FC2ブログ

電光石火の異動通知

他店の二番手社員だったGがウチの店舗の副店長(実質は店長)として異動して来たのは今年1月。こういう時は今度来るのはどんな人物かという噂がアレコレ入って来る。Gの場合は30歳手前と若いが真面目で妻子持ち、その半面、親会社に出向されられた過去もあるという噂だった。

基本的に性善説の私は、根が真面目なら協働して頑張れば早晩店にも慣れて良い職場環境が構築出来るだろう、少なくともまだ一部にいるトンデモ店長の類いではなさそうで良かったなという印象を持った。

ところが、例えば開店業務がやたら時間が掛かったり、担当製品の品出しや発注にも穴があったり、ワークシフト作成などに必要なPCスキルが無かったり、ピシッとした指示や指導が出来なかったりと、少なくとも前勤務店で見て来たであろう店長業務や、二番手社員として携わったであろう業務経験を疑わせるようなスキルしか持ち合わせていなかったのである。

いやいや、きっと店長なりたてで新しい仕事に振り回されていて落ち着かないのだろう、もう少しすればペースも把握して上手く回り始めるに違いないと、文句の一つも言わずに見ていた。

・・・・・・・

やがて不満は他のメンバーから出始めた。納品日は朝からベテランパートのK子にお任せで午後出勤。たまにK子が休む日などは朝から出るものの、納品の仕分けも不十分、品出しはその日に終わらず、ヒマさえあれば何やら事務室に籠っているという、アンタ何やってんの状態だと言う。

週1回に減らした出勤日でさえロクに守れないバイトにも契約更新せずの引導を渡せず、ダラダラと契約を引きずった挙句、面接した有望なバイトを人数オーバーで採用出来ずなんていう本末転倒をやらかす。

万引きされた医薬品を空箱展示に変更する事になり、卸に空箱要請の電話をしようとしたスタッフに、それはパワハラになるからと意味不明な理由で制したり、やたらパワハラ恐怖症の言動を口にする。バイトに引導を渡せない理由も同じだった。

一方、ある医薬品を一日集中して売る「1dayコンテスト」が毎月一度あるが、そんな時でも彼は公休日にしたり出勤しても夕刻に帰ったり。店長のそんな姿を見ていれば、他のスタッフのモチベーションは下がりまくるだけ。私もそれなら目標達成なんてどうでもいいから馬なりで行こうと思ったくらいである。

Gは登販資格と栄養士の資格を持っている。同じ登販資格を持った前店長は、私と薬剤コーナーに一緒に立ちつつ、医薬品の選択や勧め方などについていろいろ質問をして来た。私も訊かれれば精一杯の知識や経験に基づいて回答するというキャッチボールの時間を何度も持っていた。

だがGからは一切そのような質問を受ける事が無かった。もはや彼にはそれは必要ないのかとも思い、彼の接客の様子をさりげなく窺っていたが、トンチンカンな事は言わないが決して当たり障りのないレベル以上の接客では無かった。せっかく近くに薬剤師がいるのだから利用すればいいのにね。

また、本部主催の栄養士の会合が月1回あるがGは必ず出席する。たとえその日に店の人手が足りなくても。前店で二番手社員だった立場ならまだしも、今は店長であり店舗の最高責任者である。さらにウチは一般的なDgSで、特に栄養士の必要な店舗ではないのだ。ただでさえ店長会議と毎月の有休で店にいない日があるのに、さらに関係のない会合に出て現場はキツくなるばかり。彼は他の店長とは違って会議などに出た日は終了後に帰店する事も無かった。

・・・・・・・

そして半年が経ってもGの担当製品の棚は歯っ欠け状態が続き、特に夏が売り時の制汗スプレーやボディタオルがいつまで待っても商品が全く無いままを見かねて、ついに私はそれを指摘した。

「Gさん、これを見てどう感じる?」

「何がですか?」と返して来たもんだから私はキレた。

小売業(商人)として品揃えは生命線であり、棚を整えるのはお客さんへの礼儀だと私は心得ている。それを全く意に介さないセンスの無さと、それを裏付けるトボけたリアクションが許せなかった。

