戦慄のトイレタイム

都合4回目の膀胱がん手術(TUR-Bt)を受けたのは1月23日の事だった。術後に待っている再発予防のためのBCG膀注療法は3年前のTUR-Btの時の週1×8回コースではなく、症状を見ながら術後3ヶ月後からスタート、その後ほぼ月イチ間隔で実施し、先月で3回目が終了した。

副作用として頻尿、排尿痛、膀胱痛などはその強弱の差こそあれ、ほぼ必発なので覚悟はしていた。特に3回目直後は15分に一回の極端な頻尿から始まって、長くても1〜2時間に1回と推移して来た。排尿開始時の痛みもそれ相応に感じていたが、以前のような強いものではなかった。もちろん膀胱痛も同様に強いものではなかった。

だが今月5日になってそれは突然やって来た。まさに急変!

まず、BCGによる炎症が膀胱内に留まらず尿道の途中にも勃発したせいか、排尿時の尿が通過する際の痛みの強さが増強した。それを堪えて排尿に至っても尿線が細いのであわや尿閉かと思うくらい出が悪い。おそらく尿道の炎症による尿道狭窄の影響なのだろう。だから膀胱に溜まった尿が全て排泄されない可能性もあり、残尿による刺激がまた膀胱痛や頻尿につながっているのかもしれない。‪

これで戦慄のトイレタイムとなったのは間違いない。さて、今回はいつまで続くのだろうか。

加えて、断続的に股間がツーンと来る膀胱の針刺し痛が出始めたのである。

これが出るとかなり厄介なのは2年半前のBCG療法の時に思い知らされた。あの時は歩いても立っても座っても痛みが走るから、痛みが出るたびに10数秒間、緩和するまで脂汗をかきながら耐えるしかなかった。それがおよそ5ヶ月もの間続いたのだった。今回はまだその時ほど酷くはないものの、仕事中に出ると思わずウッと唸り、集中力が切れてしまう。そのせいで、7日は遂に仕事を休まざるを得なくなってしまった。

半面、こういう副作用が出るという事は結構な事であるとは言える。すなわち、それはBCGによる炎症が惹起されたためであり、炎症によって我が身の白血球ががん細胞の残党を駆逐するという事に他ならない。したがってBCG治療が功を奏している証とも取れるが、この強い針刺し痛にはロキソニンを始めとする鎮痛薬はほぼ無力なのが恨めしい。‬また、なぜ実施後3週間も経って出現したのかもよく分からない。冗談抜きで西日本の広大なエリアに豪雨をもたらした低気圧のせいなのかもしれない。

ともあれ、こうなってしまっては本日予定されているBCG4回目は見送るしかない。それどころか、今回はここまでで一旦終了し、継続する必要があるなら完全に無症状になってから再開するよう主治医に提案しようと思っている。

こんな経験を強いられると、よく言われる「病(がん)は闘うのではなく飼い慣らすべし」の真の意味が分かって来た気がする。

飼い慣らすというのは、必ずしも健常人と同様の「無症状で過ごす日々」ではない。それは何かしらの不都合を背負いながらも己の病状をしっかり管理し、適宜先手を取って対処していくという事であり、背負う不都合の中には健常人にはない辛さも含まれている。それ故に決して無症状の日々ではないが、それでもそうしながらでも生きて行く事が「飼い慣らす」という意味なのだろう。

初めてのTUR-Btから来月で5年が経過する。私の場合は臓器内側の限局性の膀胱がんとはいえ、いわゆる5年生存率クリアは目前である。さてこの先、どこまで「飼い慣らす」事が出来るかな。





夢をありがとう!!!

7月3日午前5時。
W杯日本代表の試合が終わって、今猛烈に感動している。

「さぁーて、いよいよ奇跡が起きるかボロ負けか?
相手は世界最高レベルのベルギー軍団。
勝てば歴史に残るジャイアントキリングで大目標のベスト8進出だ!
ワクワクだけど、キックオフにゃまだ早い。
目覚ましかけて先ずは寝よ。(^ ^) 」

そして午前3時。いよいよキックオフ!

