FC2ブログ

また出た!

「尿細胞診の結果ですが… classⅤが出ました」

瞬間、意外にもその言葉を淡々と受け止めている自分がいた。

「ふぅ… また出ましたか。いよいよ年貢の納め時ですかねぇ」

「あれだけ画像や生検をしても見つからないのに細胞診で出て来る。がん細胞はどこに潜んでいるのか分からない、そういう患者さんはいますよ」

確かに去年、尿細胞診で初めてclassⅤが出た後に、入院までして膀胱内だけでなく尿管まで組織を採取して検査したのに見つからなかった。その後の尿細胞診でもclassⅢまでしか出なかったのに。

前々から、今度再発したら膀胱全摘も止む無しと腹を括っていたので、T先生にその旨を告げた。

「今後の再発のリスクや長引くこの痛みから解放されるなら、いっそ取ってしまう覚悟は出来てます」

T先生はそれを即否定するかのように少し軽い口調でこう言った。

「いやいや、まだそんな段階ではないでしょうね。何か明確な組織像が出るまでは引き続き尿細胞診やCTなどで追っていきましょう」

という事で、来月に再度尿細胞診を行なう事になった。その時にはまた引っ込んでいるかも知れないが、少なくとも今日の段階では、自分で勝手に想像していた「痛みと引き換えのリンパ球などによるがん細胞攻撃説」は当てはまらなかったようだ。

とすれば、ここ数ヶ月間悩まされている排尿後の針刺痛の正体はいったい何なのだろう。

先日、ペインクリニックのK先生も見当がつかないと言っていた。もしこれががん性疼痛の類いだったらあるタイミングで痛みが出て来るような事はないし、精神的要因もなさそうだし、もちろん細菌性の膀胱炎なんてとっくに終わってるし。

そのK先生の今度のレシピはトラムセット+ボルタレン坐薬。常時ある痛みではないため神経ブロックを適用するのも妥当ではないので、当面は鎮痛薬で試行錯誤していくしかないと。私も同意だった。

朝、1回目のトラムセット服薬後にボルタレン坐薬を入れて家を出る。職場に着いて最初のトイレまでは順調に仕事が出来る。

新型コロナ禍が増大している東京都で、ようやく小池都知事が週末の出歩き自粛を宣言した。そのおかげで昨日のウチの店は開店後から丸3時間も3つのレジがフル回転してもお客さんの列は途切れない大混雑だった。周りのスーパーもまるで暴動が起きたかのように多くの買い物客が押し寄せていたようだ。この時間帯のスタッフは私も含めて3人しかいなかったので、当然応援レジに入ったが、ひと段落するまで3時間もトイレに行けず、2回目の服薬も定時に出来なかった。

が、遅れてもトイレ後から痛みが出るのは変わらない。その痛みの程度が気候のせいもあるのか、やや弱くなった感じはするものの、医薬品相談カウンターで基本姿勢をとって痛みが治まるまでやり過ごしている日常は変わらない。

原病も現状もまだまだ落ち着いてくれないな。





次の一手を

神通力が衰えたトラムセット。今日のペインクリニック受診でK先生に状況報告して次の一手を相談した。

・・・・・・・

【記録】現況

トラムセットは起床後の午前8時に1回目の服薬となる。夜間頻尿は仕方ないとしても、前夜から夜間は痛みが出ないから睡眠には支障がない。

朝の服薬の前後で当然トイレで排尿をするが、痛みが出る事は原則的に無いが、たまに出れば治るまで安静にして、定刻に遅れはするが痛みが落ち着き次第出勤するようにしている。

問題は職場に着いた後の最初のトイレの後である。時間的には1回目の服用から1時間半を経過したあたりであるが、その排尿後から針刺痛が発生するようになってしまった。トラムセットの神通力が衰えたと感じ、ロキソニンを追加してみたけれど痛みは治らなかった。

