FC2ブログ

これでやっと

休職明けでも残っていたシクシクジンジンは、ここ数日でかなり回復に向かっているのがはっきり感じられる。一昨日、昨日の2日連続勤務中も排尿後のシクシク程度で、ようやくこれまでよりも楽に仕事が出来るようになった。

今日の外来でもT先生は「だいぶしっかりと座れるようになりましたね」と言いつつ、かれこれ一年やってないCTと膀胱内視鏡を年明けに実施したいとも言うので、来週に予定されている尿細胞診の結果を聞いた時にでも日程を決める事にした。

今回は1月にTUR-Btを受け、その後遺症が癒えた4月に第1回のBCG膀注療法をスタートし、5月、6月、8月と副作用の程度を観察しながら計4回が終了した。だが、その1ヶ月後に強い痛みを伴う膀胱炎症状が悪化して、その後はBCG膀注療法を継続出来ずに3ヶ月が経ち、今日に至った訳である。

本来ならBCG膀注療法は週1回×6〜8回がワンクールだから、今回はインターバルを取りながらだいぶ慎重に進め、それでも前回同様の重度の慢性膀胱炎状態が発症してしまった。それでも前回の半分の回数だったので、苦しんだ期間も約半分の3ヶ月で済んだという事なのだろうか。

いずれにせよ、まだ残る頻尿及び排尿後開始時の痛みと排尿後の鈍痛も徐々に緩和されて来ているし、気休め程度であれ鎮痛薬も不要となったのは喜ばしい限りである。

さて、今回はこの状態がいつまで続くか。スクリーニングの尿細胞診で悪性細胞が見つかったらまたBCG膀注療法をやるしかないが、これでずっと悪性細胞が見つからないままという奇跡でも起きればなお喜ばしい。

それにしても、こう何度も苦しい思いとそれが解消された時の健康のありがたさを実感する事を繰り返していると、これが再発や転移のリスクを持つ「がん」という疾患を抱えた人間の生き方なのかもしれないとしみじみとする。

・・・・・・・

東名高速のあおり運転事故で、危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩(26)の裁判員裁判で、横浜地裁は懲役23年の求刑に対し懲役18年の判決を言い渡した。争点となった危険運転致死傷罪の成立も認めた。

弁護側はおそらく控訴するだろうが、2人の被害者に殺害行為に等しい事をしでかして、なお求刑未満の18年の懲役とはどうにも合点がいかない。また、いつも求刑未満に処する裁判官の下らん慣例もほどほどにせいと言いたい。

そもそも車の運転とは「走る」「曲がる」「止まる」を行う行為なのだから、被告の一連の運転行為は危険運転致死罪と見て妥当だろう。たとえ法文に100%合致していない部分があったとしても、そう捉えるのが裁判員を含めた市民感情というモンだ。

ましてや、弁護人に言われて書いたであろう「お父さんとお母さんを死なせてしまって申し訳ないと思うけれど、この事故がなければ、彼女と結婚する予定でした。自分が支えていきたいので、この事故の事をお許しください」という全く自分勝手な謝罪文が、遺族や市民感情をさらに逆撫でした。

それらを踏まえての今日の判決。

でもね。懲役18年であれ、模範囚なら10年チョイで出て来られるどうにもならない不条理は如何ともしがたい。いっそ仕事人にでも始末を頼みたいというのが遺族の率直な感情ではないだろうか。

冥土の中村主水よ、あんたの出番だぜい。




休職明けから1週間

休職明けと言っても勤務は今月2日が初日、後は4日と5日の週3日で、少なくとも今月は日曜、水曜、木曜のローテーションとなっている。

欠勤だらけだった10月から休職とした11月一杯までひたすら判で押したような自宅安静を保って来たおかげで、安静時であれば排尿後の余韻となる鈍痛を引きずる事はあっても強い痛みが出る事は無くなった。だが、まだ歩いたり立ち仕事を続けているとシクシクジンジン、あるいはズキズキレベルの痛みが断続的に生じるので、そこは少々キツかった。

それでも2日連続のインターバル(公休日)はありがたい。前社での週休2日は多分に習慣化した「惰性」と言っても良いものだったが、今の職場での1日×2/週の公休日ではその1日の休日がことさら貴重な1日と感じられるようになった。だから再び2日間の休日体制となれば、なおのこと貴重なリカバリーの日となるのである。

このまま12月が過ぎて行き、来月の勤務予定を立てる下旬までには、1月の勤務体制を今月同様に週3日のままで行くか、完全に週5日に戻すかを決めようと思っている。本部のS先生は1月も今のままで行ったら良いのではと言ってくれているけど、そのためにいつまでも応援薬剤師を頼ってもいられまい。

・・・・・・・

昨年6月の東名死亡事故をキッカケに、あおり運転がさらに世間の注目を集めているが、こちらもいつ加害者、もとい被害者になるか分からない。その時の強力な証拠となるのがドラレコの映像だそうだ。