BYに移動して、その棚が長く欠品のままな事を責め、それを放置していた彼の仕事ぶりを責めた。彼は「そんな事言っても時間が無いんですよ!」と喚いたが、「一方で昼休憩はいつもしっかり1時間取ってるし、毎月有休も取っているじゃないか」と言えば、「それは権利ですから!」と激しく反発する。

「取るなとは言わない。だが、他のスタッフは私も含め、休憩終了時間の5分前には切り上げて仕事に掛かっているんだ」と言えば、パートのK子にそれを言っても直してくれないとまるでお門違いな返答。

いや、問題はそこじゃない。誰でも休憩時間は最大限取りたいに決まっている。半面、時間が足りないのは皆同じで、それを少しでも作り出そうとしているんだ、という事すら想像出来ないようだ。

「休みも結構。それに文句を言うつもりは無いが、ならば自分の仕事はちゃんとやれ!」と言ったところで、「なんでそんな事言うんですかぁぁぁぁ!」と、あろう事か声を上げて泣き出したのである。やがて「本部のオーダーへの対応と店で売りたい気持ちの狭間で苦しんでいた」とも。

まさかの事態に、ああコイツもメンタル系だったのかと思いつつも、「私だってこんな事は言いたくなかった。苦しいなら一人で抱え込まずに皆とコミュニケーションを取ってワークシェアなりを考えて行こう」と納めざるを得なかった。

何せ私は性善説派なのだから。

・・・・・・・

それから5日経った納品日になっても例の棚は空っぽのままだった。このままじゃ「大魔神怒るpart2」は必至だが、取り敢えず次の納品日まで待つ事にした。その我慢ついでにツイッターでフォロワーの登販の方々に向けてこの有様を晒す事にした。

案の定、フォロワーからは異口同音に「あり得ない店長」のコメが届いた。そしてその最中、LINEを通じてK子からGの異動を知らせる画像が送られて来たというワケである。

店長の異動は通常なら2年位のスパンだから今回はイレギュラーである。どこかの店長の退職に伴う玉突き人事の結果とも取れるが、それにしては彼も含まれているのはどうした事か。着任半年は明らかに短か過ぎるだろうよ。想像するに、これまでの彼の言動に対する情報の蓄積などでそれなりの評価が下されたのかもしれない。

ま、いずれにせよこれで一件落着。もはや怒る必要もなく、後任者(それもG同様に半年程度で店長になるべく副店長として任命された)に大いに期待するだけである。

いやなに、我々は決して多くは望みません。ただ普通に仕事が出来るレベルであれば十分に協働出来るから。そして自らの背中で語れる情熱の持ち主であればなお、ね。




今のあれこれ

あれこれあった7月。ダラダラ長かった梅雨もようやく明けたようだ。

明けた途端に強烈な30℃超えで、ようやく虫除けやら冷却グッズやらが動き始めた。5月に棚替えをしてからかれこれ3ヶ月近くにしてやっと夏らしくなったというところか。やはり異常気象化は進んでいる。

・・・・・・・

7月9日に逝去したジャニー喜多川氏。

多くの国民的男性アイドルを育て上げたジャニーズ事務所の社長として連日その功績と思い出を振り返るとしてアイドル達の懐かし映像がテレビに映し出されていた。

光あれば影あり。

そのジャニー喜多川氏と所属アイドルとの性的な関係(今で言えばパワハラの一種か?)を暴露本「光GENJIへ」で告発したフォーリーブスの故・北公次氏の件は、当時もごく一部の報道に抑えられ、現在も取り上げられる事はない。

事務所から独立したタレントに対するテレビ出演規制問題も、なぜかこのタイミングで公取協から注意を受けた。これはジャニーズ事務所に限らず、業界の暗黙のルールとして周知の事実である。

強大な権力が周囲の過大な忖度を生むというのは何も政治の世界だけの話ではない。

・・・・・・・

暗黙のルールと言えば、宮迫博之、田村亮らの芸人の反社会的勢力とのギャラ飲みに端を発した闇営業問題から吉本興業の会社としてのあり方にまで発展した一連の騒動が連日マスコミに報道されている。