逆に針刺痛の強さについてはトラムセットのおかげかもしれないが、以前のBCG膀注療法の副作用の針刺痛よりはやや弱いという印象だ。だがこれが20秒に一度の頻度で襲って来るし、歩くのも辛く、その痛みは長いと終日続く場合もあった。

だから極力動いたりせずに相談カウンターに身をかがめて耐え続けるしか無かった。これが痛みが出た時の勤務中の耐痛姿勢(基本姿勢)となった。

トラムセット2回目の服薬は昼休憩時の午後2時。仮にそれまでの間に痛みが緩解していたとしても、それまでの間に当然トイレには行くからその後の痛みの発生は止められない。相談カウンターでの基本姿勢を休憩室でも継続しながら昼食を食べ、終了時間までじっと過ごすのみ。

やがて日が暮れて来る頃には針刺痛が緩解して弱い鈍痛のみになる事もあり、その時は心底ホッとする。ダメな場合は終業時間まで丸一日続く事もあるので、日によって運ツキがあるのかもしれない。

帰宅して午後8時に3回目を服薬するが、それ以降は翌朝まで強い痛みはほぼ出る事がない。それもまた理屈が通らないのだった。

公休日は終日おとなしくしているから、シクシクした鈍痛はあっても強い痛みが出る事はない。そんな勤務日と公休日、最近はこれの繰り返しである。

・・・・・・・

さて、K先生に相談したのは、トラムセットの服薬回数を添付文書通りの1日4回に増量するか、ドラマドールのみの製剤に変更するか、はたまたここで神経ブロックをするかだった。

先生からは、取り敢えず後2週間は1日4回で様子を見ましょうと。勤務中の痛みの状況と自宅での状況がまるで異なる原因については、やはり説明がつかないとも。

また、これが原病の膀胱がんの再発による癌性疼痛なら痛みは出続けるだろうから、時間によって場所によって痛みが出たり治ったりなんて事もないだろうとも言われた。その追跡検査は新型コロナ感染騒動明けの主治医の病院で13日の金曜日に受ける予定だ。

帰宅後、処方箋を持って近くのいつもの調剤薬局へ。顔馴染みの薬剤師にもこの状況を伝えたところ、彼女自身の強い肩こりなどの経験から、弱目の筋弛緩剤も意外な効果があるとの話を聞いた。以前からこの針刺痛は、何らかの炎症に加え膀胱の収縮あるいは攣縮(スパスム)が関連しているのではという感触は持っていたし、痛みの発生に自律神経がかなり影響しているはずから理屈は通ってはいる。

それでも筋弛緩剤や抗うつ薬の類いの効果について俄かには信じられないという感想も持ったが、今は選り好みをしている余裕はない。この後2週間の状況を見て、もし改善が認められなければK先生に提案してみようと思う。

藁にもすがるとはこういう事態なんだろうな。


【記録】これまでの服薬結果
①2/5初診 デパス+牛車腎気丸2W →3日目で痛み発生
②2/11前倒し再診 トラムセット1W →ドンピシャ効果
③2/18再診 トラムセット継続3W →5日後から勤務時針刺痛
④3/10再診 トラムセット増量2W ←今ココ




マスク騒動記

ウチの店のマスク騒動を記録しておく。

店舗の改装工事が終了し新装開店したのは1月25日。その時は店内外に箱マスクも袋マスクもビッチリと並び、在庫も十分だった。

前後して新型コロナ感染情報が拡大し、それらのマスクも3日後には売り場からほとんど姿を消した。月末に至る頃には納品数にも制限が掛かり、発注通りの個数は納品されなくなった。

そして2月を迎えた。

マスクどころか手ピカジェルなどの手指消毒用品や消毒用エタノールなども姿を消し、追加発注も出来なくなった。

マスクの入荷は本部主導の配荷制となり、週3日の納品日の朝にならなければ配荷があるか無いかが確認出来ず、配荷ゼロの日がほとんどとなり、あったとしても配荷数は僅かとなり、やがて箱マスクの納品はほぼ無くなり、袋マスクがせいぜい10〜20個程度となった。時には昼用マスクだけでなく夜用の加湿マスクの納品もあったけど、それすらも時間差はあったものの姿を消した。

出勤日の朝、開店30分前から店の前に行列が出来るので、納品日以外はもちろん、納品日であってもマスクの納品が確認できなかった場合はその旨を伝えて行列を解散してもらっていた。

それでも開店時刻までに同じような行列が3回は出来るようになり、気が付けば都度解散してもらうが、開店準備に追われて店外の様子が確認できなかった場合は、開店時になって行列に気が付いて慌てて未納を伝えるという事も多くなった。「無いならもっと早く言え」と文句を言われるようにもなった。

納品があった日も、30人から時には50人位の行列に対して全てのお客さんに行き渡る事も無いので先頭から数えて「今日のマスクはここまでです」と断らなくてはならなかった。

マスクと共に姿を消した消毒用品に加え、手作りマスクの材料にするためかガーゼ類も姿を消し、体温測定を義務付けた会社の影響からか体温計も同様に姿を消した。いずれも現在まで発注は通らないままだ。

・・・・・・・

そこへトレペとティッシュ騒動が追い討ちをかける。

紙類の納品は他とは別に平日に必ず1回あるのだが、納品の時間帯は不定である。それでも今まで欠品に至った事はほとんど無かった。今回の騒動で物流の破綻を心配したウチの店長は、敢えて通常の発注と同量しか発注していなかった。にも関わらず、納品が閉店1時間前にずれ込んだ事もあるし、納品不可状態となって翌日回しとなる事態も起こった。

紙類の不足はデマ情報だと分かっているお客さんは多いが、そうやって笑ってるお客さんも両手にトレペとティッシュを持ってレジ行列に並んでいたのは滑稽だったけど。

・・・・・・・

「週3日の納品日以外はマスクが入る事はありませんし、納品日のほとんどでマスクの納品ゼロです」

と、出来るだけのお客さんに伝えてはいても、今だに毎朝開店前から並んでいるお客さんは多いし、昼頃現れてマスクの有無を訊いてくるお客さんも相変わらず少なくない。たとえ納品があったとしても今頃ノコノコ来ても手遅れだっちゅーの。

「紙類の納品は平日1回はありますからご心配なく。ただし納品時間は分かりません」

と言っても、取り置き出来ないかなどと電話でも問い合わせして来るお客さんが多い。ほとんど鳴る事の無かった店の電話が鳴る回数がかなり増え、大抵電話機の近くにいる私が出るが、もはや留守番電話のメッセージの如く同じフレーズを繰り返している。

47年前のオイルショックを経験している世代のお客さんとは結構共感し合う事もあるが、大抵はそれすらも知らない世代だから、あの時のデマに踊らされた大衆の愚かさを実体験していない。知っている世代のJJIやBBAでさえも性格の悪い輩は平気でスタッフを罵るから、既に前頭葉が萎縮してしまっているのかもしれない。

マスク騒動とゴッチャになってお客さんからのクレームを受けざるを得ない店舗スタッフはたまったモンじゃない。メンタルの強くないタイプのスタッフは情緒不安定にもなりかねないだろう。一体何のために自分はここにいてこんな目に遭うのだろうなどと悲観しているとすればこんな理不尽もない。

横暴なクレーム客に何をどう言われようが、その対象はたまたま店舗スタッフという役割を演じている人物に対してなのだから淡々と業務的に対応すれば良い。決してあなた自身の本質が貶められているのではないのだから、下らん雑音なんざ一切気に留める必要はないと言ってあげたい。

幸い私は営業時代に鍛えられたメンタルがあるから、そういうクレーマーには店舗スタッフとしても一個人としても平気で対応する。場合によってはそんな客なら二度と来なくてもいいとさえ思っている。反対に、花粉症患者さんなど本当に困っているお客さんには共感し寄り添うけどね。