そんなワケで、今まで半分威嚇を目的として適当に付けていたフロントカメラのみのドラレコから前後カメラに駐車中監視機能付きの最新型に替えた。おかげで配線キット、外車取付け料込みで6諭吉が飛んで行ったが、まあこれで安全安心が増したと思えば。

その次の日、エンジン始動時に今まで見たことのないアラート表示が出た。黄色い四角のアイコンだがバッテリーでは無さそう。取説を見たら、どうやらクーラントが不足したらしい。慌てて近所のGSへ飛び込んで補充。これが結構な量が入ったのでビビった。(^^;)

昨日はさらにオイル交換へ。板橋の自動後退でいつもより上位のモービルワン(5W-40)&フィルターで1諭吉チョットが飛んで行ったが、カミさんを連れて行って、その足で久しぶりのコメダランチ。コメダと来ればデザートのシロノワール(今回は小枝バージョン)を忘れちゃいけない。(^ ^)

さて、ここまで来れば残るはクルマ購入時にサービスで取り付けてもらったカーナビ。以来、足掛け9年ともなるとさすがに機能に不足を感じ、メーカーによるマップのバージョンアップも早晩終わる頃だろう。

BMWには通常メーカー純正ナビが付いているが、私の車種はそれがオプション扱いだったので、ディーラーが地デジTV付きの社外品を付けてくれたのだった。だから純正品にはないTVがいつでも見られるからとても便利だった。

当時そのナビはカタログ上で30諭吉もしたが、最近はそれ以上の機能がありながら価格は1/4〜1/5まで下がっていると知った。ならばマップのバージョンアップをすると思えば、いっそ付け替えもアリかなと。

問題は工賃だが、色々調べた結果、関東地区ローカルなカーショップが一番安い事が分かったので、次の休日にでもドライブがてら行ってみようと思っている。

それにしてもここまであれこれ金を掛け手を加えてしまえば当分の間はこの車を乗り続けざるを得ない事になるが、もちろんその覚悟である。

車のサイズも含めて、今乗り換えたいと思う候補車が実は見当たらないのだ。今後長生きでもして乗り換えの必要が生じたら、きっと時代はEV主流になっているだろうから、その時はその線で考えたい。それまではこのBMW120iCoupeを精一杯可愛がって行きたいと思っている。






ニュースあれこれ

有価証券報告書に役員報酬を約50億円分少なく記載した疑いで逮捕された日産のカルロス・ゴーン容疑者(64)だが、そのいきさつに関して日産の西川社長ら経営幹部によるクーデター的な背景がある事が浮かび上がって来た。

ゴーン氏は、去年まではフランス政府や日産の43%の株式を持つルノーに対し、日産の経営独立性を維持する方向だったものの、今年に入って言動が変わり、ルノーとの経営統合へ踏み込んだ発言があったという。

その裏側にルノーのトップを継続する条件としてルノーの大株主であるフランス政府(マクロン大統領)から日産との関係を不可逆的にするよう前へ進めろとの提示があり、それをゴーン氏が呑んだためという。

これはルノー・日産・三菱グループ最大の売上高をマークした日産にとっては到底容認できない最大の危機であり、そこから今回の検察を巻き込んだ逮捕劇に繋げた、まさに日産の日本勢によるクーデターである。

その後、日産の取締役会が開かれ、ゴーン氏の会長および代表権解任が決議されたが、その前後にもゴーン氏の数々の会社資金の私的流用が明らかにされた。

実態のない子会社を設立させ、そこからブラジルやレバノンなどに高額な豪邸を購入させ、それを家族が使用していたのは既報の通りだが、姉と実態のないアドバイザリー契約を結んで年10万ドルを支払ったり、自身の家族旅行や娘が通う大学への寄付を負担させたり、さらには私的な投資で生じた約17億円の損失を日産に付け替えていた疑いまで出て来たのだった。

これらが本当だとしたらまさにやりたい放題で、権力は必ず腐敗するという言葉を図らずも証明する事となった。ましてやゴーン氏は彼に全ての権力が集中している独裁者であったから、独断専行だろうが公私混同だろうが違法行為だろうが横領背任だろうが誰も止める者はいなかった。

世界的カリスマ経営者であれ裏の顔があり、あれほどの収入があるのにさらにカネに執着する醜態を晒した。一説にはブラジル大統領を狙っていたとも言われ、そのための資金を貯めておきたかったのかもしれないが、もはやそれも水泡に帰した。

人間、足る事を知るというのは大切だな。

・・・・・・・

膀胱がんを公表しているキャスターの小倉智昭氏(71)がフジTV「とくダネ」で、月末に膀胱全摘出手術を行なうため長期休養に入る事を発表した。

彼は浸潤性のがんだったようで、そのケースの治療法としては膀胱全摘の上、尿路の再建を行なう尿路変更術の必要がある。再建方法のうち彼が選択したのは一般的な回腸導管造設術(ストーマ造設)ではなく、切除した小腸で代用膀胱を作る自排尿型新膀胱造設術である。