新人発掘の名目で立ち上げたNSCで多数の若い才能を囲い込むというビジネスモデルは大したもの。

その裏で、契約書ではなく口約束による所属契約、ワンステージ数百円からという実績による極端な報酬体系などで会社が甘い汁をすすっていた事も事実であろう。

いかにも大阪らしい浪花節的手法。その功罪についてはそれぞれあっただろうが、現代社会ではもはや前世の遺物だと言わざるを得まい。

・・・・・・・

参院選は予想通り自公の過半数議席を確保して終わった。

投票所で個別の立候補者の一覧表を見て、いつになくこれだと思える候補者のいない事に戸惑った。参院候補とは言え、いかにも人材がプアなのかアピール不足なのか、その場で1分近く逡巡してしまった。

話題になったのは山本太郎氏の「れいわ新選組」の比例2議席(特定枠)をALS患者と重度身体障害者が獲得した事だった。

被選挙権資格さえ有していれば選挙に立候補できるのは当然の権利。だが今回の結果は、その議員が議員としての活動がどれほど出来るのかという課題を浮き彫りにした。

本来、社会的弱者に属する難病患者や障害者などの声を代表して国会に届け、それに対する法律を立法する事が議員の役割である。その社会的弱者自身が議員になるという前代未聞の事態となったのである。

すでに大型の車椅子が通行出来るよう議事場の改修工事が始まったという。ALS患者の舩後靖彦氏はカナボードを介して介護者へ意思を伝える事しか出来ない。重度障害者の木村英子氏共々日常生活には介護者を必要とする。

さて、彼らは立候補したのか、させられたのか? 今後の2人の議員としての活動と国会のありようを注目したい。

・・・・・・・

世間あれこれよりも自分の事はもっと重要である。

定期的な検査外来で、数ヶ月に一度受けている膀胱内視鏡検査。実はその前の尿細胞診で久しぶりにclassⅣか出ていたので、その疑いを持って入念に見たけれど、どこにも異常が見受けられないとT先生。

そういえば尿検査の少し前、一度だけ少量のコアグラが尿中に認められた。異形細胞の存在はその影響と思われるが、念のためこれまた半年ぶりCTを来月受ける事にした。

さて「騙し騙し長らえよう作戦」はどこまで奏功しているか。再発や痛みのない今のうちにやりたい事をやっておくのがいいだろう。いよいよ懸案の別府湯布院ツアー企画を進めるとしようか。




不躾

店長が公休日だった今朝、開店前に店の電話が鳴った。この時間帯の電話はスタッフの遅刻や欠勤に関わる連絡が多いので嫌な予感がしたけど、案の定、高校生バイトのK子からだった。

「寝坊したので少し遅れます」
「そうですか。で、あとどれくらいで来れる?」
「わかりません」
( … はあ?)「いや、今から支度してここまで来れる時間だよ?」
「わかりません」

自分が遅れる時間も言えないなんて随分と無責任で失礼な話だなと思ったが、開店前の慌しさもあって電話を切った。おそらく彼女はこれまでの遅刻電話で他のスタッフから到着時間を訊かれた事なんてなかったのだろう。

・・・・・・・

果たしてK子が来たのは、何とその2時間後であった。ちなみに彼女の自宅は店から15分の所にあると同級生のバイト嬢から聞いていた。

今さらスタッフへの管理指導などをする立場にはない私でも、さすがにこれは看過できず、事務室で彼女に訊いた。

「電話から2時間というのは少し遅れるレベルを超えてますよ。どうして?」
「… 起きたのが自宅じゃなかったから」
( … はああ?)「それはあくまであなたの都合であって、こちらが預かり知る事じゃないです。あなたはまず契約時間迄に来る事が仕事ですから」
「… 」
「奉仕活動ならいざ知らず、お金を貰うって事は、その仕事に責任を持つという事ですよ。ましてお店はチームプレーでやってるから、あなたの仕事のみならず、それをカバーしたスタッフの仕事も滞ってしまうんですよ」