「立ち上がり、日本はベルギーに互角以上に渡り合っている。
ベルギーのディフェンス陣は早い連携で十分に崩せる。
しかしベルギーのオフェンス陣はボールを持たせると怖いな」

「ベルギーのコーナーキックが連続している。彼らのセットプレーも怖い」

「乾のヘッド〜!!
キーパー正面で惜しい〜!」

「大迫のツメにボールはGKクルトワの手をすり抜けてコロコロ。あと少しでゴールへ! これまた惜しい〜!!」

「ここまで0対0で前半終了。
さすがにベルギーの攻撃が激しいものの、ここまで無失点で切り抜けたのはプラン通りだろう」

「原口〜! やった〜!!!!
ゴーーーール!!!!
日本先制〜〜〜!!!!!
凄い展開だ〜〜〜!!!!
起きてて良かった〜!!!!」

「乾〜〜!!!! ゴーーーール!!!!
すごいぞ日本代表ーー!!!!
ベルギー相手に何と何と何と2点目〜!!!!!
夢じゃない!!!!!
今、確かに奇跡が起ころうとしているーーーー!!!!!」

「日本国民よ、全員起きろーーー!!!!
我らの代表が奇跡を起こしているぞーー!!!!」

「あの最強ベルギーに2点もリード!!
この至福の時間帯を全国民で味わおう!!
後は前半同様にしっかり守り、30分過ぎからはボールを回せば勝ちが見える!!」

「あ〜!!
ベルトンゲンのヘッドが「たまたま」ゴールの隅へ〜!!
なんのなんの、1点くらい想定内ですよ!
ここからここから!
さあ、取られたら取り返しましょう!!」

「あれーーー!!
アザールからフェライニのヘッドでベルギーに追いつかれちゃった〜!!
いやいやいやいや、これでリスタートだよ。
まだ負けちゃいない!!」

「そろそろ選手交代で空気を変えようか。
よし、本田と蛍を投入。
もう1点狙っていこう!!」

「クゥー! シビれるー!! 川島〜!!!
シャドリのヘッドにルカクのヘッドをスーパーセーブ連発でガード〜〜!!!」

「本田のFKは得意の無回転シュートだ〜!!
見事に枠に行ったもののGKクルトワがセーブ。
後半アディショナルタイムは4分、さあ、ホントの正念場はここからだぞ!!」

「ベルギー、絵に描いたようなカウンター。
デブライネからムニエのクロス、シャドリに逆転ゴールを許してしまった〜!
万事休すか〜! ああ、虚しくホイッスル〜!

歴史は、変えるには重かったかもしれない。

でも最強の相手にこれは大健闘だろ?
彼らに思い切り拍手を送ろうじゃないか! 涙」

驚いた。笑った。泣いた。

日本代表、心からありがとう!!



結果を求めて何が悪い!

W杯グループリーグ第2戦。第1戦に続いてGK川島のミスもあったが、アジア勢として南米チームにW杯初勝利したコロンビア戦に続いてセネガル相手に二度追いつく大健闘で引き分け、勝ち点1を積み上げた。

そして迎えた、これこそ絶対に負けられない大一番がFIFAランキング8位の最終ポーランド戦である。この試合で引き分け以上なら自力で決勝トーナメント進出となる。負ければコロンビアvsセネガルの結果に委ねられる。

運命の試合。何と前試合から6名も入れ替えて臨んだ日本代表、前半から日本の攻撃がポーランドゴールを脅かす。守備陣も相手の高速カウンターに食らいつき、エースのレバンドフスキーにもまともに仕事をさせない。日本の得点の匂いプンプンの試合運びだった。

だが後半14分、警戒していたセットプレーからポーランドに先制点を許してしまった! この試合、GK川島の汚名返上のスーパーセーブが三度も炸裂! ポーランドに追加点は許さなかった。

同点のためのゴールを必死に追い求める日本にやがてコロンビア先制の情報がもたらされる。このままで行けば、ポーランドに負けてもセネガルと勝ち点、得失点差などは全く同じだが、わずかにイエローカードの数(フェアプレーポイント)で日本が上回っていて、文字通り薄氷の決勝トーナメント進出が可能となる。それがグループリーグのルールとなっている。

そして西野監督は攻撃をせずにボールを回して時間を稼ぐ指示を出した。観客からの大ブーイングがスタジアムに響いたが、このまま勝利すれば2連敗のポーランドのメンツも立つし、日本も決勝トーナメントへ進出できる「Win-Win」となるのでポーランド側も攻撃して来ない。そしてタイムアップ。

あちらではコロンビアがそのまま勝利して、この瞬間、セネガルを押さえ日本が決勝トーナメントへの進出を決めたのだった!

この試合運びに私も思わず「?」となったし、試合後には国内に留まらず世界でも賛否が渦巻いたが、考えてみればプロの試合は結果が全てである。オリンピックなどのアマチュア大会とはそのメンタリティが違うのである。攻めてやられたドーハの悲劇の再現にでもなったら目も当てられない。

もしもセネガルが残り15分で同点に追いついたら日本の戦術は結果的に空振りとなり、それはそれで愚かな行為などと責められたに違いない。だからこれはあくまで戦術の一つであり、反フェアプレー云々には当たらない。現にリードした相手がボールを回して時間稼ぎをする試合はいくらでもあるし、先日もキーパーまで攻撃参加した挙句、無人のゴールに蹴り込まれて追加点を献上したドイツの例もあったじゃないか。

何度も言うが、これは全チームに適用されている「ルール」である。

もともとサッカーは、相手に対して如何に裏をかき翻弄しながらゴールを目指すかという性質の時間制の競技である。そして我々の当面の最大目標がグループリーグ突破である限り、リスクを極力回避して結果を求めるのは正当な行為である。それでもセネガルが追いつくかもしれないリスクを覚悟しつつ、西野監督は勝負師として決断したのである。長谷部投入がそれを物語っていた。

これ以上、外野はウダウダ言うべきではない。何よりも我々の望んだ結果がもたらされた事を素直に喜べば良いではないか。

さあ、いよいよ決勝トーナメントだ。相手はFIFAランキング3位のベルギー!






6月あれこれ

ワールドカップがロシアの地で始まった。

前回王者ドイツや常勝ブラジル、さらにはメッシのアルゼンチンまでもがグループリーグで躓いているのを横目に、我が日本代表は引き分けでも大成功とまで評された強敵コロンビアに見事に初戦勝利した。

開始3分でPKで早々と先制点! ハンドを犯した相手選手のレッドカードで数的優位に立つという、これ以上ない美味しい展開が味方したとはいえ、文字通りジャイアントキリングを成し遂げた事には惜しみない賞賛の拍手を送りたい。

特に、開催前に何かと批判を受けていた海外ベテラン組の香川がPKを決め、本田のコーナーキックが決勝点のアシストをしたのは良い意味で裏切られたな。決勝のヘッドを決めた大迫もワントップに起用され続けた意味とその価値を見事に体現した。まさに「半端ねぇ〜!」

この調子で次の強敵セネガル、最終戦のポーランドも撃破して堂々一位通過で決勝トーナメント出場と皮算用をしておこう。今のうちは。

・・・・・・・

3回目のBCG膀注療法から10日が経過した。

2回目直後にも現れた副作用は、この3回目終了後からも15分毎の極端な頻尿、排尿時の強い痛み、膀胱収縮によるツーンとした痛みの三拍子揃って出現した。その前のTUR-Btでの削り具合が浅かったために、2年前の全8回が終了した後から始まった地獄の膀胱痛の日々ほどではないのは仕事への影響の面でもラッキーだが、やはりBCGは抗がん剤同様なんだな、だからそれなりの副作用には必ず見舞われるんだなと再認識した次第。

10日経った今も昼間でも1〜2時間おきに尿意を知らせるチクチクした痛みは生じるし、夜間頻尿も2回はある。排尿までの強い排尿痛は続いたまま。やっと排尿に至っても尿道にも炎症が生じているのか尿線がやたら細く勢いがない。思わず尿閉になるのではないかと不安になるほど。だが残尿感は感じない。

来週の外来では主治医のT先生にしっかりとその旨を伝えて、今回はここまでにしてもらうようお願いしようと思っている。

・・・・・・・

そうそう、今月9〜10日に参加した大学のクラブの先輩達とのコテージお泊まりツアーは無事に終わり、当時たった一人の最上級生だった先輩にも40年ぶりに再会出来た。これが一番嬉しかった。

コテージ到着早々、案の定、コールマンのテーブルに麻雀マット、そして年季の入った象牙製の麻雀牌も持参していて、組み立てるやいなや計6名で2、3位抜けでやりまくった。

抜けてる間は私の持参したTaylor GSminiで、70年代フォークを弾き語り。周りのコテージには宿泊客もなく、音漏れを気にする必要もないから何でも演れる。気分は瞬時に100%あの頃にワープしたのだった。

麻雀は数十年ぶりに先輩達に誘われて新宿で2回ほど打って以来だったが、その時からのヒキは衰えておらず、何と役満(国士)まで上がるという絶好調!

結局、半荘6回でトップ4回。レートは安いものの、私のコテージ代と食糧代はロハになったのだった。

この旅は2年に一度、2泊3日で企画されているという。今回初参加した私は仕事の関係で1泊のみで帰京したが、最後までいたらきっと高速代もガソリン代もロハになっていたような勢いだった事はしっかり記しておこう。満足、満足!



Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコギとウクレレを弾いて昭和を歌ったり、カラオケでも昭和を歌ったりしてます。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きは欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経てゲルマン製装甲車のような「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

それをキッカケにBMWオーナーズクラブの「Club BMW 1(CB1)」「BMWメタボ白髪連合会」などのメンバーにもなりました。

某企業のプロフェッショナルな研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、ステージを替えて今後は頼れる薬局のOYAJIを目指したいと思います。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-