これは元ボクサー竹原慎二氏のケースと同じ術式で、回腸導管術によるパウチ使用よりも合併症のリスクはあるものの、自然排尿と同じ経路で排尿出来るのでQOLの面で優れている。

2人に1人ががんになると言われて久しいが、最近特に有名人のがん発症が話題になる事が多い。それが私の身に起こっても決して不思議じゃないわな。

・・・・・・・

今朝、元貴乃花親方の花田光司氏(46)が元フジTVアナウンサーの河野景子氏(54)と離婚していたとの報道。既に10月25日に離婚届が提出されていたという。

だろうな。さもありなん。貴乃花の一連の動きからすれば、彼女としてはとても付いてはいけないだろうから、離婚には別に驚きはない。

景子氏は靴職人だったはずの長男優一氏のタレント活動を推していて、貴乃花とは意見の相違があったとも伝えられている。

せっかく弟子の小結貴景勝が福岡場所で初優勝したというのにねぇ。シコ名が「貴乃花と景子が勝つ(ホントは上杉謙信由来らしい)」だったのにねぇ。

彼女、元貴ノ花夫人の藤田紀子氏や元坂東三津五郎夫人の近藤サト氏と同様、今後はタレントとしてマスコミに復帰して来ると見た。一時的ではない継続的なニーズがあるかどうかは別として。

あるいは元夫を差し置いて政界進出も?




シクシクジンジン

日々を経るごとに、徐々にではあるがお尻の奥で感じるシクシクという鈍痛も軽快しつつあるように感じる。徐々にというのが何とも歯がゆいのだが、最近はそれも歳のせいかなと思えるようになって来た。免疫力もそうだけど、若い頃の回復力とは違うのは当たり前なのだと。

・・・・・・・

16日の外来受診は車で行く事が出来た。往きは15分程度だったが、取り敢えず運転席に座っていてもシクシク程度の感じしか出ず、外来で受診を待つ間も診察室のイスにも座る事が出来た。主治医のT先生も「入って来た時の歩き方から痛みが軽快したようで、今日はイスに座るだろうなと思いましたよ」

尿細胞診の結果も異常なし。当分は定期的に行ないつつ、これで経過観察して行く。痛みが引けば膀胱内視鏡も。

ただ、やはり歩行などの活動が加わるとシクシクジンジンして来るのは変わらない。それでも鋭い針刺し痛が出ないのは相当楽にはなったけど。

歩行以外でシクシクジンジンを感じるのは大抵排尿後の膀胱収縮のタイミングであるのもこれまでと変わらない。家にいる時のようにすぐに横になれれば問題はないのだが、外ではそうはいかない。いっそ排尿が無ければいいと思うのだが、これまたそうもいかない。今でもほぼ2時間おきにトイレという頻尿状態だから、相変わらずの排尿時痛と共に厄介なのだ。

・・・・・・・

そして昨日は孫の一歳の誕生日会。横浜戸塚の料理屋で息子夫婦、両家の親が集って食事をしながら、一升餅まで背負わせて和気あいあいの時間を過ごした。孫には5月に初節句で会ったきりだったので、久しぶりに見ると結構大きくなった(9kgになったそうだ)気がする。つい3日前から自立歩行も出来るようになったと言うから、子供の成長には改めて刮目だな。

会場までは車で行ったが、途中少々シクシクジンジンの鈍痛を覚えたものの、まあ無事に運転出来た。横浜新道の段階では予定よりも30分以上早く着くとのナビ提示が、横浜名物の原宿交差点渋滞が新道までしっかり影響して、あっという間にその貯金を吐き出した。おまけに料理屋の駐車場が坂を100m以上登った先にあったため、結局定刻から15分の遅刻。さらに駐車場からお店までの歩行でまたジンジン。とかく時間に遅れる事が大嫌いな私にとって何とも悔しいスタートとなってしまったのだった。

到着後も頻尿ゆえ即トイレへ。その後にお決まりのシクシクジンジンが出たものの、片尻座りと笑顔で何とか2時間の食事を乗り切った。退店前にはまたトイレ。

それでもいっときの堪え難い針刺し痛を思えば、重ね重ね楽になって来たんだなぁと一人感慨に耽ったりして。

・・・・・・・

職場復帰まで残り10日を切った。本部のS先生からの提案に甘えて復職は週3日の勤務からスタートし、以前と同じフル勤務は年明けからになる。

10月以降、ほぼ2ヶ月近く現場から離れていたので心身のなまりが心配だが、それもしっかり現場でリハビリしつつ従前のコンディションに戻して行きたいと思っている。シクシクジンジンも出るだろうが、それも仕事をしつつ身体に慣らしていかねばなるまい。

何度も書いているけど、何より食事とトイレ以外ほぼ安静という自宅入院状態はいい加減もう飽きたわ。人は動いてナンボだよ。




Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-