ここに至っても彼女の口から「すみません」の一言も出ない。過去の彼女の挙動から予想はついたが、改めて驚きだった。

「今後はこういう事のないよう自己管理をしっかりしてくださいね」
「… はい」

来た時と同じ解いたままのロングヘアーでフロアに出ようとするから、

「他のスタッフにはお詫びをしてね。あ、それと髪の毛は束ねて」
「… 」

… こんな按配だと、こちらの真意は彼女に毛頭伝わっていないな。

・・・・・・・

この一件で彼女のワースケは当初7時間(うち休憩1時間)だったものが、休憩込み5時間となったため、就業規定により休憩時間は取れなくなった。にも関わらず、この日の責任者である社員2号(正社員は店長=1号と彼の2人だけ)は休憩時間をそのままにしていた。これでは実働4時間になってしまうじゃないか。

それに気付いた私が指摘すると「昼ごはん抜きは可哀想だから」などと言うから「ならばもう1時間延長するかどうするか、彼女に訊いてよ」ホントに社員かよ、こいつ。

結局、時間は伸ばしたくないと言う彼女の要望でそのまま休憩無しの勤務継続となった。当然でしょ。

そして彼女の終業時間がやって来て、私の目の前の事務室でタイムカードを押し、これも想像通りだったが、無言で更衣室へと消えて行き、やがて他のスタッフにも一切挨拶なしに帰って行った。挨拶なしも今に始まった事じゃなし。

・・・・・・・

K子の勤務態度などはこれまでも度々問題になり、当初の週3回勤務契約が2回になり、最後は1回になった。それでも出たり出なかったりで、いい加減に再契約は無しにすりゃいいものを、パワハラ怖しの店長はそれも告げられなかったのだった。

「躾」を礼儀作法の形とすれば、彼女の言動は躾が為されていない「不躾」そのものだ。他の同級生バイト嬢達もキッチリしているとは言い難いものの、少なくとも彼女よりも基本的な躾は為されている。同級生曰く「K子は彼氏とモメると学校にも出て来なくなる」との事。そんなメンタルなら早晩フラれるかもなんて笑ってもいた。バイトよりデートなんだよね。

まあ、それを差し引いても時間も守れず、挨拶も出来ずの彼女、これまでまともな躾を受けて来なかったのはミエミエで、掛け値なしに彼女の親の顔を見てみたいわ。

きっと親にもマトモに怒られた事のないだろう彼女にとって、思ってもみなかった相手に説教(?)されてメンタルに響き、このまま来なくなろうものなら悪いがこちらとしては思うツボ。それもいいけど、そうなると彼女は近い将来、就職先などでも同じ事を繰り返し、やがて見放され惨めな顛末を辿る事も予想される。それ以前に就職すら覚束ないかもしれないが。

直すなら言ってくれてる今なんだけどね。言われているうちが華、言われなくなったらお終いなんだよ。





2000万円ですって!

人生100年時代に終生不安のない水準で生活を送るためには、年金以外に夫婦で2000万円の老後資金を用意しておかなくてはならないという金融庁ワーキンググループの発表。

折しも参院選が近づく中、過去に年金問題が選挙の鬼門となった安倍政権は、何と諮問した側の麻生財務相がその報告書の受け取りを拒否するという信じ難い愚挙に出た。報告書の枝葉末節はともかく、大筋は言ってる通りだろうに。

・・・・・・・

2000万円という金額が妥当かはさて置き、すでに高額の年金を受給している世代よりも若年層では、誰がどう考えたって年金支給額だけでそれまでと同等レベルの生活水準が維持出来るなんて事はあり得ないというのは、国民誰もが多かれ少なかれ肌で感じているはずである。それも厚生・共済年金受給者の話で、資産の無い国民年金のみの受給者ではさらに切実な問題となる。

また、高齢になるに従って食費などは少なくなるはずとする反論があるが、逆にほとんどの場合、医療費の自己負担額は増加して来るから、生活費全体としてはそれほど減額にはならないだろう。私の数度に渡る入院手術もアラカンあたりからである。

住居費も65歳時点で住宅ローンは払い終わっているという前提だが、我が家のように依然として残っている世帯もあるだろうし、修繕などにも少なからぬ費用が掛かって来る。まあ、死んでしまえばローン終了、それまでだけどね。(^^;)

リタイアしてヒマを持て余していれば趣味や旅行などにも興じたいだろうから、当然そこにもお金が要る。事実、我が家でもここ数年は定期的に温泉ドライブ旅行に行っているが、それもささやかながらも金銭的時間的余裕の為せるワザだ。もちろんそれなりの出費となるが、そこはスルーして見ないフリ。(^^;)

これはSNSにも上げているが、そもそも年金の「100年安心プラン」は年金の「制度設計=システム」の話であって、「支給額」の多寡の話ではない。なのに詐欺だ何だと野党や一部マスコミはあげつらって騒ぐが、お門違いも甚だしい。意図的にミスリードするんじゃないっての‼️

・・・・・・・

老後資金や年金問題が話題に上がるたびに、生活とは詰まるところ「お金の問題」であり、資本は我が身なのだとしみじみ思う。老後、不自由な身体でただ息をしているだけでは生きているとは呼べない。いわゆる「健康寿命」でどこまで生き長らえるのか。それが叶わない場合には自ら人生を自らの判断で終えられる選択肢、いわゆる「安楽死」の議論もある。

超高齢化社会が目の前に迫っている今、これからの高齢者はひとたび認知症を発症したり脳血管障害などを発症して身体を壊しお金もなく病院に断られ施設にも断られ、少子化で頼る家族もないとなれば、その行く末には生活保護に孤独死が待っているというのだろうか。それじゃ一人の人間の死にざまとして余りに寂し過ぎるというモンだろう。

数年前まで自分は多分70歳前に早死にするだろうなという漠然としたイメージを持っていたが、何回かの闘病を経て落ち着いた今は、逆に意外としぶとく生き続けるのかもしれないなどと何とも恐ろしい予感が頭をよぎるようになった。

生活維持の面も含めて長生きに脅威を感じてしまうなんて、この世はいたずらに長く生きてはいけないのかもしれない。如何に生きるかを考えるよりも如何に死ぬかを考えなくてはならないのは世知辛いばかりだが、ならばジタバタせずにアッサリ逝く事が本人にも家族にも幸せな事なのだろう。私の理想は、前夜にドンチャン騒ぎをして次の日の朝死んでいたというシナリオで、これは昔も今も変わらない。





Number of Access
Since 25. Dec. 2001
Day by Day ・・・
My Profile

Chaie<チャイ>

Author:Chaie<チャイ>
最初のWebsite開設は2001年のクリスマスのことでした。その後、紆余曲折を経てこのBlogへ引越して今に至ります。これからも日々の記録とさまざまなテーマについての意見や感想などを屁理屈コラム日記風に綴りたいと思ってます。

生まれも育ちも東京の下町です。東京タワーやチキンラーメンと同い年なので結構生きてますが、せめて精神年齢くらいは若いつもりでいたいなと。

自称「日本酒のソムリエ」のつもりでしたが、検査値との闘いの末に禁酒に踏み切り、それ以来かなり普通の生活を送ってます。

下手なアコースティックギターやウクレレを弾いて70年代フォークを弾き語ったりするのが大好きです。最近は40年来の憧れだったMartin D-28Mと80年代製のKamaka HF2などの弦楽器に囲まれて幸せです。

もうひとつの大好きはコンパクト欧州車! プジョー乗りのサークル「POOB(プジョー太平洋OYAJIベルト)」の関東地区元締めなるものをやってます。

実は、足掛け10年乗って来た愛車「プジョー206XS」のミッショントラブルにより箱換えを余儀なくされ、ここでも紆余曲折を経て2010年から「BMW120iCoupe」を新たな愛車としました。

某企業でプロフェッショナルな社内研修職人を目指して定期的に全国を飛び回ってましたが、2nd Stageは頼れる薬局のOYAJIを目指したいとDgSで張り切ってます。

2013年から膀胱がんサバイバーを継続してます。無病息災よりも一病息災くらいがちょうど良いのかもしれません。

愛と情熱を持ってはっきりモノが言える「熱きガンコジジイ」になりたい!

Recent Comments
データ取得中...
Search
Translation
PDF Exchanger

Weather Forecast

-天気予報コム- -FC2-