せめてほぼ国産の紙類が落ち着いてくれれば売る側としても楽になるから、お客さんにしてももうしばらくの辛抱だろう。そしてこの一連の騒動を教訓として学ぶべき事は学んでおきたいね。




ああ神通力が

夜も眠れないほどの痛みに苛まれて受診したペインクリニック外来でK先生から処方されたトラムセットが奏功し、特に夜間に襲われたキツい痛みから解放されてもう1ヶ月が経とうとしている。

その間、昼間の鎮痛も含めてドンピシャと思われたトラムセットもさすがに神通力を失って来たなと思わされたのは、勤務中に再び出始めた針刺痛だった。

夜間は2時間毎の頻尿は別にして、これまで通り痛みもなく無事に眠れている。朝も1回めの服用後から出勤までは、たまに歩行に伴なう痛みが出る事はあるものの概ね軽い鈍痛止まりの状態で職場にたどり着ける。

・・・・・・・

問題は到着後の最初のトイレの後だ。当然だがトイレ後の開店準備から通常の立ち仕事に突入するのだが、そのあたりから中程度の針刺痛が断続的に出現するようになったのである。そうなると過去同様に医薬品カウンターに足を広げ気味に身体を預けて動かないでいると楽になるから、書類を見るフリなどをしながらその基本姿勢を取り続けざるを得なくなる。最近は医学書などを読んだりしている。

だが、小売店は接客業務がつきもの、その姿勢を長く続ける事が許されるはずもない。しばしばお客さんから商品の場所や在庫などを訊かれたり、治療薬に関する相談などが来る。時にはメモを読み上げてその商品をピックアップして欲しいと言われるケースもある。そうなるとその場にいて片付く接客ばかりではないので歩いて移動せざるを得なくなり、途端に針刺痛が復活する。歩行はぎこちなく不自然な姿勢になるし歩行速度も鈍る。お客さんには見せられないが、場所が遠ければ顔は痛みで歪んだり。

納品日などは、まだ十分慣れていない納品業者の手際が悪いので出し切れていない梱包を開けて品出しをする。当然ぎこちないもののそこらを動くたびに痛みも付いて来る。たまに来るメーカーのラウンダーへの対応も含めて、業者にはそれを悟られないようにさり気なさを装ったり。

レジにお客さんが数人並ぶとすかさず応援レジのアナウンスが流れる。人数に余裕があれば私の応援レジの業務優先度は低いゆえ行かずに済むが、いつもいつもそんな時ばかりではない。人手が足りない時は移動して応援レジをこなす。顔で笑って肚で泣いたり。

業務を一つ済ませるたびにカウンターに戻って基本姿勢を取りながら痛みが薄れて行くのを待つ。早い時はお昼頃までに鈍痛のみに変わるが、遅い時は夕刻から終業1時間前くらいまで続く場合もある。その間、昼休憩と2回目のトラムセット服用を経るが効果はビミョー。最近はロキソニンを併用する事も多くなったが、それでも効果の差はさほど無さそうにも感じる。

・・・・・・・

そんな日々だから公休日は受診日以外は家で安静にしている事が多い。仕事中と違って活動量は最低限で動き回らないせいか、その時は痛みも無く平和な一日を過ごせる。このひと時が一番安らぐというのも情けないやら哀しいやら。

振り返ればこの冬の膀胱炎発症から痛みの日々が始まったのは去年の12月だから、かれこれ3ヶ月近い闘いにもなっている。これまでの経験からは、もうそろそろ鎮痛薬が無くても楽になる時期ではある。

後は先月21日の予定が新型コロナ感染患者の出現で今月6日に延期された外来受診の尿検査の結果が良好と出る事と春の陽気で去年のように穏やかな日々がまた訪れるのを期待するばかりである。




Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Search
Translation
PDF Exchanger