・・・・

私がOTC薬剤師として入社して初めて配属された店舗で約2年半経った頃、他店の薬剤師の引退に伴って売上げの大きい店舗に薬剤師を回さなければならないという理由でその店舗は薬剤師不在店となり、私は今の店舗へ異動した。

そこからさらに2年半。同じような理由でまた異動。でも今度は代わりの中途採用薬剤師(と言っても既に還暦!)が後任として赴任する。ならば最初から彼を私の異動先へ配属すれば良い話だが、残念ながら彼もメーカー出身でOTC未経験という事でいきなり大型店舗は難しいと。

ただでさえウチのDgSは、調剤薬局は別にしてもOTC店舗の薬剤師の高齢化が想像以上に進んでいるようだ。とうに還暦過ぎの私でさえ、その中にあってはまだ中堅世代だという。かと言って、企業側から見たOTC薬剤師の存在価値は揺らいでいる。薬剤師がいなければ販売出来ない要指導、第1類医薬品の種類や販売ボリュームが減少して来ているという側面もある。それは今月下旬にも第2類医薬品となるロキソニン貼付剤を例に挙げるまでもない。

もはや会社にとってOTC薬剤師は、お客さんの医療相談相手としての価値よりも人件費抑制の主眼に重きを置かれていると言っていいかもしれない。それが経営論理だと言われればそうなのかもしれないが、相談を通してお客さんのお役に立てる事を目指している私にとっては自分の仕事を否定されているような複雑な思いがよぎるのも確かだ。

・・・・・・・

そんな経緯で、来月1日から新店舗への異動が正式に決まった。

昨日、挨拶を兼ねて先方の店長宛に電話を入れたが、S先生からのメールにあった公休日などが一部誤りがあった事も分かった。細部については後日詰めて行こうと思っているが、差し当たり来月は先方で組まれているワースケに則って勤務していくしかないだろう。

2年半という勤務期間が長いのか短いのかは分からないが、契約社員薬剤師という立場上、前店舗の時のような理由が無ければそう簡単に異動が出るとは思っていなかった。むしろこのままこの店舗で終わるのだろうなと思っていた。

今のI店長を始め、ベテランパートのK子さん、N子さん達、そして歴代バイトメンバー達にも、特に体調を崩した時期には大変迷惑を掛けてしまい、同時に大変お世話になり助けて頂いた事に改めて感謝したい。職場の雰囲気も良く、とても働きやすい環境だった。

一期一会とはいえ、あっという間に月日が流れ、今日の別れとなったのは後ろ髪を引かれる思いで一杯である。




Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。遂に40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれる生活となって幸せです(^^)

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

そしてさらに10年経って取り巻く環境も変化し、4枚ドアとペーパー息子のために安全装置付きのクルマの必要性が。偶然出会った「MAZDA3 FB 20S Burg-S PMG with SIG-S」を2020年から愛車に迎えました。

現役時代は某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger